ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年10月27日

桶狭間という名の招く誤解

桶狭間は織田信長のメジャーデビューの戦として多くの人に知られています。

また、‘桶狭間古戦場’という史跡が2か所存在していることも有名な話です。

ある人(昔読んだ本なので誰がどんな記事で書いたかは忘れましたが)は2か所ある史跡について、1つは本当に信長が今川義元を急襲したところで、もうひとつは掃討戦で戦があった場所では?という見解を述べておられました。

一般的にはこの戦、今川義元が京を目指して進軍を開始したが尾張に入ったところ、織田信長の奇襲によって討ち取られた戦となってます。

しかしながら、駿河から京を目指した場合、その途上には織田、斉藤、浅井、六角といった面々がいる訳ですからどうも京を目指したというのは無理がありますよね。

恐らく、尾張に攻め込んだだけなんでしょう。

先ほども述べましたが、織田信長は奇襲をした事になっています。

それは桶狭間という名前が微妙に絡んでいます。

字を見ただけではどうも谷間というイメージがあり(実際に谷間として書かれている本もあります。)ますが、兵法として谷間に陣取るということはあり得ません。
(太原雪斎の教えを受けた義元がそんな初歩的ミスはしないでしょう。)

実際は「桶狭間」ではなく「桶狭間山」なんですよね。

これならば陣取る場所としては納得がいきます。

しかしながら、山頂(小さな山だが)に陣取るとなると、奇襲は成功しにくい状況にあります。

また、熱田神宮に集合した織田軍が桶狭間へ向かうと東海道を2回横切ることになるようです。

いくらお公家様大名の今川義元でも大きな街道を2回横切る軍を見逃すような事はないでしょう。
(もしかしたら相当な迂回をしたのかも知れませんが・・・。)

信長公記によると、熱田神宮から東に向かった旨が記載されているだけで、奇襲も何も記載されていないということです。

となると、正々堂々と正攻法で挑んだのかも知れません。

また、この戦で今川義元に初太刀を浴びせたのが服部小兵太、打ち取ったのが毛利新助となります。

しかしながら、彼らはあまり信長から評価されていません。
(普通は大将首を取ったら大きな報償をもらうものだが・・・。)

服部小兵太はその後目立った活躍がないまま、秀吉の時代に松阪城城主に抜擢されますが、その後、豊臣秀次の失脚に連座して切腹となります。

毛利新助もまた、桶狭間以降目立った活躍もないまま(部隊長にもなっていません。)本能寺の変で信長の長子信忠と奮戦し、二条城で壮絶な最期を遂げます。

二人とも信長が飛躍する契機となった戦で手柄を立てたにも関わらず、あまり活躍の場がないのは不思議なところ。

また、この戦で一番手柄となったのは情報収集、作戦立案した簗田政綱(ヤナダマサツナ)。

彼も沓掛城主になったというが、その後の活躍があまり分かっていません。

どうも、何か引っかかる戦、それが桶狭間ですね。

ちなみに、日本における騎馬隊は100%騎馬隊というのはなく、1騎の騎馬に対し12〜26名(数字はうろ覚えです。確かこのあたりだったような・・・。)の足軽が付き、騎馬武者の役目は槍等で相手をたたきつけたり、騎馬から落としたりする役目で、つき従った足軽がとどめを刺し、首をあげるという形だったようです。

しかしながら、この戦が奇襲だったという説では、日本では珍しい100%騎馬隊の部隊であったようです。
(確かこの部隊と源義経の鵯越だけだったような記憶が・・・。)


【信長の戦い1】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった (新書y)

新品価格
¥798から
(2010/11/11 23:04時点)




桶狭間 神軍・信長の戦略と実像

新品価格
¥1,680から
(2010/11/9 02:07時点)




図説・戦国合戦地図集 決定版 (歴史群像シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2010/11/9 02:08時点)




posted by たか at 16:02| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

幕末という時代

ちょっと、本日は簡単なテーマですが、幕末という時代について書きたいと思います。

このブログで何度か触れましたが、幕末という時代は普通に学校で習えば黒船がやってきたことにより始まり、桜田門外の変で井伊大老が斬られ、坂本龍馬が薩摩、長州の手を握らせることにより幕府を倒して明治政府ができる。

考え方としては、古い制度(鎖国)にしがみつく幕府を薩長土肥が倒し、日本は近代化することになった。

と受け取られることが多いと思われます。

この辺り、教科書も、教え方も悪いのですが、すっきりとしない方が多く、幕末を理解していない人が増える要因となっていると思われます。

確かにこの時代は判りにくいところが多いと思われます。

この時代の有名な言葉として「尊王攘夷」があります。

この「尊王」は帝を敬う(主君とする)ことで、この対義語が「佐幕」となります。

「攘夷」は外国人を打ち払うということでこの対義語は「開国」となります。

ですから大きく分けると、尊王攘夷、尊王開国、佐幕攘夷、佐幕開国という思想があるわけですよね。(教科書には尊王攘夷しか載ってませんが。)

本来、幕府は開国派なのです。

その開国思想に反対した方々が倒幕派といわれる面々ですね。

倒幕派の面々は「天誅」という過激テロに出てきます。
(井伊大老も斬られましたね。)

このテロで多くの素晴らしい頭脳をもった方々が失われています。

特にひどかったのが京都で、それらを取り締まるために京都守護職が置かれ、(会津藩 松平容保)その管轄下にあり、取締りを実行したのが新撰組ですね。

一般的に、当時の知識人は外国の脅威には勝てないと判断しました。
(当然ですよね。)
そこに駄々をこねたのが倒幕派の面々で、正直、知識が不足していたということですね。
(また、倒幕の原動力になった面々は揃って下級武士が多い)

しかしながら、平和に慣れていた幕府は簡単にテロでやられてしまう。

倒幕派の面々もようやく、外国の脅威が分かった頃には、繰り返してきたテロによって「案外幕府がもろい」ということに気づく訳ですね。

そうすれば、下級武士の彼らは幕府を倒せば「成りあがれる」という欲目を持ち出します。

また、そんな彼らをグラバー、アーネストサトウが見逃す訳がなく、彼らをあおって一商売する事を思いつき、積極的に支援する。

結局、無駄に国力をすり減らす内戦へと突入して、外国の面々を儲けさせ、都合のいい政府を作ってしまうことになります。

これが明治維新の真相ですね。

倒幕派は隠居している日本最高の頭脳、小栗忠順の斬首、奥羽列藩同盟との戦を引き起こした世良修蔵、小千谷談判の決裂(岩村精一郎と河井継之助)等々、流さなくていい血をいっぱい流しています。

これらは、やはり下級武士中心の倒幕派の為、血を流さない為の判断なんてできなかったのでしょうね。
(どういう形が日本にとってマイナスが少ないかを考える頭脳がなかった。)

結局今習う歴史というのは、天下を取った倒幕派が本当のことを書くと自分たちの稚拙さが明るみになるため、新撰組などを悪者にして理解しにくくした物の為、いまだにしっかりと勉強しなければ理解しにくい時代になっていると考えてます。




『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議


新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャルソフト 検索機能&写真付 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト


新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル


新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリSPソフト+冊子版119ページ 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト




banner120_60.gif
その方法とは⇒

無料ゲームで稼げる&高還元率ポイントサイト│ドル箱
ラベル:幕末
posted by たか at 17:11| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

両刃の剣、織田軍団

昨日に引き続き、本日も戦国時代(日本)ネタです。

実は自分のブログを見ていて三国志、幕末に比べ、戦国ネタが少ない事に気付きましたので、もうちょっと書いていこうと思い・・・。

戦国最強と言われたのは武田騎馬軍団ですが、織田軍団もなかなかの快進撃を遂げます。

基本的な軍団割は柴田勝家軍団、丹羽長秀軍団、滝川一益軍団、羽柴秀吉軍団、明智光秀軍団となります。

この軍団割が、戦国を勝ち抜いた(結局勝ち抜きかけたとなりますが)方針だといわれます。

織田信長得意の競争の法則ですね。

自分の譜代である柴田勝家、子供の頃からつるんでいたヤンキー仲間の丹羽長秀、新参者の滝川一益、羽柴秀吉、明智光秀という3つの勢力を競い合わせる事で結果を出してきたのが織田軍団ですね。

また、その出世方法も効果的な形をとります。

織田軍団の中で一番はじめに城を与えられた(城代ではなく城主として)のは明智光秀、二番目は羽柴秀吉となります。

織田家中の中で自他ともに認める筆頭家老柴田勝家ではないのです。

こうなると、勝家のプライドが許さなくなりますよね。

また、幼い頃からつるんでいた丹羽長秀にしても黙ってられない。

滝川一益も戦において先陣、殿(しんがり)、調略となんでもできると言われた名将。
黙っていられませんよね。

そこで彼らの発奮を誘い、結果に結びつける。

また、他の人たちが評価されると明智や羽柴も負けじと頑張りますよね。

このエンドレスループにより、更なる発奮を求めるというやり方で織田家は勢力を伸ばしてきました。

こういうやり方は確かに速効性があり、効果も大きいのですが、デメリットもかなりあります。

まず、軍団長同士の仲が険悪になり、歩み寄ることができないということです。

また、結局こういう扱いは人が部品という扱いになり、大きな不満がたまる事になります。
(いわば、ドッグレースですからね。)

さらに、それらを束ねる人物に相当な器を要求されます。

ご存じの通り、織田信長が本能寺で倒れると、織田軍団は崩壊します。

結果、あっという間に織田軍団は崩壊して豊臣政権へと移行します。

こういう、グループに分けて競わせるという形は進捗も早く結果を出すのも早いのですが、そこで築き上げた物の崩壊も早いものです。

私はよく、お偉いさん達が「強い組織づくりを!」なんて言っているのを聞きますし、それが必要だとも思いますが、組織にかかわらず、何かが出来上がる過程にかかった時間と崩壊の時間には関係があると考えております。

例えば、1日で出来上がった物を壊すのは1日で出来ますが、10年かけて出来上がったものは1日では壊れないと考えております。

それは方針や行動、習慣についても同じことが言えると考えてます。

組織が変わり、「変化が見えない」なんてことをすぐにいう人達がいますが、組織が変わってすぐ変化があったとすれば、それは本当に変わった訳では無く、変化を見せてるだけです。

見せてるだけの変化は結局見世物でしかないのです。

「ローマは一日にして成らず」

組織を作るにはある程度時間をかける(といってもだらだらとするのではなく)方が良いと考えており、その組織を評価する側もある程度の期間をもって評価しなければいけないと考えてます。


信長と織田軍団―戦国を席捲した天下布武の陣容 (歴史群像シリーズ―新・歴史群像シリーズ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/9 02:03時点)




posted by たか at 15:53| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】