ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年10月16日

ちょっと異常な儒教風景

儒教という宗教について、現状、どういう考え方になっているのかはわかりません。
(正直、私は無神教者の為、宗教に殉じる気持ちはわかりません。)

儒教に関しては古い時代(三国志以前)の考え方しか知りませんが、ちょっと怖いと思っている所があります。
(もちろん現在も儒教の信者は多くいますし、宗教の自由なので別に何とも思いませんが・・・。)

儒教は親に孝、君に忠、礼儀を重んじ、徳を大事にするという考え方自体、正しいと思っています。

しかしながら、過剰に反応してしまう例がまれにあります。

まず、私が歴史で読んだ儒教は見た目を気にします。

例えば、親が死んだ場合に盛大な葬式をして家が傾いた人が、素晴らしい孝行息子と言われます。

また、その後は足掛け3年(実質2年と1カ月)喪に服します。
それはそれでいいのですが、最高の喪というのは足掛け3年間、粗衣粗食で過ごし、生きてるのが不思議なくらいやつれる事が美徳とされています。

う〜ん。自然にそうなるのであれば確かに孝行息子ですが、どうもマニュアル的にこうしなければいけないからやっているような・・・。
私はこんなに親孝行で儒教に忠実なのですよってアピールのような気がします。

果たして、亡くなった親が子供が生きているのが不思議なくらいやつれる(しかも建前の為に)事を望んでいるのだろうか・・・。

疑問に思います。

また、私が疑問に思う三国志に出てくる儒教精神の逸話を一つ挙げさせて頂きます。

主人公は夏候令女(カコウレイジョ)。

この人は、まず曹爽(ソウソウ)のいとこ、曹文淑(ソウブンシュク)に嫁ぎ、この夫を早くに亡くします。
もちろん子供もいません。

実家に戻った彼女は再婚させられると思い、髪の毛をばっさりと短く斬ります。
(死んだ夫に対して操を立て、節義を守るという美徳がほしかったのです。というか本当にそう考えてたみたいです。)

案の定、実家は再婚を勧めるのですが、即座に彼女は自分の耳をそぎ落とし、前夫のいとこ、曹爽の元に身を寄せます。
死んだ夫に操を立て、節義を守る為に、耳をそぎ落とした訳ですよね。
(そうすることによって再婚を阻止しようとした。)

曹爽とその一族が誅殺された際に、彼女の叔父さんが上書して曹氏と縁を切り、彼女を引き取ります。

この叔父さんは彼女が若いのに操を通すのを憐れむのと、曹氏に生き残った人がいないので(曹氏を再興させようとしてたのですね。縁を切ったのに・・・。)なんとか彼女の意志をかえて再婚させようと人を送ってそれとなく進めたらしい。
(耳をそぎ落とした女の人を再婚させようというのだからこの人もちょっとずれてる。もしくは耳をそぎ落としてもかなりのベッピンだったのでしょうか・・・?)

彼女も「私もそう思ってますよ。」って言ったので家族の者がほっとし、警戒を解いた隙を突いて、彼女は自分の寝室に入り刀で自分の鼻を落とし!!横になり布団をかぶったそうです。
(想像したくない・・・。)

いくら呼んでも返事が無いので訝った母が布団をめくると鼻のない娘がいて血の海だったという・・・。
(かなりびっくりしたでしょうね。)

家族のみんなはそんな彼女を見て悼み悲しんで泣いたそうです。

ある人が彼女に「何でそんなつらいことをするのですか?あなたの夫の家は皆殺しにされたのに誰に対して節義を貫いているのですか?」と聞いたところ彼女は「聞き及びますには、仁者は盛衰いかんで節義を改めず、義人は存亡いかんで心を変えぬとか。前に曹氏が盛んだった時でさえ節義を貫こうと思っていました。まして衰亡してしまった今日、どうして節義を捨てるに忍びましょうか。禽獣同然の行いは致しません。」といったとの事。

まあ、そんな彼女の話を聞いて、心を動かした司馬懿は養子に曹氏の後を継がせる事を許して、彼女の名前は世に鳴り響いたらしい。

この夏候令女の事を坂口和澄氏は著書「逸話で綴る三国志」の中で紹介され、「令女の言い分はもっともだし、天晴れといえば天晴れだが、礼教(人間を縛る儒教の掟)がしがらみになって建前でしか物を考えられない姿に憐れみを感じる。」と評されています。

全く同感です。

彼女が大事にしたのは節義ではなく節義を守っているという自分なのでは・・・?

失礼ながら、そう思えてなりません。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

ラベル:三国志
posted by たか at 19:06| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】