ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年10月19日

諸葛亮の人を見る目1

諸葛亮(ショカツリョウ)は三国志と三国志演義(こちらが日本でいう一般的な三国志で、史実三国志をモデルにした小説)ではかなりイメージの違う人です。

演義における諸葛亮は次々と奇策を用いて連戦連勝する最強軍師ですが、実際の彼はあまり奇策を用いず、慎重な用兵をする人だったようです。
また、軍事よりも外交、内政に辣腕をふるった名宰相ですね。
(もちろん、この男が現れなければ三国鼎立は無かった訳ですしすごい人物ですよ。)

そんな彼の人を見る目について私は常々疑問に思っていました。

それは何と言っても馬謖(バショク)の起用と姜維(キョウイ)の起用なんですが・・・。

まずは馬謖。

諸葛亮の一番弟子で「泣いて馬謖を斬る」という言葉の語源になった事件を起こした人です。

劉備(リュウビ)の創った蜀政権(ショクセイケン)において、劉備挙兵時代からの人々、徐州(ジョシュウ)で配下になった人々、荊州(ケイシュウ)で配下になった人々、益州(エキシュウ)で配下になった人々と、多くの派閥があった中で、馬謖は諸葛亮と同じ荊州派閥の人物です。
(古来中国の人は同郷の人とのつながりが深いです。)

並はずれた才能の持ち主で、軍略を論じることを好み、諸葛亮から高い評価を得た人物ですが、主君の劉備は「馬謖は口先だけの男だから、重要な任務につけてはいけない。」と諸葛亮に忠告してます。

そんな彼が光る進言をしたのが、諸葛亮の南征(ベトナムの辺りまで攻め込み、この地域を支配下に治めた戦)において「城を攻めるは下策、心を攻めるを上策」と言い、諸葛亮を喜ばせ、あれほど劉備に言われているにも関わらず諸葛亮は馬謖をますますかわいがるようになります。

そんな彼の没落は228年第一次北伐(劉備の遺言に従い、魏国に対して侵攻した戦)において戦略上の要所、街亭(ガイテイ)の守備を諸葛亮から命じられる所から始まります。

本来ならば趙雲(チョウウン)、魏延(ギエン)といった百錬練磨の将が受け持つべき重要なポストに馬謖を大抜擢した裏側には愛弟子に箔をつけてやりたいという親心と、益州派閥に押されぎみの荊州派閥を何とか盛り返したいという思いがあったものと思われます。

また、経験の浅い馬謖に対し、副将に戦場経験豊か(な方)な王平(オウヘイ)をつけることにより、その経験を補うというお膳立てぶり。

そんな馬謖は諸葛亮が街道を押さえるように指示したにも関わらず、これに背き山頂に陣を敷いてしまう。

副将の王平はこれを諌めたが馬謖は聞き入れませんでした。

理由は兵法によると山上から攻め下る軍は力を発揮する為、山上に陣取るべし。という所。

しかしながら相手は百戦錬磨の張コウ(単漢字にはありますが表記されません)。

水路を断たれ山頂に布陣した蜀軍は惨敗する結果となります。

馬謖の才能を惜しみ、多くの人が引きとめたにも関わらず諸葛亮は馬謖を軍令違反により処罰します。
(これが、泣いて馬謖を斬るという故事ですね。)

馬謖の山上の布陣というのは兵法からは正しいのですが、水源の確保という書物の中では理解し得ない部分に負けた訳です。
(要は兵法オタクというだけの人物でした。)

これを見ると諸葛亮の人を見る目に疑問を持たざるを得ません。

長くなりましたので、続きは明日にします。


諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

新品価格
¥760から
(2010/11/9 01:45時点)




諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)

新品価格
¥740から
(2010/11/9 01:46時点)





『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 17:06| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】