ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年10月31日

直江兼続名裁き?

昨日記載した本にも載っている事で、私も「これはひどいな」と思っていた事について書きます。

慶長三年(1593年)京都伏見において上杉家家臣横田式部が雇っていたs茶坊主を無礼討ちにした事件において、茶坊主の一族が怒って「本人を生かして返してくれ」と兼続に訴えた事件。

兼続は斬った式部にも悪い所があるという事で、式部に支払わせ、死者を弔うように判決。

これに対し訴訟人は「金をつまれてもだめだ。生き返らせろ。」と息巻いた。
どれだけ兼続が説得しても「生き返らせろ」の一点張り。

兼続は「どうしても生き返らせというのか?」と質問した所、訴訟人は「そうだ」というので「それなら仕方ない。願いをかなえよう。」といい「死者を呼ぶには冥土に呼びに行く者がおらねばならぬ。大義ながらその方ら閻魔の庁へ参りかの者を申し受けて来て欲しい。」というと即座に訴訟人(二人)を捕え往来橋で成敗した。

そこに、兼続自ら筆を取り「いまだ御意を得ませんが、一筆申し入れます。横田式部が召抱えの茶坊主、不慮の事にて相果てました。親類どもが呼び返してくれと申しますので、二人の者を迎えに遣わします。どうか死人をお返しくださりますようお願いいたします。 閻魔大王殿 直江山城守兼続」と書いた高札を掲げた。

流石の親族達もしゅんとなって一件落着したとのこと。

このくだりは知的生き方文庫から出版されている楠戸義昭氏の書かれた「戦国武将怖い話、意外な話」を参考にしました。

楠戸氏は「兼続にとって、後味の悪い裁きだったであろうが、豪胆にして知略に優れた兼続らしい裁きであったと言えよう。」と締めくくられています。

このくだりを昨日お話した一水社の「本当は怖い戦国武将たち」では「ムカつけば領民を惨殺。賠償問題でゴネた相手にムカついて三人をまとめて惨殺。これで名裁きといわれても・・・。」と評されてます。

まあ、いかにも兼続が常にムカついたら領民を殺していたような表現になっていて(実際はそんなことはなかったと思いますが…。)こじつけ臭い所はありますが、この一件はやはり兼続がひどいと思います。

不可能な事を要求し続ける訴訟人も訴訟人ですが、それに対して兼続は「ペテン」と「恫喝」で答えた訳ですよね。

ただ、この件は折り合いがつかず、落とし所がなかった事件なんで、こういう行動を取った兼続にも同情します。

ちなみに、会津120万石から米沢30万石に減らされた上杉家は1人もリストラせずに乗り切る訳ですから、今大河ドラマで放送されているのはまさに時を得た形になるのですが、無理な人数を養わされた農民はかなり年貢が重かったのだろうと思われます。

一水社の「本当は怖い戦国武将たち」にも「年貢が重く、他領へ逃亡する者も多かった」と指摘しています。


謀将 直江兼続〈上〉 (角川文庫)

新品価格
¥660から
(2010/11/9 13:19時点)




謀将 直江兼続〈下〉 (徳間文庫)

新品価格
¥720から
(2010/11/9 13:20時点)




posted by たか at 17:51| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】