ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月22日

邪馬台国はやっぱり奈良?

11月21日放送の「世界・不思議発見!」は卑弥呼についてでした。

この放送の主題は「卑弥呼は殺されていた!」という事ですが、こちらについては後日、ブログで記事をアップします。

前にこのブログでも記載したように、私はこの時代の事をあまり知りませんが、邪馬台国論争について色々と面白い事を放送してましたので、今日はこちらを記載したいと思います。

11月10日に奈良県桜井市で国内最大規模の大型建造物の跡が見つかったと発表されましたが、その建造物跡の近くにある纒向(まきむく)遺跡(発見された建造物も纒向遺跡の一部なんでしょうが)の箸墓(はしはか)古墳は昔から卑弥呼の墓とされていました。

その箸墓古墳ですが、建造年代が卑弥呼の死んだ年とほぼ一致したという研究結果が発表されたそうです。

この発表により300年に及んだ邪馬台国論争は奈良でほぼ決定とみられそうです。

最近見つかった桜井市の大型建造物跡は何と東西南北にきっちりとそろえているそうです。

あの時代にどうやって東西南北を知ったのでしょうか…。

まあ、世界の遺跡にはそういった物が多くみられるので何らかの方法をとったのでしょうね。

今のところ、纒向遺跡以前の弥生時代や他の時代の建物というのは東西南北にきっちりとそろえた建物はなく、纒向遺跡以降、東西南北をそろえて建物を建てるという事が始まったとの事です。

ちなみに、いつもこういった跡が発見された際に「柱とかは発見されないのかな?」と疑問に思いながらも「まあ腐ってなくなってしまってるんだろう」なんてひとり納得していたのですが、この放送で理解できました。

というのも、昔は建物が無くなる時に柱を抜き、次の建物に使ったのが普通だったそうです。
(いわゆるリサイクルですね。)

話を戻しますが、年代的に考えればこの発見された建物が無くなるのと入れ替わりで箸墓古墳の築造がスタートしたそうです。

宮殿があって人が住んでいた時には箸墓古墳はまだ存在せず、建物が無くなると同時に箸墓古墳の築造がスタートしたとすれば、古墳は墓ですから普通に考えれば、この宮殿に住んでいた人の墓では?と思えますよね。

さらに、箸墓古墳が卑弥呼の墓といわれているという事は、この発見された宮殿に住んでいたのは卑弥呼という可能性が大という事になりますね。

日本にはほかにも卑弥呼の墓といわれている所がありますので、ただ単にここに住んでいた豪族の長の宮殿および墓という可能性もありますが…。

また、この出土物の中に絹織物でできた巾着袋があり、赤の染料であるベニバナの花粉も纒向で発見されているそうです。

卑弥呼は中国の魏王朝に赤い絹織物を献上したそうですが、この巾着袋は赤い絹織物を作っていた証拠といわれているそうです。
(赤の染料ベニバナもあるし…。)

これだけ証拠がそろいだしているにも関わらず、頑強に九州説を唱える人はいます。

先日のブログでも述べましたが、観光資源としてどうしても譲るわけにはいかないのでしょうね。

こうなれば、239年に魏帝(曹叡/そうえい か曹芳/そうほう)から送られた「親魏倭王」の金印紫綬か、一緒に送られた銅鏡100枚他の下賜品が見つからない限り決着はつかないのでしょうか?

でも、冷静に考えたら「親魏倭王」の金印紫綬は次の王朝が受け継いで所有するだろうし、またその次の王朝と…ずっと受け継がれててもおかしくないような気がしますが…。

まあ、現状これだけそろっているんですから、今後、他にも色々と出土されるでしょうし、ここが邪馬台国と特定される日も近いのではないでしょうか?
ラベル:邪馬台国
posted by たか at 03:06| Comment(0) | 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

剣術流派の源流

私はこれまで、多くの歴史の本を読んできましたが、幕末なんかは特に剣術についての記載があります。

例えば、坂本龍馬は北辰一刀流とか、薩摩の示現流とか、桂小五郎の神道無念流とか…。

北辰一刀流に関しては、剣先をゆらして変化にいつでも応じられるようにしたり、間合いを計らせないようにしたり、といった辺りは現在の剣道のルーツとなり、その技法の基本を確立した物と聞いた事があります。

戦国時代にも剣術があります。

上泉信綱の新陰流、塚原卜伝の新当流、伊藤一刀斎の一刀流、宮本武蔵の二天一流、柳生一族の柳生新陰流、佐々木小次郎の厳流、丸目長恵のタイ捨流、小野忠明の小野派一刀流…。

すべて合わせると700以上に及んだらしい。

数は多いがルーツをたどると、ほとんどが室町時代に起こった中条流、神道流、影流に行きつくらしい。

なんかサラブレッドみたいですね。
サラブレッドも血統をたどれば、ゴドルフィンアラビアン、ダーレーアラビアン、バイアリータークの3頭にいきつきますし…関係ないですね。すみません。

中条流は中条長秀が開祖で、この流派からは富田流(富田長家)、鐘捲流(かねまきりゅう/鐘捲自斎)、その鐘捲流から派生した一刀流(伊藤一刀斎)、厳流(佐々木小次郎)等がこの流派から派生してます。
(勿論、一刀流から派生した小野派一刀流/小野忠明、水戸派一刀流/伊藤忠一、唯心一刀流/古藤田俊直などもここから出る訳です。)

神道流は飯篠家直が開祖で、この流派からは新当流(塚原卜伝)、宝蔵院流槍術(宝蔵院胤栄)、示現流(東郷重位)等がこの流派から派生しています。
(勿論、新当流から派生した一派流/師岡一羽、天道流/斉藤伝鬼坊、一派流から派生した微塵流/根岸兎角等もここから出る訳です。)

影流は愛洲久忠を開祖とし新陰流(上泉信綱)や明国に伝わり御林軍の正式刀法になったとの事。
(勿論、新陰流から派生した疋田流/疋田豊五郎、タイ捨流/丸目長恵、柳生新陰流/柳生石舟斎に分かれ、タイ捨流からは示現流、柳生新陰流からは江戸柳生流/柳生宗矩、尾張柳生流/柳生兵庫助、江戸柳生流からは荒木流/荒木又衛門等が派生しています。)

ここで、示現流ですが、この流派は神道流、タイ捨流と二つに出てきますが、この流派を起こした東郷重位は薩摩藩の流派だったタイ捨流を学んだが、上洛中に神道流の分派、自顕流を修めた天寧寺の僧侶善吉に懇願して入門し、相伝を受けた、薩摩に戻った後、その剛健にして精緻な剣法が藩主に認められ、その計らいにより御流儀となり、示現流とした為、この二つの流派に名前が出てきます。

とまあ、剣術はさらりと派閥を書くだけでもこれだけの流派があり、全てを取り上げると大変な事になります。

このブログでは、今後代表的な流派を取り上げて書いていこうと思ってます。

尚、今回の記事はPHP研究所から発行され、戦国歴史研究会著の「天下無敵の剣士」を参考にして記載させていただきました。


古武術・剣術がわかる事典 これで歴史ドラマ・小説が楽しくなる!

新品価格
¥1,449から
(2010/11/10 01:20時点)




時代劇・剣術のことが語れる本―テレビや映画を見るときに「あっ、そうなのか」 (アスカビジネス)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/10 01:21時点)




江戸の剣豪列伝―時代小説を読むための用語集&日本列島剣術流派分布図つき (主婦の友ベストBOOKS)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/10 01:22時点)




日本の剣術DVDセレクション―術技詳解 (歴史群像シリーズ)

中古価格
¥6,500から
(2010/11/10 01:23時点)




ラベル:剣術
posted by たか at 03:13| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

赤壁における諸葛亮の功績

長らく、三国志ネタを書いていませんでしたので、ちょっと書いてみます。

三国志において重要な位置づけをされている「赤壁の戦い」という戦がありました。

昨年から今年にかけて、「レッドクリフ PartT,U」が放映されましたので、ご存じの方も多いと思います。

この戦、何故重要かというと100万(通称)の曹操軍が10万(通称)の孫権軍に敗れたからではなく、この戦いを境に三国鼎立となるから重要な戦なのです。

一般的に読まれている三国志は三国志演義というもので、いわゆる小説です。

こちらを読まれている方が多いと思いますので、少しおさらいします。

概略は、曹操に蹴散らされた劉備軍から諸葛亮が呉の使者魯粛に伴われて呉に行きます。

呉では曹操に対し、降伏派と決戦派に分かれていてその降伏派の方々を諸葛亮が論破します。

ここで、開戦となるのですが、その後、呉の大都督周瑜に諸葛亮が危険視され、さまざまな無理難題を押し付けます。

まず、「矢が足りない」といって諸葛亮に10万本の矢の用意を以来します。

3日で用意すると豪語した諸葛亮にできなければ死罪といいつけます。

諸葛亮は2日目の晩に藁を積んだ船を大量に用意して曹操陣営に近付き、敵襲を装い、曹操軍が矢を射てくると船の側面を向け、積載している藁束に矢を受けます。

しばらくすると船を反転させ、逆側にも矢を受け、呉の陣営に帰ります。

そうすることで、10万本の矢を入手し、周瑜の度肝を抜きます。

また、諸葛亮と周瑜は丕攻めで合意してますが、呉軍に有利な東南の風が吹かない事を懸念する周瑜に対し、諸葛亮が七星壇を築かせ祈祷をすることにより風を呼び、その風に乗って火攻めを行い、呉軍が大勝します。

とまあ、諸葛亮が八面六臂の大活躍ですが、実際の諸葛亮は単身呉軍に乗り込んだのは確かのようですが、10万本の矢を用意してもなければ、風を呼んだ訳でもありません。

何かしたのかも知れませんが、正史三国志には記述が無いのです。

ちなみに、10万本の矢は後に孫権が曹操と戦った際に曹操軍から射られた矢の数が多く、船が転覆しかかったので、180度ターンして逆側にも矢を受け、転覆を防いだ事のパクリといわれてます。

赤壁の戦いは周瑜が曹操を破った戦で、諸葛亮、劉備はわき役に過ぎなかったのです。

三国志演義は劉備を主人公にし、諸葛亮を神がかった軍師にしている為、どうしても世紀の大決戦で活躍の場を与えたかったのですね。

私的には、あの状況の劉備軍を代表して諸葛亮が呉に赴き、同盟を結んだというだけでも、十分な働きをしたと思うのですが…。


【初回生産限定】レッドクリフ Part I & II DVDツインパック

新品価格
¥5,187から
(2010/11/10 00:51時点)




レッドクリフ Part I & II ブルーレイ ツインパック [Blu-ray]

新品価格
¥4,980から
(2010/11/10 00:52時点)




三国志・赤壁の戦い DVD-BOX

新品価格
¥9,000から
(2010/11/10 00:54時点)





『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 02:28| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】