ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月18日

邪馬台国論争に決着?

11月10日に奈良県桜井市で3世紀前半の国内最大規模の大型建物跡など、2棟がみつかったと発表がありました。

これを受けて邪馬台国論争が熱を帯びてきていますね。

邪馬台国は1986年に発掘された吉野ヶ里遺跡を有する佐賀の九州説と纒向遺跡を要する奈良説に分かれて争っていましたが、どうやら奈良になりそうな気配です。

普通に考えると奈良ですよね。

私の知っている限り(といってもこの時代はあまり詳しくないです。人の名前が覚えられなくて…。)藤原京―平城京―難波宮―平城京―平安京…と続いていくと思うのですが、藤原京の前は奈良なんですよね。

Wikipediaで調べると何個か都の名前が出てきますが、結局みんな奈良でした。

都の存在が判らない時代からいきなり奈良に都が表れるのも不思議な話ですよね。

仮に、佐賀が邪馬台国の首都とすれば、いきなり奈良に遷都するのでしょうか?

やっぱり奈良ですよね。

でも、私が小学生の頃に読んだ本(ちょっと本の名前とかは忘れましたが…)では、「邪馬台国は実は徳島にあった!」なんて冒険的な事を書いている本を読んだことがあります。

その根拠は徳島には祇園とか大坂といった地名が残っていたり、卑弥呼の墓と伝えられる古墳があったりするらしい。

その古墳の最上部には五角形の石が置いてあり、昔は五角形は星を意味し、五角形の石があるという事は当時の最高権力者の証であると書いてました。

また、日本創生の伝説で神様がドロドロした液体をかき混ぜていてそのかき混ぜ棒を液体から持ち上げて出した時に落ちたしずくが日本になったという話がありますが、一番最初にできたのは淡路島らしいですね。

淡路という言葉は「阿波へ行く道」と解釈されるので、最初に阿波へ行く道を作った等と書かれてました。

また、阿波踊りは卑弥呼が死んだ際に悲しみを紛らわすために陽気な踊りを昼夜踊り続けた事が起源となっているというような事も書かれてました。

しかしながら、この本以外、「邪馬台国は徳島だ!」という説をそれ以来表だって聞いた事がありません。
(YAHOOで「邪馬台国 徳島」で検索すると何個かヒットするのですが)

何にしろ、今回の発掘で恐らく、邪馬台国は奈良という説が最有力になるのでしょうね。

吉野ヶ里等もまだまだ反発するでしょうが、そこには学説以外に観光資源で儲けたいとう思いが見え隠れするのはちょっと残念です。

ちなみに‘卑弥呼’は権力者の割にいやしいという字が用いられていて違和感があろうかと思われますが、理由は、卑弥呼の記述が中国の正史三国志の中の魏志倭人伝に出てくるからです。
(当時字を持たなかったと思われる日本人には記録を残すことが無理でした。)

当時の中国は黄河と長江に挟まれた平野部を中原と呼び、世界の文化の中心と考えていました。

ゆえに、この地域から外れる地域は文化程度の低い野蛮な国としてそれ相応の字が用いられています。

例えば、三国志で有名な荊州は荊(いばら)という字を用いたり、蜀という字は漢字に虫が入っていたり、あきらかに見下したような字が用いられています。

中原の人々は、その地域から外れる所に住んでいる人々を、現在我々が勝手に想像するアフリカの小部族やアマゾンの密林に住む小部族のようないわゆるシャーマン的な印象を持っていたようです。

話を戻しますが、この遺跡、奈良県にありますので、できれば行ってみたいと考えております。
(ただ、私有地に出てきた遺跡の為、埋められるかも知れないそうです。)
ラベル:邪馬台国
posted by たか at 02:16| Comment(1) | 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

JINに見る江戸時代

11月13日のブログでJINの事を書きましたが、今回もJINについて書きたいと思います。

今回は江戸の医学界の勢力争いに仁が巻き込まれるという話(第六話)でした。

現代人である我々からすれば、病に有効な治療を数多く知っている医者(仁)がいるので彼の医学を学び、自分のものにして多くの人を救っていけばいいじゃないか!

なんて思うのですが、どうもそうできないようですね。

面白いのは西洋医学所と医学館の争い。

手を結べばいいのに結べない。

また、西洋医学所内部の伊東玄朴派、松本良順派、緒方洪庵派等の勢力争い等、なかなか興味深いと思いました。

ドラマの中で龍馬が、「所詮、人間は欲。志士も医者も名誉欲、金銭欲などが原動力となっている」というような事を言ってましたが、まさにその通りでしょうね。

だからどこどこの派閥とか、誰々についていけば食いっぱぐれが無いなんて考えが出て、純粋に人を救う為という事にはならないのでしょうね。
(なんか今の政治家見たいですね。っていうか今の政治家や官僚は結局江戸時代の考え方や仕組みですからね。明治維新後、新しく政府を作った人達は結局自分達の特権とかをできるだけ盛り込んだ訳ですし、江戸時代のお役人と何ら変わらない考え方を持っていたと思われますしね。)

特に、あの時代、志士はやはり成り上がりたいと思っていた人が多数(ほぼ全員?)でしたしね。

やはり、皆地位とか勢力等にこだわっていたのかな?と思います。
(現に歴史でも伊東玄朴は松本良順に弾劾されて失脚してますしね。)

まあ、仁を危険視した西洋医学所の伊東玄朴派の人が刺客を仁に向けるのですが…。

この刺客がまた、頼りない。
(私に言わせればあり得ない刺客です。)

実は今回もJINを書こうと思ったのはこの刺客の存在なのですが…。

偶然にも昨日、暗殺について記載しただけに余計に気になりました。

彼は竹藪の道で仁に襲い掛かります。

仁の前に表れ、刀を抜いたまでは良かったのですが、そこから走って来て斬ろうとしました。

っていうか、刺客はもっと確実に仕留めるのでは?なんて思います。
そんなに遠くから刀持って走ってきたらターゲットを逃すって!

案の定逃がすのですが、仁と咲はある神社(と思います。)の境内の大きな木の後ろに隠れるのですが、刺客はもちろん追ってきて境内を見回した所、女物の帯が樹木の端から見えているのを見つけ、そこに隠れていると思って近寄り「覚悟〜!」なんて言って斬りつけようとします。

結局人違いで、そこにいた人達に騒がれたので走って逃げるのですが…。

刺客よ。殺すときは声を上げずに殺せ。

間違いなく、この刺客は三流以下です。

このドラマの設定は文久2年ですので、この回はその冬という事で恐らくまだ3年にはなっていない頃だと思います。

文久2年といえば、京都で多くの暗殺がはびこりだした時代ですね。
(これを沈める為に翌年、松平容保が京都守護職となり、新撰組を雇い入れる訳ですからね。)

恐らく、一級品の刺客は京都に集まったのでしょうね。
(やはり需要の多い所に行かないと…。)

その為、江戸で雇われる刺客はそれほど腕が立たず、京都では活躍できない人だったと考えられます。

しかしながら、仁も刺客に襲われるとは…。

出る杭は打たれる時代だったのですね。


JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



ラベル:ドラマ 幕末 Jin
posted by たか at 02:25| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

新撰組の殺人剣

新撰組は京の町の治安維持を行った部隊です。

文久2年ごろから京都の町で流行りだした天誅という名のテロ行為を取り締まる為の部隊ですね。

この部隊には天然理心流、一刀流、北辰一刀流、神道無念流等の剣術を修めた達人クラスの人達もいた部隊です。

有名な所では、近藤勇、土方歳三、沖田総司、永倉新八、斉藤一…等々が在籍しました。

この部隊、京を取り締まる事が目的で、場合によっては旅籠に乗り込んだり、待ち伏せて暗殺等、非常に危険な事をしないといけませんでした。

恐らく、あの当時で一番人を斬ることに慣れていた集団ではないかと思われます。

よく言われる事ですが、何々流派の免許皆伝とか、剣技が凄いのと人を斬るのがうまいのとは違うそうです。

浅田次郎氏の「壬生義士伝」では「道場剣法はつま先立ち、本当に人を斬った剣法はかかとをしっかりと地につける」といった記載があります。

確かに、私がイメージする道場での剣の練習や試合はつま先立ちのような気がします。
(剣道は完全につま先立ちですが、剣道と剣術はやはり違います。)

そんな、人を斬るのに慣れて、しかも流派の免許皆伝を持っている者もいた新撰組ですが、人を斬る際、1対1は避けるよう徹底されていたようです。

基本的には斬る対象に対し、前2人、後ろ2人でかかるように練習を積んでいたとの事です。
(この形で戦うとどんな達人でもしのぐのが難しいですよね。)

恐らく、卑怯だとの声も聞こえてくるでしょうが、彼らは剣の腕を競っているのでは無く、確実にターゲットを捕縛もしくは斬る為にいる訳です。

例えば、必殺仕事人に出てくる中村主水。

彼は奥山新陰流、奥州新陰流等々、免許皆伝を4つほど持っているのですが、彼が本当に正面からばっさばっさと斬りあいをするのは映画ぐらいです。

大概はどこかに身をひそめていて通りかかったターゲットの後ろからブスリ!みたいなのが多いですよね。

要は腕を競うよりも、確実にターゲットを斬る事に主眼を置いているので、こういう形になる訳ですね。

ちなみに、明治になり、永倉新八が御陵衛士の生き残り、鈴木三樹三郎(御陵衛士 伊東甲子太郎の弟)にばったりと会い、身の危険を感じた永倉は北海道に移り住みます。

彼は新撰組が用いた1対4という戦法に習熟している為、鈴木三樹三郎が人を集め、自分を暗殺するという事を恐れたのでしょうね。
(御陵衛士は元々新撰組から独立したわけですしね。)


新撰組顛末記 (新人物文庫)

新品価格
¥700から
(2010/11/10 00:40時点)




新選組全隊士徹底ガイド (河出文庫)

新品価格
¥714から
(2010/11/10 00:41時点)




血誠新撰組―峻烈壬生浪士の忠と斬 (歴史群像シリーズ 31)

新品価格
¥1,223から
(2010/11/10 00:42時点)




ラベル:幕末 新撰組
posted by たか at 02:08| Comment(5) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】