ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月04日

勝海舟はほら吹き?

最近、TVドラマJINにはまっています。

現代の脳外科医が幕末時代の江戸にタイムスリップする話ですが、ご多分にもれず、坂本龍馬、勝海舟、緒方洪庵などが出てきます。

勝海舟ってどのドラマを見ても同じタイプの人間に描かれますね。

こちらもご多分に漏れず江戸っ子のべらんめぇ言葉を使い軽い男として登場します。
(但し、いつもいいものとして登場します。)

私はこの男、胡散臭さが抜けず、あまり好きではありません。

咸臨丸で太平洋を横断し、アメリカ・サンフランシスコに渡航しましたが、「日本人の手で成し遂げた壮挙」なんて自賛してます。

実際は船酔いで役に立たず、同船していた測量船フェニモア・クーパー号船長、ジョン・ブルック大尉やその他のアメリカ人の手によってサンフランシスコについたというのが実情。

そういう「俺がやった!」的なアピール男が嫌いなんですが…。
(会社にもよくいますよね)

とはいえ、帰りは自分達で返ってきたのでしょうから、あんまり突っ込んであげるのもかわいそうかも…。

何より、私が許せないのは江戸城無血開城です。

普通、武士なら徹底抗戦でしょう。
(小栗忠順もそう言ってました。)

討幕軍が江戸に来るまで色々と策を仕掛けれますよね。

絶好の伏兵ポイントなんて数えきれないと思います。

また、海に軍艦を並べて東海道を進む軍に大砲を打ち込む事もできますよね。

彼は江戸を火の海から救ったヒーローなんて言われてますが、恐らく幕府軍が総力を挙げて戦えば討幕軍は江戸には入れなかったと思います。

また、そうして戦をしている内に、東北諸藩からも援軍が来る(まあ全ては無理ですが…。)でしょう。

そうすると、さらに選択できる戦術が増えますよね。

勝てる見込みはかなり高かったと思われます。

それを無血開城なんて…。

推測するに、討幕軍も幕府に総力を挙げて戦を仕掛けられる事については危惧していたのではないでしょうか?
(勝てたとしてもその先東北や北海道まで行く事を考えたら、そこまでの戦力は残らなかったでしょう。)

勝は勝で徳川幕府が勝ったとしても元の支配体制に戻るだけで、自分の地位は現状維持程度。

もし負ければ(もちろん戦には紛れもあるので)幕府の中枢にいた人間ということで処刑もしくは幽閉など、日のあたる場所には居れない。

それを江戸城無血開城すればどうなるか。

西郷と組んで自作自演で幕府をたためば、彼は次の政権でもある程度の地位にいることができる。
また、西郷と渡りをつけるには坂本龍馬がいるということで、実現は不可能では無い訳ですね。

この戦争、薩摩等が挑発して始まった戦争ですが、どうもそのあたりからきな臭い感じがします。
(人殺しや強姦などをした下手人が皆、薩摩藩邸に逃げ込む)

というのは、その頃にはすでに勝と西郷の間で話がついていたのでは???なんて思ってます。

どうしても勝には忠誠とか武士としての意地とかが見て取れないんですよね。

どうしても彼は自分の保身の為に動いたとしか思えません。
(人としての選択は正しいのですが、歴史の人物として尊敬できません。)


氷川清話 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/9 23:11時点)




海舟語録 (講談社学術文庫)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/9 23:12時点)






『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議
ラベル:幕末 勝海舟
posted by たか at 02:47| Comment(4) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】