ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月23日

JINに見る坂本龍馬

昨日(12時回ってますからね)はJINの第7話を見ました。

予告編でもありましたが、ペニシリン製造所が焼け落ちて…。
って伊東派の面々って変ですよね。

だってペニシリンは多くの病を治す事が出来る薬ですし、そもそもこのペニシリン製造所は伊東玄朴が私財をなげうって建てた建物の一つでしょ?

この薬をなくすという事は助かる事が出来る人を見殺しにするって事ですし建物1つ焼くっていうのは師の建てた物を壊すって事ですし、「そこまでやるか」って感じですね。

江戸時代という閉鎖された世界を表しているような気がします。

自分の権威、師の権威、自分達の立場や身分を守る為には他の犠牲をいとわないという事でしょうね。
(こいつら本当に医者か?)

ほんと、困った世の中です。

しかし「ヤマサ」が出てきたのはびっくりしましたね。

スポンサーでしょうか?

まあ、いいですが…。

ちなみに、私はこのドラマのキャラクターで気に入っている人が何人かいます。

それは、橘栄と坂本龍馬。

まずは橘栄。

咲さん、恭太郎さんのお母さんですが、私はこの人、かなり気に入っています。
(麻生祐未は元々好きですしね。)

何というか、武家の母親って感じの所がいいですね。

普通に、厳格に、威厳をもってしているのですが、咲等に振り回されぎみでどこか天然ぽい?所が良いです。

坂本龍馬は今までいろんな人が演じた龍馬を見てきましたし、JINもだいたい路線は同じなんですが、内野聖陽演じる龍馬は本当にはまり役のような気がします。
(ほんと、濃いですね。)

私はこのブログで坂本龍馬が嫌いと記載しましたが、正確に言うと中学校2年生くらいまでは好きでした。

その後、25歳くらいまでは好感をもつ人物でした。

しかしながらその後は嫌いまではいかないにしても、あまり好きではない人物になりました。

どうも、巷の本やドラマで言われているほど、坂本龍馬って高尚な理想を持っていたのかな?って思うようになってきて…。

結局、それほど当時の時代や、外国の施策という事を詳しく知らなくて、さらっと見た感じのくせに、あたかも深く考えて、深く知っているというふりをしている、言って見れば「知ったか」の大ぼら吹きと感じるようになってきました。
(ただ、成り上がりたいだけ、お金がほしいだけの人と思えてならない訳です。)

何より、好感を持たなくなったのはやはり亀山社中ですかね。
(昔は日本初の商社を作ったなんて言う事で、「凄い人や。発想が人と違う。さすが龍馬」なんて思っていたが…。)

武器を売る人。いわゆる死の商人。

また、いろは丸事件での法外な金額の請求と脅し。
(昔は「いっぱい請求したれ!」なんて思ってましたが…。)

そういう事を細かく知ってくると、なんか私の持っていた龍馬のイメージとはどんどんかけ離れていってしまった人になりました。

JINに出てくる坂本龍馬。

結局私の好きだった龍馬は、こんな龍馬ですね。

それが目の前に現れたような感じです。

今は、色々な本を読んで龍馬への評価はマイナスですが、いつか私を納得させる形で龍馬の嫌いな部分を「そうじゃないよ」って言ってくれる本に出会う事を祈ってます。
(案外、やっぱり龍馬が好きなのかな…。今でも「龍馬暗殺の新事実」とかいう記事があったら読みますし…。)

JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



posted by たか at 03:51| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】