ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月22日

三国志 天下に近かった人

今回は三国志の歴史の中で「この人、流れによっては天下取れたで」という所について記載したいと思います。
(勿論、曹操以外ですよ。)

まずは張角(チョウカク)。

御存じ黄巾の乱の首謀者。

この人はあんなに急いで蜂起しなければ天下を取った可能性は十分にあります。

1番の策としては漢王朝の皇帝を信者にする事。

そうすれば現在で言う所のローマ法王のような地位を得る事も出来たのでは?

2番目の策としては中原の州牧達を信者にして決起する事。

これはかなり効果があったと思われます。

例えば、日本における一向一揆みたいな形ですね。

一向一揆では徳川家康の懐刀の本多正信も一向一揆側に立った程宗教の力はすごいですよね。

当時の腐敗した朝廷では対応しきれなかったと思います。

次には皇甫嵩(コウホスウ)。

黄巾軍相手に連戦連勝の折、黄巾と手を結んで洛陽に攻めかかると天下を取る事が出来たのでは?

実際、閻忠(エンチュウ)という人が献策しているらしい。
(でも皇甫嵩は採用しませんでしたけどね。)

次に何進(カシン)。

この人は妹が皇后だったお陰で大将軍となる訳ですが、その配下には袁紹(エンショウ)、袁術(エンジュツ)、曹操(ソウソウ)など一線級の武将がそろっていました。

上手く使えれば天下を取ることができたのでは?と思います。

次に董卓(トウタク)。

一旦は皇帝を手中にし、天下に最も近い位置にいたのですが、暴政を強いた為取れなかった男ですね。

清流派の知識人を多く登用したので、その人たちに政治を任せれば恐らく、天下をとれたと思います。
(しかも武将には呂布/リョフ がいましたしね。)

次に袁紹。

群雄割拠当時、最大勢力を持っていた男。

プライドをかなぐり捨ててれば間違いなく覇者になった男。

もしくは、田豊(デンポウ)の献策に従っていれば覇者になれたと思われます。

次は孫策(ソンサク)。

父孫堅(ソンケン)は戦死の為、あえてこの中には入れませんでしたが、この男は暗殺の為、軽はずみな行動を取らなければ天下に手が届いたと思われます。

袁紹と曹操が戦っている際に曹操の本拠、許昌を突くという事を考えてましたが、十中八九成功したでしょう。

すると皇帝を手に入れ、天下に号令できる。

また、曹操は袁紹と孫策の挟み撃ちでここで滅びる事になります。

外交、戦争面では周瑜(シュウユ)以下多数、内政面では張昭(チョウショウ)、張紘(チョウコウ)以下多数の面々がいましたし…。

軽挙妄動さえなければ天下をとれたと思います。

まあ、このあたりですかね。

ちなみに、劉備(リュウビ)が天下を取る可能性はなかったと思います。

勿論、あそこで関羽(カンウ)が死ななければもしくは、あそこで士元(ホウトウ シゲン)が死ななければというタイミングはありますが、曹操の実力から言えば滅ぼすまでは行かず、劉備の領土が拡大した状態での三国鼎立のまま時を過ごす事になる可能性が大きいと思われます。

以上がざっとした私の天下をとれたかも知れない人物です。

まあ、異論もあるでしょうが…。

私はこう思います。


三国志〈第1巻〉 (文春文庫)

新品価格
¥630から
(2010/11/11 21:15時点)





『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

ラベル:三国志
posted by たか at 03:28| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

JIN最終話

とうとうJINが最終話となりました。

毎週楽しみにしていただけに寂しい限りです。

私は、マンガを読んでませんので、その違いとかいった部分は全く分かりません。

ただ純粋にこのドラマを見ただけです。

本当にこのドラマではよく泣きました。

喜一の母親、タエの死、夕霧さんの死、緒方洪庵の死、恭太郎の頑張り、野風の切なさ、恭太郎の咲への愛情、龍馬との友情、本当にいろんな場面で泣いてしまいました。

私を知る、私と付き合って頂いている方々は、私が情にもろいタイプという事まで知っている人はいても、私がドラマを見て泣くという事は想像できないと思います。

私も想像できません。

ただ、20歳を過ぎたころからでしょうか、自分が涙もろくなったのは…。

始めてそう感じたのは20歳から私は石川県で一人暮らしをしていたのですが、河内洋というジョッキーがジャパンカップを勝った時に、酒を飲みながら涙してしまいました。

そのあたりから、自分は涙もろいと感じてました。

ただ、ドラマで涙を流すのは本当にどれくらいぶりなんでしょうか…。

私の記憶する所では中学校2年生(だったと思います)の頃に年末に二夜連続で放送した「白虎隊」というドラマがあったのですが、そのドラマの会津藩家老、神保修理が切腹したシーン以来かと思います。

まあ、映画では何度も泣いてますが…。

例えば、「異人達との夏」、「パーフェクトワールド」、「壬生義士伝」等が、ぱっと浮かぶ所です。

このドラマが終わって、一番寂しく思うのは、あの龍馬に会えない事です。

私は龍馬が出てくる物を数多くみてきました。

「白虎隊」、「壬生義士伝」、「RONIN」、「五稜郭」、「龍馬が行く」、「新撰組」、「新撰組!」、「龍馬を斬った男」、「岡田以蔵」、「坂本龍馬」その他もろもろ…。

どんな人が演じた龍馬より、この龍馬が一番輝いていました。

上記映画及びドラマの中で、私の中の龍馬像を決定づけた作品は、「RONIN」なんですが(武田鉄也が龍馬役)これを超える龍馬でした。

何度か書いている通り、私は坂本龍馬には好感を持っていない人です。

でも、JINの龍馬には本当に愛着がありました。

また、これが私の好きだった頃の龍馬像であり、こうあってほしい人がJINに出てきた龍馬像でした。

来年は福山ですか…。

私は福山雅治という男は嫌いではない(どちらかというと好感を持っている)方ですが、坂本龍馬とは合わないんですよね…。

YAHOOを見ていると、高知の桂浜ロケの話があり、福山雅治が「龍馬の存在を感じた」なんて言ってましたが、「あほか!」って感じですね。

龍馬っていうのはそんなスマートな男ではないのです。

このブログを見に来ていただいている方々の中には、龍馬のファンが多いかと思われます。

私も、やみくもに嫌いなのではなく、知れば知るほど嫌いになっていった人なんです。
(だって、昔は龍馬が大好きでしたし、「龍馬」の本も何冊か読みましたし、高知に行って龍馬の置物も買ってきた私です。)

いつか、私がまた龍馬を好きになれる本もしくは文献が発見されますように。

ちょっと話がずれましたが、このJINの最終話、意味深な終わり方をしましたね。

咲がタイムスリップしたのか、全く関係ないのか…。

この終わり方を見て入れば恐らく、続きがあるんでしょうね。

これだけ視聴率を稼いだドラマですので、テレビ局としては新たなビジネスを考えるはずです。
(終わりも意味深でしたし…。)

特番か続編があるんでしょうね。

期待して待ってます。

それまでに、マンガは全て読んでみようと思ってます。
(でも、未だに続いてるんだよな…。)

JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



ラベル:幕末 ドラマ Jin
posted by たか at 03:56| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

土佐の倒幕エネルギー

2010年度の大河ドラマが「龍馬伝」ということで、各旅行会社が「龍馬ツアー」を画策したり、書店にも龍馬関連の本が多数出てきましたね。

まあ、好ましい傾向ではあると思ってます。

ちなみに、倒幕派と言えば薩長土肥と、ぱっと出てくるように、土佐というのは非常に重要な役割を果たします。

この土佐の人々。

尊王攘夷に走る人が活発化してくるのは恐らく、武市半平太の土佐勤皇党位から出てくるのではないでしょうか。
(土佐勤皇党は郷士で成り立ってます。)

この藩の尊王攘夷派は薩摩や長州の尊王とは若干趣が違いますね。

奥底の部分の「成り上がりたい。金が欲しい。」といった辺りや、「成り上がる為には今の世ではだめだ」と思っているという所はまあ同じなんでしょうが、今の世っていう所が他藩は「徳川の世」に対し、土佐の人々は「山内の世」なんですね。

この土佐という土地は微妙な土地で、藩祖は以前「功名が辻」というタイトルで大河ドラマになった山内一豊です。

まあ、この人は色々と情けない武将という形で記載されていますが、それがフィクションなのかノンフィクションなのかはここでは置いておきます。

関ヶ原で徳川方に積極的に協力したという事(しかしながら戦功はありません。)で土佐を与えられます。

この人物に能力があったのかどうかも置いておきますが、土佐の統治については間違いなく、失敗したと言えるでしょう。

というのも、この人が土佐を治める前は長曾我部氏が治めていました。

そこに山内一豊が自分の部下を率いてやってくる訳ですが、地元にいた元長曾我部家の遺臣達をまとめるのに失敗してます。

彼は、重要な役職は全て自分の連れてきた家臣に就かせ、長曾我部家の遺臣達を帰農させ「郷士」の格を与えます。

自分が連れてきた家臣団は「上士」という格を与え、上士は郷士を無礼討ちにしてもおとがめなしというルールを用います。

その為、上士と郷士の間はしっくりいかず、たびたび郷士が反乱したりしてます。

また、相撲の大試合をすると触れまわり、郷士を集めて鉄砲隊で大量虐殺したりもしています。

これじゃあ、上手くいく訳ないですよね。

その為、山内家に仕えた郷士達も表面上は仕えていますが、二百数十年の間郷士の家には延々と山内家に対する憎悪が受け継がれていきます。

そんな郷士たちが幕末に爆発したわけですね。

こう考えると、山内一豊は政治家として能力がなかったのですね。

この延々と受け継がれてきた憎悪が郷士達を尊王攘夷に走らせた訳ですね。

山内よりも天皇様ということですね。




『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議


新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャルソフト 検索機能&写真付 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト


新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル


新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリSPソフト+冊子版119ページ 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト
ラベル:幕末 土佐 倒幕
posted by たか at 03:26| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】