ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月07日

JINに見る江戸の火事

この所、ヘルニア(腰と股関節に持ってます。)が出てしまって、座っているのがつらいのであまりブログをアップできてません。

すみません。

JINの第九話がありました。

今回は野風の切ない恋心と新門辰五郎との出会い、江戸の火事から火事場の治療、辰五郎との絆等々、見どころ満載でした。

その中で、今日は江戸の火事について記載したいと思います。

「火事と喧嘩は江戸の華」と言われたように、江戸は火事が多かったようです。

というのも、当時の世界で恐らく単位面積当たりで考えたら1番人が住んでいたと考えられる江戸(だそうです。)で、家は木材と紙でできている訳です。

しかも、電気が無く、明かりは行燈、という事はろうそく…。

密集地で家の材質は木と紙、明かりは炎となると当然、火事が起こりやすい訳ですね。

勿論、密集しているので火が燃え広がりやすい。

となると、火事が多いのもうなずけます。
(江戸の大火なんて事で、江戸の1/3くらい焼ける事もあったとか)

そんな火事場に飛び込んで行って火を消す「火消し」は江戸ではかなり人気があり、モテたそうです。

火事場でよく見る「まとい」がありますが、これは「今、火を消しているのは何々組だ!」というPRなんですね。

ですからあんなに派手な訳です。

火を消すという仕事は勿論水をかけたり、濡れた筵等を欠けて消すという事になりますが、ドラマでもあったように、類焼を防ぐため、火に隣接する家屋等を壊すという事も重要な仕事でした。

その為、火消しには多くの配下が必要だった訳です。

新門辰五郎は実在の人物で、「を組」を率いた火消し。

一旦は別の火消しとの喧嘩で死人がでた為、島流しにあったがそこで発生した火事を見事な指揮で火を消した事が表彰され特赦。

その後、火消し業で数々の功績をあげ、勝海舟や一橋慶喜(後の徳川慶喜)とも知己を得、慶喜が京へ上洛する際は二条城の警護をしたりとなかなかの活躍ぶりの人です。

ちなみに、北方謙三氏の「黒龍の棺」でも、なかなか渋い役どころを演じてます。

後2回でJINは終わってしまうのですね。

さみしい限りです。

次週は長州の久坂玄瑞が出てくるのですね。

松下村塾では高杉晋作、吉田稔麿と並び「三俊」なんて言われた男。

吉田松陰(松下村塾を開いた人)は久坂を長州第一の俊才と認めていたそうです。

私に言わせれば攘夷にこだわる「カタブツ」ですが…。

当時の志士で攘夷を唱える人達って本当にバカですよね。

知識が足りないっていうか…。

知らないから強気になるっていう人間としての器の小ささを感じさせる人達がなんと多い事か…。

話を戻しますが。

まあ、江戸における火事っていうのは本当に大変な事で、それを消して回った火消し達はまあ、気性も荒く、かっこよかったんでしょうね。

ちなみに、こういった火消しは結局ヤクザみたいなもので、火消しから代を重ねて正式にヤクザになる人達も多かったとか…。

JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



ラベル:幕末 ドラマ Jin
posted by たか at 02:34| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】