ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月09日

私の中の宮本武蔵

宮本武蔵は昔からかなり人気のある剣豪だと思います。

が、私はあまり興味がありません。

というのは、1度も宮本武蔵の本を読んだ事がないのです。

まあ、プロフィール的には知っていますが…。

勿論、有名な「巌流島の決闘」も知ってますよ。

じらし戦術で佐々木小次郎に勝ったって事も…。

恐らく、武蔵に対して最初に私の耳に入ってきたのが「巌流島」だったと思います。

だからこそ興味が湧かなかったのでしょうね。
(まあ、フィクションかも知れませんが…。)

策を弄している所がどうもしっくりこなかった訳です。

というのも、戦や暗殺であれば策を弄することが当たり前ですし、当然なんですが佐々木小次郎との決闘は、要は腕比べ。

「佐々木小次郎より俺の方が強い!」って事を証明する場であったはずなんですが、そこに策を弄する辺り、負けを認めているような物。
(だって腕比べでしょ?)

自分が強いと思うのであれば正々堂々戦えって。

この気持ちが武蔵に興味を抱かない原因ですね。

そのうち、武蔵という人物について色々と異説が耳に入ってくるようになりました。

例えば、武蔵は江戸時代の身分制度でいくと「えた、ひにん」の出だった為、試合を挑んでもあまり受けてくれなかったとか、相手が厠に行っている所を狙ったとか…。

そもそも、巌流島にしても、佐々木小次郎は青年のイメージがありますが、実は70代の爺さんだったとか、小次郎との決闘の場所に先に入り込み、自分の手下をほうぼうに潜ませ、もし自分が負けそうだったら皆で寄ってたかって小次郎を殺そうとしていたとか…。

まあ、真偽のほどは判らないですが、そういった雑音ばかり入ってくるとますます武蔵から興味が無くなっていきました。

勿論、歴史には正論(通説)と奇(異説)があるものですし、私の歴史に対する考え方は「まずは通説を読み、その後異説を読むべき。」と考えてます。

しかしながら武蔵に対しては通説を読むまでの興味がわきませんでした。

そんな私が武蔵を語るのはなんですが…。

武蔵の流派「二天一流」、要は二刀流。

これって実戦向きではないと思ってます。

日本刀って案外重いですよね。

それを2本(1本は短いとしても)振り回すのは容易なことではないと思いますし、大体、片手で人を斬れたのでしょうか?
(刃筋を定められたのでしょうか?)

なんか微妙な気がします。

現に武蔵って関ヶ原で石田方で出陣してますが功績が無いですよね…。

やっぱり、興味を持てません。


宮本武蔵 全8冊 吉川英治歴史時代文庫

新品価格
¥5,872から
(2010/11/10 01:38時点)




新装版 真説宮本武蔵 (講談社文庫)

新品価格
¥650から
(2010/11/10 01:39時点)




対訳・五輪書

新品価格
¥1,890から
(2010/11/10 01:40時点)




美術刀剣-模造刀 天下の剣豪 宮本武蔵の愛刀『武蔵二刀流 海鼠鍔 大小』

新品価格
¥15,000から
(2010/11/10 01:40時点)



posted by たか at 03:19| Comment(1) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】