ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月14日

JINに見る久坂玄瑞

JINの第10話が放送されました。

久坂玄瑞が出てきましたね。

久坂玄瑞は私の持っているイメージに近い形で演じられてました。
(怜悧な頭を持っていて、頑固で、目的達成の為には手段を選ばない。自分と同じ考えを持っていないと認めないという排他的な所もあるイメージを持ってます。)

この人は吉田松陰が開いた松下村塾に学び、高杉晋作、吉田稔麿と共に松下村塾の三秀といわれた人。
(当時の人達は何を持って秀でているとしたのかはわかりませんが…。)

ご多分にもれず尊王攘夷バリバリのカタブツ。

藩論が公武合体に傾くと尊王攘夷への転換を図り、見事成功したり、英国公使館焼き討ちを実行したり、外国艦船を砲撃したり、とにかく尊王攘夷一筋で生きてきた男。

文久3年(1863年)の八月十八日の政変によって長州勢が朝廷から一掃され、その失地回復の為に起こった禁門の変(蛤御門の変)で負傷し、鷹司邸内で自刃した人。(享年25歳)

ざっと彼の略歴を書きましたが結構過激でしょ。

というより、松下村塾というのは本当に過激な塾で、現代風に言えば「テロリスト養成所」といった趣があります。

三秀の一人、吉田稔麿は有名な池田屋事件で死にますが、この池田屋では「祇園祭りの日に京都に火を放ち、大混乱に陥った所を京都守護職の松平容保を斬り、帝を長州に連れ去る。」っていう計画を相談していたんです。

ね、自爆テロ並でしょ。

ちなみにこの松下村塾からは三秀の他に伊藤博文、山縣有朋、品川弥二郎、入江九一等々、維新回天の原動力になった人々が数多く出てます。

私はこのブログでも何度か触れましたが、倒幕派の方々にあまり好意を持ってません。

以前記載した事は新しい日本を作ると言いながら「所詮、成り上がりたいとか、金が欲しい、地位が欲しいといった事が本音で高尚な理念を持ってない」と記載しました。

勿論、それらの事は別に悪い事ではないです。

人間は当然お金も欲しいし、良い暮らしがしたいと願うものです。

ただ、その為に取った手段が気に入らないだけで…。

彼らがしてきた事は開国派と呼ばれる先進的な学問を身に付けた大学者やそれに付随する人々や、幕府の重要人物、同じ藩の攘夷ではない人々等を数々暗殺し、日本を大混乱に巻き込んだ事です。

今の言葉でいうテロリストと何ら変わらないでしょ。

結局、イスラム原理主義者達(ウサマ・ビン・ラディンとか)のやっている事と何ら変わらない。

たまたま、彼らが勝ち残り、正義になっただけ。
(しかも、彼らが嫌っていた外人達の力を借りて…。)

もし、幕府側が勝っていたら歴史の教科書にはテロリストとして名前が挙がっていたでしょう。

そういった所に嫌悪感を持っているので、倒幕派の志士達が嫌いな訳です。

結果的に明治維新が起こり、今の日本につながるので良いのでは?なんて意見もあるでしょうが、幕府が勝ってても今の時代は大差なかったと思いますよ。


JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



ラベル:幕末 ドラマ Jin
posted by たか at 03:13| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】