ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年01月30日

楊修の死

楊修(ヨウシュウ)は「四世大尉」と言われた名門に生まれた男です。

ちなみに、大尉とは当時で最高の役職であった3つの位の内の一つです。

そんな名門でしかも、かなりの頭の切れを持っていたようです。

この男、三国志演義では有名な話「鶏肋(鶏のあばら骨)」の故事で殺されてしまいます。

故事の概略としては…

219年、曹操(ソウソウ)は漢中(カンチュウ)という地を劉備(リュウビ)と争っていましたが、曹操軍が苦戦を強いられた時「鶏肋」という言葉を発しますが、それを聞いた楊修が撤退の準備を始めます。

人々が楊修に「あなたは何故撤退の準備をするのか?」というと曹操が言った「鶏肋」に対し、「鶏肋(鶏のあばら骨)は、捨てるには惜しいが、食べても腹の足しになるほど肉がついてない」、すなわち「惜しいが今が撤退の潮時」と解釈し、撤退の準備を命じたと言いました。

そんな楊修に曹操は驚き、「あの頭の切れは危険。自分の事を見通し過ぎている。」と判断して楊修を斬る訳ですが…。

このエピソードはおかしいですよね。

曹操程の人材マニアにとってはよだれが出る人材じゃないですか。

三国志演義は曹操を必要以上に悪く書いている為、この漢中からの撤退の後、楊修が斬られたことにかけて、こういう逸話を残したんでしょうね。

実際はこの時期の曹操には後継者問題がありました。

次男曹丕(ソウヒ)と三男曹植(ソウショク)のどちらを後継者とするかという問題です。
(長男はすでに戦死)

楊修という人は、曹操の三男曹植(ソウショク)の学問の師で後継者問題に関わる程曹植に肩入れしたので自分が死んだ後、害になると考えて因縁をつけて殺したというのが正しい所でしょうね。

中国、日本にかかわらず、後継者問題は良くありますが、大体は後継者本人よりも、その周りの家臣が煽りたてるんですよね。
(自分達の身入りを増やしたいので)

そういった事が家を滅ぼす原因になったりする事を考えると、愚かな行為ですね。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)









お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱
posted by たか at 15:34| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

三国志演義における諸葛亮の不覚

またまた、諸葛亮(ショカツリョウ)ネタですが…。

三国志には正史と三国志演義という2種類がありますよね。

まあ、ざくっと言えば、正史三国志とは、中国の正式な歴史として認められたもので、三国志演義とは、正史三国志を元に書かれた小説ですね。

日本で一般的に「三国志」と言えば三国志演義を指します。
(まあ、日本の三国志のベースは吉川英治氏、柴田練三郎氏、横山光輝氏等が書かれた三国志が一般的で、それらは三国志演義を元に書かれています。)

三国志演義に出てくる諸葛亮がスーパー軍師で、戦争から外交、内政と、あらゆる局面において完璧な人物として記載されてます。
(正史の諸葛亮というのはちょっと戦争が苦手だったようですが…。)

劉備(リュウビ)を正統として主人公にしている三国志演義ですので、その劉備を支えた諸葛亮は天才軍師でなければいけないという事で、これほどまでに脚色されたんでしょうが…。

そんな、最強軍師に脚色された三国志演義における諸葛亮の事績を見ると、ほぼ完璧なんですが、やはり、傷があります。

それは、劉備に仕えてしばらくした頃、曹操(ソウソウ)が南下してきます。

その際、襄陽(ジョウヨウ)にいる劉j(リュウソウ 父劉表が死んで後継者となる)が曹操軍が攻めて来るという情報に接しすぐに降伏した為、劉備は敵地の真っただ中に置き去りにされた形になってしまいます。

この部分がスーパー諸葛亮の傷となります。

あれほどの天才を発揮する軍師の割には、劉jの降伏を知らないんですね。

新野から撤退してきた劉備軍が襄陽城から矢を浴びせられますが、この状況が諸葛亮がその降伏を知らなかった証拠ですね。

諸葛亮は襄陽にいながら、劉表には仕えず劉備を選んだ訳です。

それは暗黙のうちに劉表政権はNGと言っているのと同じですよね。

劉表の政権に不信感を持っていた彼だからこそ、劉備軍団に入っても劉表政権には間諜をしのばせておくべきなのではないでしょうか?

それをしなかった諸葛亮はスーパーに描く上で少し違和感があるような感じです。

ここでの情報不足は致命的な事になりかねません。

たまたま内応者達のおかげで生き延びる事が出来ましたが…。

まあ、歴史の事実がある上でそこにスーパー軍師として描くという無理からこういった所が出てくるんですね。

念の為ですが、私は別に諸葛亮が嫌いな訳ではなく、どちらかというと好感を持っている人物です。

ただ、三国志演義の諸葛亮はなんとなく人間味が無く、ペテン師に見えてしまいます。

この人は正史の記述の方が人間味があり、良いような気がします。




諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

新品価格
¥760から
(2010/11/11 22:44時点)




諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)

新品価格
¥740から
(2010/11/11 22:45時点)





『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 01:02| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

天下三分の計

何とも、諸葛亮(ショカツリョウ)ネタばかり続きましてすみません。

諸葛亮で一番有名な言葉といえばやはり「天下三分の計」でしょう。

彼は三顧の礼(昨日の記事の通りあったのかどうか微妙な所ですが…)をつくしてようやく孔明と出会った際に孔明が語る戦略構想ですね。

概略としては曹操(ソウソウ)は強大なので、今の状態で戦をするのは難しい。
孫権(ソンケン)は長江という天嶮にも恵まれ、臣下も豊富。
こことは戦うのではなく手を取り合うべき。
そこで劉備(リュウビ)としては劉表(リュウヒョウ)が治める荊州(ケイシュウ)と劉章(リュウショウ)が治める益州(エキシュウ)を取り、中国を三分して治め、孫権と手を結び、曹操に対抗するという策です。
(隆中策とも言われます。)

しかしながら、これは本当に検索したのかどうか微妙な話だそうです。
(結果として三分されましたが…。)

まあ、こういう献策があったとして記事を記載します。

諸葛亮は天下三分を唱えましたが、かたや孫権陣営では、周瑜(シュウユ)、魯粛(ロシュク)といった人材が孫権に対して「天下二分」の構想を提示していたようです。

その内容というのは、呉から荊州の劉表、益州の劉章を攻め取り、中国を北と南で分断した後、北の曹操に決戦を挑むという方策ですね。

まあ、普通に考えたらこれが献策されるべき戦略ですよね。

ただ、当時の劉備には地盤がないので、そんな事は無理だった訳ですね。

しかしながら、天下二分構想と天下三分構想ではどちらが優れているか…。

私的にはやはり三分構想の方が優れていると思われます。

天下を三分すると、3つの勢力が金縛りにあうんですね。

1国が他国を攻めると、その2国間で戦っている間に第3の勢力が漁夫の利を得る事になりますよね。

その為膠着してしまいます。

恐らく、天下三分では天下統一まで持って行くのが難しいと思うのですが、膠着状態を作る事により、戦を小休止する事ができ、国力を富ませる事が出来ます。

また、戦争に疲れた民にも休息を与える事ができます。

上手い事やれば、もしかしたら今の中国は無く、その3国が独立したまま現在に至っていたかも知れませんね。

戦争を早く終わらせるとか、民に休息を与えるという意味では三分構想が一番手っ取り早いですね。

ちなみに、天下二分構想が成立すると、決戦となりそこに勝利した方が勢いに乗り統一するという形になりやすいので、戦争状態に休息を与える事はできないですが、案外早い天下統一を迎える事が出来るでしょうね。

当時の中国の状況を考えた場合、天下三分が一番安定して良かったのでは?と思われます。
(ただ、歴史はあまり休息の時間を与えませんでしたが…。)

長い中国の歴史において、天下三分という状況はこの時代以外にもありました。

それは漢王朝を樹立した劉邦(リュウホウ)が項籍(羽/コウセキ いわゆるコウウですね)と戦っていた折、劉邦支配下の韓信(カンシン)が斉の辺りで独立できるほどの勢力を持っていました。

この時、カイ通(カイトウ/字が表示されません)の進言に韓信が耳を傾けていれば、三国の時代が来たかも知れません。

が、彼は進言を入れず、劉邦に味方をして項羽を滅ぼし、中国は天下統一となる訳ですね。

その後、韓信は不幸な最後を遂げますが…。

結局、韓信も天下三分を実現できる所までは行きながら実現できませんでした。

そう考えると、正真正銘天下三分を実現させた諸葛亮は偉い男ですね。




諸葛孔明〈上〉 (中公文庫)

新品価格
¥760から
(2010/11/11 22:44時点)




諸葛孔明〈下〉 (中公文庫)

新品価格
¥740から
(2010/11/11 22:45時点)






『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 01:49| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】