ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年01月12日

諸葛亮と曹操は似た者?

諸葛亮(ショカツリョウ)と曹操(ソウソウ)という敵対関係にいたこの両者ですが、思想としては似ている所がありますね。

この時代、思想として一般的には官僚等は儒教、庶民は道教を信じる傾向にありました。

ちなみに儒教は孔丘(コウキュウ/孔子)を教祖とし、礼を重んじた宗教。
(ただ、孔丘は人間に大事な物として「仁、義、礼、知、信」と言っており、礼は3番目に重要となるのですが…。)

道教は中国の伝説の皇帝である「黄帝」を教祖とし、老子(ロウシ)や荘子(ソウシ/ソウジ)が広めた宗教となります。
(道教を「老荘の思想」と呼ぶのはその為ですね。)

こういった世の中で、曹操と諸葛亮はそのどちらにも所属しないですね。

強いて言えばこの二人は「法家」ですね。

諸葛亮は三国志演義のイメージから仙人っぽいと思う方も多いでしょうし、道教思想では?なんて思われる方も多いのでは?と思うのですが、あくまで小説が付けたイメージであって、彼の根本は法家でしょう。

蜀を取った際に作った「蜀科」ではそれ以前の蜀の法律と比べて、かなり厳しい法律にしています。

この法律に対して法正(ホウセイ)が「昔漢の高祖が秦のややこしい法律に対し、自分の領地は法律は3つ(法三章)と宣言。すなわち、人を殺せば死刑。人を傷つけたものは処罰。人の物を盗んだものは処罰」という簡便な物にして成功した例を挙げ、蜀もそうするべきなのでは?と言って反対したのに対し諸葛亮は「秦は法がややこしく、厳しかったのでそこに疲れた民にとって法三章という分かりやすい法律が受け入れられた事で成功したのであり、蜀は今まで生ぬるい法律でしかなかった為、民に規律が無くなった。その為、厳しい法律で縛る」と言った旨を話して法正の意見を却下したそうです。

また、有名な「泣いて馬謖を斬る」という故事も、人材不足の蜀において将来有望な馬謖を斬る事は損失になるにも関わらず軍法を優先して切った辺り、やはりこの人は法家の思想と考えられます。

曹操においては一番最初の就職において洛陽の北部尉(北門付近の警察長官)に就任した際は違反者に対して厳しく取り締まり、霊帝に寵愛されていた宦官蹇碩の叔父が門の夜間通行の禁令を犯した際にも容赦は無く、彼を捕らえて即座に打殺したり、済南の相に任命された折は汚職官吏の罷免、浮祠邪教を禁止する等、法の番人的な動きをしています。

また、彼の部隊は戦争における略奪を禁止していたり、法の整理と厳しい運用を実践していた事がうかがわれます。

また、曹操も諸葛亮も合理性を重んじた人です。

発明等に興味があった事も共通してますね。

そういった所を見ると似ていると思われる事が多々あります。

ただ、それは曹操の一面であって、曹操の才は諸葛亮よりも多方面に渡っています。

例えば詞を作るという事。

曹操は当時一流の詩人です。

諸葛亮も「出師の表」という名文を残してはいますが、詩人ではありません。

また、法を用いる際に曹操程の度量の広さを見せた事もありません。

例えば、曹操が乾坤一擲の勝負をした「官渡の戦い」においては敵側である袁紹から曹操の武将に対し寝返りを促す手紙が数多く送られ、その手紙をもらった武将達も袁紹に対して返事を書いていましたが、袁紹に勝った後、その手紙が多く押収されました。

曹操はその手紙の山をみて「私でさえ勝ちを確信できなかったのだ。」と言って中身を見ずに焼き払いました。

その手紙を出した武将達はほっとした事でしょう。

他にも、曹操が法を用いる際に示した度量に関するエピソードは残っています。

このあたりを見ても、人としての度量も曹操が勝っていたと考えられます。

また、人の能力の見抜き方という面でも諸葛亮は曹操に及びません。

曹操が集めた綺羅星のような輝かしい人材を見ればわかります。

曹操の元には歴史に名を残す活躍をした人物が数え切れません。

という事は、能力のある人材を登用する事に合わせ、その人物が能力を発揮できる場を与えたという事にもつながります。

さらに曹操は優秀な人材を得る為に領地に学校を作り、教育したという面を見てもその非凡さがうかがわれます。

対する諸葛亮は、自分の後継者こそ無難に選びました(姜維/キョウイは後継者ではないですよ)が、馬謖で失敗していたり、魏延(ギエン)を使いこなせなかったりと、人材発掘、活用に関しては曹操に1歩も2歩も譲る形となります。

また、後継者を育てるという事を諸葛亮はしませんでした。
(というより、仕事が多くてできなかったというのが実情でしょうが…。)

そういった事柄を考えると、諸葛亮は確かに曹操と似ていますが、とても曹操には及ばなかったと考えられます。

今回述べた事は、決して諸葛亮の能力が劣っていたという訳ではなく(むしろ当時の中国ではずば抜けた優秀さを見せています。)、曹操という男が偉大すぎたというだけの事です。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 14:16| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】