ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年02月18日

ツタンカーメン王の死因特定?

2010年2月17日 時事通信
 ツタンカーメンはきょうだい婚の子=死因は骨折とマラリア-米医学誌

より。

【カイロ時事】黄金のマスクで知られる古代エジプト王、ツタンカーメン(新王国第18王朝、紀元前14世紀)は、アクエンアテン(アメンホテプ4世)とその姉妹の1人との間に生まれ、骨折にマラリアが重なって死亡した可能性が高いことが、エジプト考古学チームによるDNA鑑定やコンピューター断層撮影装置(CT)の調査で分かった。

との事。

また、
荘厳で華麗な黄金マスクに象徴されるツタンカーメンだが、「腐骨や内反足を患い、転倒して足を骨折し、マラリアが命取りになった」という。同誌は「歩くのにつえをついていた虚弱な王だった」

とも記載されてました。

DNA鑑定やCTを使われたら、恐らくこれが正しい死因なんでしょうね。

ツタンカーメン王は10歳で即位して19歳で早世したとされ、その死因についてはミイラの頭蓋(ずがい)骨にある損傷(丸い穴)などを根拠に他殺説も指摘されてきた訳ですが、この説は間違っていたという事になりますね。

他殺説はこの丸い穴がちょうど槍で開けた穴にサイズがぴったりとか言っていましたが、勿論その説を否定する意見もあり、その意見によると、ミイラを生成するのに必要な穴という意見でした。

そういった論争を聞いていた当時の私は「他のミイラにも同じような位置に穴があるかを検証してデータを取ったらわかるやろ!」なんてつっこんでいたんですが…。

今の技術を用いて、その技術的根拠があるマラリアというのは何とも説得力がありますね。

ただ、エジプトやその他各国で死後はミイラとして保存という風習がありますが…。

私はミイラにはなりたくないですね。

死んだらやはり灰になりたいです。

魂はいつか肉体に宿り復活するので、その肉体が必要という思想はわからないではないですが、死んだら「無」になりたいと私としては考えています。

そういう思想よりも、私としては輪廻転生の方が夢があっていいと思ってます。
(まあ、信じてませんが…。)

魂は死者から発せられてまた、新しい命に宿るなんて、本当にロマンチックな話じゃないですか。

まあ、ミイラがいやなのは、自分が死んだ後ミイラになると、誰かが見る訳です。

エジプトの王達のように研究テーマになったりしたらいろんな検査をされたりする訳ですよね。

醜くなった自分の体を衆目の前にさらすのは、私としては耐え難いと思います。

しかも、生きていない物なので、そこに倫理観とか人権みたいな物が完全に無視された状態でさらされる訳ですからね。

やはり私は死んだら灰になりたいです。
(輪廻転生したいですけどね。)


ツタンカーメンと出エジプトの謎―隠されたパピルスの秘密

新品価格
¥2,940から
(2010/11/12 20:02時点)



posted by たか at 02:27| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】