ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月22日

龍馬伝第12話を見て

武市半平太がとうとう狂いだしましたね。

この半平太の描き方は成程と思わせる所がありますね。

トップの器として足りない人が大きな思想を描き、現実と自分の思想を理解する配下との板挟みになり、能力のない人の暴走という形で描かれてます。

なんか、すごく人間味があっていいです。

久坂にしてもしっかりと攘夷の意味を理解した秀才として描かれてますね。

秀逸です。

もうひとつ気に入ってきた所は、攘夷派の面々の過激さを上手く表現している所ですかね。

現代の人達から冷静にあの時代の攘夷派の面々をみると、やっぱり頭のねじがどっか飛んでるんです。

数多くの小説や、学校で習う歴史から、攘夷派の面々は凄く良い風に描かれてますが、所詮殺戮マシーンのテロリストです。

だからこそ、政権を取った後にそれを正しい道とする為に色々と操作して歴史を作ったものですから、幕末という時代が理解しにくくなっているんですね。

このドラマで描かれている武市一派の共通する思想というのは攘夷ではなく上士への不満と郷士である自分達のコンプレックスです。

虐げられてきた所から脱却したいという気持ちが徒党を組む事によって「成り上がりたい」に変わってしまったのがそもそも倒幕派の底流に流れる思想ですね。

だから明治の元勲とか維新の傑物と言われる人達の多くは下級士族出身なんですよね。

いわば雑草です。

雑草はお上品な花よりも強くたくましい訳ですね。

だからこそ幕府は倒れた訳です。
(だって攘夷攘夷と言っていた人達が外国人の力を借りて幕府を倒す訳ですからね。)

別に成り上がりたいという気持ちを見下す訳ではないですが、倒幕を成し遂げた人達はあまりにも英雄視されていたり、英雄として描かれている現状が気に入らないだけです。

倒幕派は義理とか忠誠なんて物はかけらもなく、佐幕派は義理、忠誠、プライド(意地)に縛られて滅んだという時代が維新ですね。

次週は龍馬がようやく脱藩ですね。

ちょっとはまってきましたよ!



龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2010/11/10 02:29時点)



【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

新品価格
¥18,717から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)

新品価格
¥18,133から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:25時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:26時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

新品価格
¥19,500から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―2(season2)

新品価格
¥19,942から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―3(season3)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



posted by たか at 03:02| Comment(4) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

龍馬を斬った男、新説?

先日、幕末関連の小説をまた1冊読み終わりました。

その本は加野厚志氏の書かれた「幕末暗殺剣 龍馬と総司」です。

なかなかおもしろかったですよ。

ちゃきちゃきの新撰組派の私からすれば龍馬と総司がからむだけでも面白いのにこの本の龍馬暗殺犯は今まで私が読んだり見たりしてきたどの誰とも違いました。

私個人としては、龍馬暗殺の黒幕は薩摩藩と踏んでいましたが…。

でましたよ!

この本における龍馬暗殺の黒幕は長州藩でした!

龍馬暗殺犯人の不確かさが物語っている事は、黒幕が龍馬と同志と思われている人で、明治政府においてかなりの力をもった人であると確信している私が長州ではなく薩摩藩をあやしいと踏んでいたのは訳があります。

それは、長州には凄腕の人斬りがぱっと浮かばないという事です。

練兵館塾頭を経験した新道無念流の桂小五郎はご存じの通り、逃げの桂。

実際に人を斬った事がないんですね。

道場剣術は強くても真剣ではちょっと厳しいと言わざるを得ません。

それに引き換え、薩摩藩には泣く子も黙る人斬り半次郎こと中村半次郎がいます。

長州も臭いけど、実行できるのは薩摩だよな…。
長州で人斬りの達人って誰なんだろう…。

なんて考えていた私に、ズバッと答えを与えてくれたのがこの本でした。

実は、私はあまり詳しく知らない人なんですが…。

神代直人(コウジロナオト)という剣豪でした。

勿論黒幕は桂小五郎。

読み終わった私は「成程…。」と思ったのですが、だからと言って長州説が一番と思っている訳ではありません。

でもこの本は、これはこれで、かなり面白かったですよ!

おすすめの本ですね。

これから神代直人を調べていきたいと考えております。

Wikipediaで調べた所、この人が出てくる小説は「花神」、「世に棲む日日」という本だそうです。

いずれも、司馬遼太郎氏が書かれた小説です。

個人的には司馬遼太郎氏の小説は私には合わず、ちょっと気が進まないのですが…。

読んでみようとは思います…。

ちなみに、「花神」は大村益次郎を書いた物、「世に棲む日日」は吉田松陰と高杉晋作を描いた物との事です。

どちらの人物も今の私には魅力の少ない人なんですが…。
(でも、靖国神社に言った際に大村益次郎の像があった時はテンションがあがって写真におさめましたよ!)

読んでみます。

読みますとも!!


幕末暗殺剣 龍馬と総司 (講談社文庫)

新品価格
¥830から
(2010/11/9 02:31時点)




龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)

新品価格
¥700から
(2010/11/9 02:33時点)




真説 龍馬暗殺 (学研M文庫)

新品価格
¥660から
(2010/11/9 02:34時点)





『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議
posted by たか at 04:55| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

万夫不当の張飛

張飛(チョウヒ)字を益徳(三国志演義では翼徳)は劉備(リュウビ)の片腕として活躍した万夫不当の猛将です。

ちなみに、万夫不当とは「兵一万人に匹敵する」という意味です。

正直、私は疑問に思っている所が多い武将でもあります。

まず、この人の字(アザナ)ですが、正史の三国志では益徳(エキトク)、三国志演義では翼徳(ヨクトク)となっています。

何故、字を変える必要があったんでしょうか?

例えば、中国は皇帝になった人等と字がかぶる場合、身分の低い方の人の漢字を変えるというような事はあるんですが、益徳の場合、私の知る限り、該当者がいないんですよね。

後に劉備政権ができる益州の字とかぶるので変えたのでしょうか???

理解できません。

また、この男は大概「バカ」、「酒豪」、「粗暴」という形で描かれます。

酒豪はそうなんでしょう。

粗暴というのも、自分の目上の人に対してはへいこらするが、目下の者に関しては容赦がなく、部下をよく殴り殺したりしていたそうですから納得がいきます。
(劉備にも「部下を殺しすぎる」と注意されてますしね。)

でも、この人、バカだったんでしょうか…。

この人の戦争、策を弄しているものもあり、それが当たってます。

曹操軍(ソウソウグン)劉岱(リュウタイ)を破った際、長坂橋での仁王立ちの際、厳顔(ゲンガン)を生け捕った際等々…。

案外、頭も切れたんじゃないでしょうか?

また、自分のしていない事で悪名をかぶったりしてます。

三国志演義では督郵が劉備に賄賂を要求した為、張飛が督郵を木につるして鞭打った事になってますが、正史の記載では劉備が鞭打ってます。

劉備の聖人君子像を壊さない為に乱暴者の張飛にさせたのでしょうが…。

このあたりを上手くとり、北方謙三氏は北方三国志の中で切れやすい劉備に対し、劉備が切れそうになったら先に自分が切れて暴力を振るうという形で張飛を描いておられます。

秀逸と思います。

私は、この張飛はかなり好きな武将です。

今まで読んだ三国志の中で一番好きな張飛は「北方三国志」の張飛ですかね。

憎め無さと悲哀を背負ったかっこいい武将として描かれています。

読まれてない方は一度読まれてはいかがでしょうか?




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】
posted by たか at 03:37| Comment(4) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】