ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月08日

龍馬伝第10話を見て

ずいぶんと話が進んできましたね。

まあ、10話ですもんね。

とうとう来週は土佐勤皇党ですか。

どうでもいいけど、加尾が「龍馬さんには大志がある」みたいな事を言ってましたが…。

この龍馬伝を見る限り今までの放送で龍馬に大志ってあったかな?

恐らく、このドラマの描き方としては龍馬は色々な事を経験するうちに倒幕への思想と、そのやり方といった事が確立されていくという所を描きたいんだと思うのですが、この時点での龍馬の大志という言葉にかなりの違和感を感じたのですが…。

僕だけでしょうか?

まあいいか。

今回も、武市の攘夷に突っ走る熱い気持ちと、その為に出てくる犠牲と、その犠牲を指摘する龍馬の言葉と…多くの葛藤を抱えながら藩論を攘夷に変えようとする所がなかなか秀逸な演出でしたね。

でもこの龍馬。

なんか本当に真面目すぎますね。

もっとチャライ男と思うのですが…。

それは置いておいて…。

これを見ていると私が感じている攘夷派、倒幕派という人達に思う不快感を理解していただけるかもしれませんね。

今後、高杉晋作、大久保利通、西郷隆盛あたりがどんなキャラクター付けされ、どんな形で描かれるのか…ちょっと楽しみです。



龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2010/11/10 02:29時点)



【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

新品価格
¥18,717から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)

新品価格
¥18,133から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:25時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:26時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

新品価格
¥19,500から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―2(season2)

新品価格
¥19,942から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―3(season3)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



posted by たか at 01:15| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

玄武館 北辰一刀流

今日は龍馬伝第10話が放送されますね。

ここで、龍馬が江戸で学んでいる北辰一刀流についてちょっと記載します。

源流としては、中条長秀という人が室町時代に創始した中条流(チュウジョウリュウ)にさかのぼります。

そこから富田勢源の富田流(トダリュウ)が派生し、伊藤一刀斎の一刀流(イットウリュウ)、小野忠明の小野派一刀流、中西子正の中西派一刀流(ナカニシハイットウリュウ)に行きつきます。

千葉周作はこの中西派一刀流を修め、千葉家の家伝だった北辰夢想流を基にして創意工夫を重ね、打ち立てた流派だそうです。

特徴としては、一刀流の難解な教義を簡略化し、六十八手の業を決めて進歩させた為、教わる者からすれば分かりやすかったという所です。

この流派からは有名な人で言うと、坂本龍馬、清川八郎、新撰組の山南敬助、藤堂平助、幕府の山岡鉄舟等が出ています。

また、北辰一刀流は剣術界にも大きな影響を与えて天振一刀流や中和一刀流、北心一刀流等、多くの分派を生み、現代の剣道の元になった流派です。

ただ、人を斬る為の剣として振るわれたのは、先ほど挙げた人物の中では山南敬助、藤堂平助くらいでしょうか…。

この二人も近藤勇の天然理心流の道場に居候していたという事ですから、恐らく天然理心流の多大な影響を受けていると考えられます。

と、言う事は、この流派はもしかしたら実戦向きではなかったのかも知れませんね。

龍馬も結局人を斬ることなく生涯を終えてますしね。

しかしながら、この流派は当時から江戸の三大流派の一つとして、門弟も多く抱えた流派です。

後の世に多大な影響を与えた流派という意味ではナンバーワンですしね。

そんな流派を坂本龍馬は学んでいたんです。

ちなみに、今回の記事は著者戦国歴史研究会、発行者江口克彦、発行所PHP研究所より発売されている「戦国剣豪 天下無敵の剣士」を参考に記載しました。


古流剣術の理合―日本剣術がほこる至高の術理と叡知

新品価格
¥1,575から
(2010/11/12 20:29時点)





『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議

posted by たか at 03:35| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

恐怖!車懸りの陣!

車懸りの陣を御存じでしょうか?

元々、陣形というのは中国から伝わった八つの陣形がメインでした。
(鶴翼/カクヨク、魚鱗/ギョリン、雁行/ガンコウ、鉾矢/ホウシ、方円/ホウエン、堰月/エンゲツ、長蛇/チョウダ、衡軛/コウヤク)

その他、書物でのみ見れる陣形として、八卦の陣、八門金鎖の陣等がありますが…。

そんな中で上杉謙信が得意としたと伝わる陣形が車懸りの陣ですね。

陣というか戦法でもある訳ですが…。
(でもこの戦法を使うにはそれなりの陣形が必要ですよね。)

戦い方とすれば、自軍は円形の陣を取り、相手の先陣部隊に自軍の先陣があたりますが、しばらくすると陣を回転させて次の部隊が相手の先陣にあたる。

また、しばらくしたら陣を回転させて次の部隊があたる…。

という事を繰り返し、常に相手の先陣に対して新しい部隊をあてていき、相手は戦い続けて疲れが出てくるのに対し、こちらは常にフレッシュな部隊をあてる事により、圧倒的優位な戦いを展開するという陣形なんですが…。

理屈は解りますし、有効かもしれませんが、この陣って相当疲れないでしょうか?

各部隊の移動距離が半端じゃないような…。

ちなみに、相手が鶴翼の陣を取った場合、相手の用兵次第ではすぐに囲まれますよね。

勿論、鶴翼の陣というのは鶴が羽を広げた形をとり、その首に当たる部分(要は中心)に厚みを持たせる事が出来ないので、ここを突破されたら両翼は各々何の変哲もない横陣となってしまい、壊滅してしまう陣形です。

そこを車懸りで攻めてしまえばいいのですが…。

微妙な勝負になりそうですよね。

当然、鶴翼の中心を攻めに来る車懸りの陣形に対し、鶴翼は両翼を閉じて包囲する形を取ろうとしますよね。

包囲されれば車懸りの効果は全く無くなり、下手すれば方円の陣になってしまいますね。

そこが勝負の分かれ目になるんでしょうが…。

この陣形、本当に有効なんでしょうか?


天と地と 上 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:26時点)




天と地と 中 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:27時点)




天と地と 下 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:27時点)




posted by たか at 02:09| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】