ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月17日

最後の将軍徳川慶喜

徳川慶喜はご存じの通り徳川家最後の将軍です。

私はこの人、嫌いです。

佐幕派の私ですが、どうしても許せない所がこの人にはあります。

徳川家康の再来なんて言われてますが、そこまですごいかな?なんて思います。

将軍後見職の折は政治総裁職の松平春嶽と共に文久の改革と呼ばれる幕政改革を行い、京都守護職の設置や参勤交代の緩和等を行い、なかなかの政治手腕を見せています。

また、将軍職に就いた後も、朝廷との交渉等においても政治手腕を発揮し、勅許を得ずに兵庫開港を声明した慶喜を糾弾するはずだった薩摩・越前・土佐・宇和島の四侯会議を解散に追い込んだりしています。


が、この人の嫌いな所は…。

この人は自分の事しか考えていないような所がちらつきます。

天狗党の乱では自分を支持していた武田耕雲斎ら実家・水戸藩の家臣たちを切り捨てたり、大政奉還にしても当時の朝廷に行政能力がないと判断し、どうせ自分が主導で政治を行う事になるなんて考えている節があったり…。

なんか好感が持てないんですね。

最大のきらいな所は、この人、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍が形勢不利になったと見るやまだ兵力を十分に保持しているにも関わらず、江戸へ逃げ帰ってるんですよね。

連れて行ったのは会津藩松平容保、桑名藩松平定敬と、なんとなんと、陣中に伴った愛人…。

しかも、前線で戦っている兵を置き去りにしてですよ!

こいつは人の命をなんだと思ってるんでしょうね。

大将のいない軍が崩壊するのは自明の理です。

逃げるのはいいし、恭順の姿勢を示すのもいい。

でもそれは兵をまとめて帰るべきなんです。

自分の為に戦っている兵をほったらかしにして逃げるなんて人としても武士としても言語道断です。

慶喜が取ったこの行動の為にどれだけ多くの人が死んだか…。

本当に最低の将軍で、最低の大将です。

本当に、大っ嫌いですね。

ちなみに、「慶喜」は「よしのぶ」、「けいき」、「よしひさ」と3つの読み方が残っているそうです。
(本人も色々と使っているそうです。)

本人はけいきと呼ばれる事を好んだそうですが…。

名前って何通りもあるものなんでしょうか?

ひとつじゃないのかな…。


図説徳川慶喜

新品価格
¥1,575から
(2010/11/12 20:44時点)




徳川慶喜 (幕末維新の個性)

新品価格
¥2,730から
(2010/11/12 20:44時点)



posted by たか at 01:37| Comment(8) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】