ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月20日

万夫不当の張飛

張飛(チョウヒ)字を益徳(三国志演義では翼徳)は劉備(リュウビ)の片腕として活躍した万夫不当の猛将です。

ちなみに、万夫不当とは「兵一万人に匹敵する」という意味です。

正直、私は疑問に思っている所が多い武将でもあります。

まず、この人の字(アザナ)ですが、正史の三国志では益徳(エキトク)、三国志演義では翼徳(ヨクトク)となっています。

何故、字を変える必要があったんでしょうか?

例えば、中国は皇帝になった人等と字がかぶる場合、身分の低い方の人の漢字を変えるというような事はあるんですが、益徳の場合、私の知る限り、該当者がいないんですよね。

後に劉備政権ができる益州の字とかぶるので変えたのでしょうか???

理解できません。

また、この男は大概「バカ」、「酒豪」、「粗暴」という形で描かれます。

酒豪はそうなんでしょう。

粗暴というのも、自分の目上の人に対してはへいこらするが、目下の者に関しては容赦がなく、部下をよく殴り殺したりしていたそうですから納得がいきます。
(劉備にも「部下を殺しすぎる」と注意されてますしね。)

でも、この人、バカだったんでしょうか…。

この人の戦争、策を弄しているものもあり、それが当たってます。

曹操軍(ソウソウグン)劉岱(リュウタイ)を破った際、長坂橋での仁王立ちの際、厳顔(ゲンガン)を生け捕った際等々…。

案外、頭も切れたんじゃないでしょうか?

また、自分のしていない事で悪名をかぶったりしてます。

三国志演義では督郵が劉備に賄賂を要求した為、張飛が督郵を木につるして鞭打った事になってますが、正史の記載では劉備が鞭打ってます。

劉備の聖人君子像を壊さない為に乱暴者の張飛にさせたのでしょうが…。

このあたりを上手くとり、北方謙三氏は北方三国志の中で切れやすい劉備に対し、劉備が切れそうになったら先に自分が切れて暴力を振るうという形で張飛を描いておられます。

秀逸と思います。

私は、この張飛はかなり好きな武将です。

今まで読んだ三国志の中で一番好きな張飛は「北方三国志」の張飛ですかね。

憎め無さと悲哀を背負ったかっこいい武将として描かれています。

読まれてない方は一度読まれてはいかがでしょうか?




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】
posted by たか at 03:37| Comment(4) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】