ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年04月22日

美女貂蝉

最近、ゲーム等で三国志の登場人物がかなり有名になってますが、この貂蝉(チョウセン)もかなり有名になったのではないでしょうか?

格闘ゲームの三国無双シリーズでは、紅一点として一番最初に出て来た女性キャラですね。
(三国無双の一番最初の物で1対1の格闘ゲームでした。)

ご存知の通り、この女性は王允(オウイン)が当時の権力者である董卓(トウタク)と、そのボディーガード的人物呂布(リョフ)の仲を割く為に送り込んだ女性で、期待通りに董卓と呂布の仲を裂き(美女連環の計)、呂布に董卓を殺させてますね。

その後、三国志演義では呂布の妾として生きながらえ、子供はできなかったものの呂布の出陣を引きとめたりといった場面で出てきます。

最終的にどうなったかは記載されてませんが…。

ちなみに、吉川三国志では連環の計を遂げた貂蝉が自害して果てるということになってますが…。

色々とあるのは、この人は本当は歴史に登場しない人物だからですね。

元となったのは正史三国志の「呂布が董卓の侍女と密通し、発覚を恐れて王允に相談…云々」というくだりがあり、この侍女に名前をつけ、王允と絡めて面白く作り上げたのがこの貂蝉というキャラクターですね。

しかしながら…。

この悲劇的な人生を送らざるを得なかった貂蝉の人気がすごかったんでしょうか、この人にはかなり多くの民間伝承が伝わっています。

例えば、もう少しで呂布を下せるとなった時に攻め手の総大将である曹操(ソウソウ)に同じ陣営にいた関羽(カンウ)が「呂布の侍女を賜りたい」なんて言っている話が伝わっています。

これは貂蝉を指すと言われてますが…。

結局呂布を下した曹操が関羽に侍女を与えようとしたのですがあまりに美人なので自分の妾にし、関羽はもんもんとした日々を送ると言った話もあります。

また、劉備(リュウビ)と張飛(チョウヒ)が貂蝉の美しさに狂い、仲間割れの危機が生じた為、関羽が貂蝉を斬ったとか…。

中でも、一番つっこみたくなる話は…。

貂蝉は元々ぶさいくで王允が華佗(カダ 三国志に出てくる伝説の名医)に相談した所、首を西施(セイシ 中国古代四代美女の一人。呉国を滅ぼす為に越王勾践/コウセン から送られた美女)のものと取り換え、度胸がなく行動に移せない為に肝を荊軻(ケイカ 始皇帝暗殺の為に単身乗り込んだ刺客)のものと取り換えたなんて逸話まであります。

もはやサイボーグですね。

ショッカーに改造された仮面ライダーのようなものでしょうか…。

中国恐るべし!!

なんにせよ、この貂蝉は男くさい三国志の中でひときわ華を感じさせる数少ない人物ですね。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

ラベル:三国志 貂蝉
posted by たか at 00:40| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

龍馬伝第16話を見て

ついに勝海舟と出会いましたね。

こういう形で勝海舟との出会いを描きますか…。

成程成程。

よく描かれる形は…龍馬が勝海舟を斬りに行って、そこで勝海舟に外国の驚異と日本の取るべき道を聞かされ弟子入りするという形ですが…。

成程成程。

今回の形もなかなか魅せますね。

また、勝海舟はもっと軽い人間に描かれる事が多いですが、今回の勝はちょっと重い感じですね。

武市はどんどん傲慢になっていきますね。

ほんと、歴史を知らない人が見ても「この人、失脚するな。」って分かりますね。

ちなみに…。

勝海舟は日本人の手で広い太平洋を渡りアメリカまで行ったような事を言ってましたが、聞く話では、勝海舟は船酔いが激しく、船室で一日中ゲロゲロやっていたそうで…。

実際には同船していた測量船フェニモア・クーパー号船長、ジョン・ブルック大尉やその他のアメリカ人の手によってサンフランシスコに就いたというのが実情だそうです。

私は、勝海舟をかなり胡散臭三味線男と思ってます。

まあ、あの当時の幕府では外国に対抗する策を考えていた一人ではあるんでしょうが…。

今後、どういった形で描かれるんでしょうか…。

なかなか期待できそうです。(あくまでドラマとして…。)



龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2010/11/10 02:29時点)



【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

新品価格
¥18,717から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)

新品価格
¥18,133から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:25時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:26時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

新品価格
¥19,500から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―2(season2)

新品価格
¥19,942から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―3(season3)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



posted by たか at 01:18| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

高順という男

先日、「惜しいかな陳宮(チンキュウ)」という記事を記載しました。
(2010年4月4日の記事)

こちらに対して「高順(コウジュン)+陳宮で劉備(リュウビ)に仕えれば面白かったかも」というご意見と高順のリクエストを頂きましたので本日は高順について記載したいと考えております。

高順は字(アザナ)が伝わっていません。

その為、字なしとなりますが…。

近年、ゲーム等で三国志の武将というのはかなり有名になりましたが…。

この男ももっと有名になってもなんらおかしくない活躍をしているのですが、かなり地味な武将にとどまっていますね。

この男が話に出てくるのは呂布(リョフ)の配下としてです。

恐らく、丁原(テイゲン)-董卓(トウタク)-呂布という流れで仕えていると思うのですが…。

呂布の配下で猛将というと、真っ先に浮かぶのが張遼(リョウリョウ)かと思いますが、この男もかなりの猛将です。

恐らく、呂布の配下として張遼よりも位は上の人物だったと思われます。
(張遼を率いている記述がありますしね。)

攻撃したら必ず敵を討ち破るという所から彼の異名は「陥陣営」。
(敵の陣営を必ず落とすという所から…。)

まさに猛将と言えますね。

しかも、臧覇(ゾウハ)に対するやり取りでは、しっかりと状況を把握できており戦略眼も感じられます。

高順の人となりは…。

寡黙な男で、清廉潔白。
威厳があり一切酒を飲まなかったそうです。

しかも、呂布に対してはかなりの忠誠心を持っていて時には諫言も行ったそうですね。
(でも、それを呂布に疎まれているようですが…。)

なかなかできる男ですよ。

ちなみに「蒼天航路」という曹操(ソウソウ)を主人公としたマンガではなかなか渋い役割をしています。

ただ、問題としては呂布軍の軍師である陳宮と折り合いが悪かったそうです。

勝手に想像するに…高順は「自分こそ呂布の一番の配下」と思っていたのではないでしょうか。

それに対し、右腕のようにふるまう陳宮が疎ましかったのでは?なんて想像しています。

気になる所は、呂布が曹操に負けて主だった武将が捕らえられた際に、陳宮、張遼は曹操が惜しんで配下にしようとしているのに対し、高順は問答無用で処刑されてますね。

あの人材マニアの曹操が…。

私としては、かなり気になる所ですね。

何が不満だったのでしょうか…。


コメントで頂いたように「もし、高順+陳宮が劉備に仕えたら」…。

この高順という男は間違いなくプライドの高い関羽(カンウ)、張飛(チョウヒ)と折り合いが悪く、劉備も陳宮は頭脳として必要なのでかばったとしても、高順はそれ程必要視せず(必要なんですが、関羽、張飛をなだめてまでというレベルではないでしょうね)あまりかばう事をしないでしょう。

そうなると、陳宮と折り合いの悪い高順は武将仲間であるべき関羽、張飛とも折り合いが悪く、戦場での活躍の場を失ってしまうと考えられます。
(戦の際に出陣はするが、手柄をあげれそうもない位置に布陣させられたり…。)

高順が劉備陣営で成功するには…。

劉備軍が蹴散らされる程の状況で、彼がひとり八面六臂の大活躍をする事(要は関羽、張飛に自分が必要であると認めさせる事)と、陳宮に対し、高順から折れて親交を結ぶ事が必要でしょうね。

そうすると、高順が機能しだし、かなり強力な劉備軍が出来上がると思われます。

個々の能力だけを並べると、関羽、張飛、高順、陳宮というメンバーがそろえばかなり強力なんですが…。
(しかも、徐州を治めている頃の劉備なら陳羣/チングン もいますしね。)

人は感情、プライド等々のしがらみがあるので、なかなかうまくやるのは難しいですね。

地味な感じがぬぐえない名将高順。

恐らく、活躍の時間が短かった事と、曹操に選ばれなかった事が彼の評価を低くし、地味な印象を与えてしまっているんでしょうね。

でも、私は結構好きですよ。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

ラベル:三国志 高順
posted by たか at 08:47| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】