ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年05月14日

龍馬暗殺の謎

龍馬の暗殺についてはこのブログで何度か記載してきましたが、今日は誰がというのではなく、単純に「おかしいな」と思う所を列挙したいと思います。

まず、龍馬暗殺直後に真っ先に現場に着いた面々。

龍馬の隠れていた近江屋は土佐藩亭と河原町通りを隔てた真向かい(数メートル)でした。

にも関わらず、駆けつけたメンバーは薩摩藩の吉井幸輔、土佐藩の田中光顕、谷干城、毛利恭介、海援隊隊士の白峰駿馬等々だそうです。

土佐から数人来てますが、重要なのは土佐藩邸から何の救援の手も差し伸べられてない事です。

当時の龍馬の状況を普通に考えると、脱藩の罪も許されているし、土佐藩邸として動いてはいけない理由は無い訳です。
(もちろん、中岡も脱藩の罪は許されてます。)

にも関わらず動かない。

ここは?マークですよね。

また、軍鶏を買いに行っていた峰吉は帰ってきて龍馬が暗殺されているのを知ると、海援隊本部へ向かったそうです。

何故海援隊なのか?と言いたくなりますよね、目の前に土佐藩邸があるのに…。

峰吉の証言も現場遺留品の屏風の図が違っていたり、龍馬、慎太郎の葬儀は夜であるにも関わらず昼と証言していたり、龍馬の近江屋への移転を半年から一年前と言っていたりするそうです。
(本当は事件の一か月ほど前)

また、一応実行犯とされる見廻り組の今井の証言に「6畳間には3人の書生がいた」とあるのと、渡辺の証言に「これは十三、四歳くらいの給仕か、右の動作に驚き自分の前の机の下へ頭を突っ込み…子供ゆえに、そのまま見逃し候…」等と、両者そろって龍馬、慎太郎以外に人がいた事を物語っています。

が、彼らは誰だったのだろう…結局調べられる事は無かった訳ですね。

また、今井は当初自分は見張り役と言っていたのを30年後、「近畿評論」に掲載された「今井信郎氏実歴談」において実行犯に突然変わってます。

ここにも?が存在します。

近藤勇が流山で捕まった際、龍馬暗殺の嫌疑がかけられている為、かなりの尋問をうけましたが、アリバイがあるにも関わらず谷干城が龍馬暗殺の実行犯は新撰組と決めつけて、斬首、獄門という惨刑に処してます。

何故、決めつけているんでしょうか…。

谷干城は龍馬が暗殺された現場にいち早く駆けつけた一人ですね。

どうも、どうしても新撰組のせいにしたいような印象も受けます。

しかも、谷干城は晩年、見廻り組の今井が龍馬暗殺について語った内容に「今井の売名行為!!」と反論をしてます。

しかも、6年も経ってから…。
(「近畿評論」に掲載された「今井信郎氏実歴談」が発表されてから6年)

何故売名行為と反論したのか、また、何故6年も経ってからなのか…。

謎ですよね。

もっと謎なのは、龍馬暗殺の瞬間です。

まず初太刀で額(もしくは目)を横なぎに斬られて、床の間に置いていた刀を取ろうとした際に背中を斬られ、龍馬が刀を手にして鞘ごと相手の太刀を受け止め(刀を抜く暇が無かった)そのまま額に相手の太刀を受け、これが致命傷となって死んだ事になってます。
(まあ、腕なども斬られているそうですが…。)

誰が見ていたのでしょうか…。

一応、中岡の証言という事になるんでしょうが、中岡も襲われてますよね。

そんなに詳しく見る余裕があったんでしょうか?

さらに謎なのは、中岡はこの日から約二日程度生きていたそうですが、その体には三十数か所の傷があったそうです。

ここも私のふに落ちない所です。

暗殺というものはそんなに斬るものでしょうか?

しかも、そこまで斬られながら二日間生きているという事は、致命傷が無かったという事になります。

普通、暗殺目的で入ってきた集団は、やはり剣の腕に覚えのある人物であると考えられますので、そんな暗殺をするのでしょうか?

やはり急所を狙うんじゃないですか?

どうも素人くさい話ですよね。

もし、ターゲットはあくまで龍馬で中岡は殺すつもりはなかったからなんて言う人がいるんでしたら、それは全くあり得ないですよね。

暗殺なんで、目撃者は殺すでしょう、普通。

そのあたりに、かなりの胡散臭さを感じてしまいます。

龍馬を暗殺実行犯の諸説の中で、中岡説は多くの人が「とんでもない説」と言ってますが、そんなにとんでもないんでしょうか?

どうも、龍馬を仕留めた手際と中岡を仕留めた手際が違いすぎるような気がするのですが…。

どうでしょう…。

私は中岡説もありと思っている(このブログでも2009年9月24日「龍馬暗殺2」で記載しました。ファンブログ版をご覧の方はリンク集から私的歴史道seesaa版に行って頂ければご覧いただく事ができます。)理由は、実はここなんです。

普通に考えたら龍馬を襲った暗殺集団と中岡を襲った暗殺集団は同じ集団と考えるべきですね。

そう考えたら、どちらも同じ手際で暗殺されていなければならないんです。

しかしながら、手際が違うように思えてしまう…。

龍馬暗殺の瞬間の描写もそうですが、絶対にそこで見ていた人がいたんです。

もし、中岡が龍馬暗殺犯だったら…。

その瞬間の描写は話す事ができます。

また、龍馬と中岡の手際の違いも納得できます。
(中岡が犯人だった場合は、事件を知り最初に駆けつけたメンバーに中岡が殺される訳で、龍馬の暗殺犯と違う人に斬られる訳ですからね。)

この暗殺の描写について色々と記載してきましたが、「そんなん今井信郎の証言やろ!!」なんてツッコミも聞こえてきそうですが、今井の初太刀の証言は「先頭の武士がためらいもなく抜刀し、龍馬の左の胴を斬り付けた」というもの。

現在、龍馬を斬った際に部屋にかけられていた血しぶきのついた屏風が残ってますが、その血しぶきの高さから座っている人物の額を横に斬った際に飛び散ったものという検証がされているそうです。

という事は…初太刀は額を割ってますよね。

もし胴であれば屏風の血しぶきをどう説明するのかという問題があります。

胴を払って額を割るという形だと、血しぶきの高さが変わりますよね。
(胴を払われると体は普通折れるでしょう。)

という事はやっぱり初太刀は額を横なぎした訳ですよ。

今井の証言に胡散臭さが出てくるわけですよ。

このあたりも結構?なんですよね。

龍馬の暗殺っていろんな説がありますが、何故かこの人の暗殺って客観的に見た説明がないんですよね。

私も含めて、何らかの思い入れというか、最初から色をつけて考えているような説が多いです。

もっと、警察の現場検証のように、淡々と事実関係を洗い出して理屈で説く説明を聞きたいものです。


真説 龍馬暗殺 (学研M文庫)

新品価格
¥660から
(2010/11/9 02:34時点)




龍馬暗殺 最後の謎 (新人物文庫)

新品価格
¥700から
(2010/11/9 02:36時点)




龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)

新品価格
¥700から
(2010/11/9 02:36時点)




龍馬を殺したのは誰か--幕末最大の謎を解く (河出文庫 あ 19-1)

新品価格
¥798から
(2010/11/9 02:36時点)




真説 龍馬暗殺 (学研M文庫)

新品価格
¥660から
(2010/11/9 02:37時点)





『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議

posted by たか at 01:35| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】