ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年08月27日

斎藤一という不思議な人

今、大河ドラマでは龍馬伝をしてますが…。

近藤、土方、沖田であろう人達は出てきますが…。

龍馬伝のキャストを見ると近藤勇しか出ていません。

まあ、画面では土方と思われる人、沖田と思われる人が出ていますが…。

せめて永倉、斉藤、原田くらいは出てほしいな…なんて思っています。

そんな事を考えていたら斎藤一の記事を書きたくなりました。

斎藤一は新撰組では三番隊隊長や撃剣師範などを務めた人で、明治に入っても西南戦争なんかで活躍している人ですね。

新撰組の中でも、その剣の腕はかなり上(一説によると最強だったという話)のランクだったそうですね。

斎藤一の写真をご覧になったことはおありでしょうか…。

こう言っては失礼ですが、かなりな異相ですよね。


耳はとがり、肌や表情から、結構無機質な感じをうける人です。

多くの人をあやめてきた事が表情に出てるんですかね。

でも、この人、なかなか謎な人ですね。

新撰組の全身前身、浪士組を結成した際に入隊しているはずですね。
(まあ、試衛館以来の近藤の同志という説もありますが…)

でも、あの清河八郎が結成した浪士組のメンバーではないですよね。

大体、剣の流派からして、無外流と一刀流という説がありますね。
(無外流の方が有力のようですが…)

この人の謎の行動はいくらかありますが…。

まずは御陵衛士ですね。

この人は伊東甲子太郎の起こした御陵衛士について行ってますが、後に新撰組に戻ります。

一応、これは新撰組からのスパイという事になってますが…。

真相は謎ですね。

また、戊辰戦争で新撰組は会津から仙台、函館と転戦していきますが、この人は会津藩に残りましたね。

一説によると会津藩の密偵だったという話ですが…。
(維新後も、会津藩と運命を共にして移封となった斗南藩士として会津藩士について行ってますもんね。)

あながち、笑い飛ばせない話ですね。
(数年前に大河ドラマで放送された「新撰組!」では会津の松平容保とマンツーマンで謁見して虎徹を近藤に届ける役目をしてますしね。ある意味、完全に会津の密偵として描かれていたような…。)

浅田次郎氏の「壬生義士伝」では、斎藤一は左利きで龍馬暗殺の実行犯となってますが…。

ただ、Wikipediaを見ていると、以下のような記載があります。

特技の「左片手一本突き」から、斎藤は左利きだったという説もあるが、史実である可能性は低い。後世、小説家などの創作のなかで左利きとされているものもあるが、中島登の残した絵図の描写では、右利きの者と同じ位置で刀を構えている。

まあ、Wikipediaだけに、絶対正しいとは言えませんが…。

私もこのブログを立ち上げた頃に記載した龍馬暗殺1(2009年9月23日の記載 ファンブログ版をご覧の方はリンク集より私的歴史道seesaa版に飛んでいただければご覧いただく事が出来ます。)でも記載しましたが、龍馬暗殺の実行犯ではないのと、この人が左利きだったら、もっと左利きという話が有名になっていると思われますので、彼の左利き説はあり得ないと考えています。

維新後は東京で警視官になって警視局の警部補になったそうですが、西南戦争で抜刀隊として参加し、天才的な剣技と指揮力薩摩を圧倒したそうですね。

その後は東京高等師範学校で守衛なんかをしていたそうですね。

彼の最後は大正4年(1915年9月28日)に胃潰瘍の為死んだそうですが、その最後は突然起き上がって床の間に正座をして死んだそうですね。(享年72歳)

ある意味、不思議な人です。

なんかこの人ってちょっと危険なにおいがするのは私だけでしょうか…。

ちなみに…

永倉は晩年、その弟子に「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」と語ったそうです。



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャルソフト 検索機能&写真付 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト



新登場!!冊子版 新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリスペシャル全119ページ写真 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細冊子版スペシャル



新登場!!新撰組全隊士456人とその生涯ドキュメンタリSPソフト+冊子版119ページ 新撰組結成期から五稜郭函館戦争まで全隊士456人詳細プログラムソフト



『龍馬の如く 自分らしく幸せに生きる82の法則』



龍馬の謎 サザエさん家の不思議


posted by たか at 02:32| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

黄巾の乱 経緯

先日、ブログのデザインを「レッドクリフ」に変更しました。

別に心境の変化があった訳ではなく…。

ただ単に、前のデザインでは本文が読みにくいのでは?とずっと思ってました。

せっかく、私のブログに訪問頂いた方に字が読みにくいデザインでは申し訳ないという思いがずっとありましたので、今回変更させていただきました。

私はこの2〜3カ月は龍馬伝の感想しか書いてませんでしたので、せっかく三国志モノのデザインに変更しましたので、ここで三国志ネタを一つ。

このデザインから行くと赤壁の戦いについて記載するのがいいのかも知れませんが、こちらは色々と思う事はあるのですが、まとまっていないので、黄巾の乱にしようと思います。
(三国志の初めですしね。)

私は今年の5月8日にも黄巾の乱というタイトルでブログを書いてますが、黄巾の乱と言いながら結局張角(チョウカク)の事しか書いてないなと思い、再度記載しようと思います。


この頃の漢の皇帝は霊帝と謚(オクリナ)される皇帝です。

字を見てお察しの通り、「霊」という字が用いられているという事は、暗愚な皇帝だったという事です。

中国の皇帝はみなちゃんとした指名を持ってますが、死後に謚を送られます。

その謚には決まりがあって一番優れた皇帝を「文」とします。
(文帝とか聞いた事があるかと思いますが…)

その次を「武」とするといった形で、死後にその皇帝の評価がされる訳ですね。

「霊」というのは下の方に属しますので、やはり暗愚だった訳です。

例えば売官制度。

この皇帝が即位した頃の漢王朝の国庫は貧しかったそうです。

その為、この人はお金儲けに執着したようですね。

官職を売りに出しました。

その代金で国庫を潤そうとしたようです。

勿論、大枚はたいて官職を買った人は任地で重税を課して元を取ろうとします。

その為、農民が苦しい思いをし、耕す事を止めて流浪する人達が多く出てきました。

そんな人達を集めたのが黄巾党ですね。

太平道という宗教を起こし、そこの信者として取り入れて言った訳です。

信者が増えるにつれ、張角は信者を三十六の編成して、政権の中枢にいた宦官(カンガン)等も信者にして、一斉蜂起によるクーデターを起こそうとしたんですね。

勿論、秘密にしていたのですが、ばれてしまいます。
(まあ、組織が大掛かりですからね。)

そこで洛陽の工作を担当していた馬元義(バゲンギ)が捕まって車裂きの刑で処刑された事により決起が早まって、官軍に鎮圧されるのはご存じの通り。

しかしながら、この決起が起こる7年前にすでに太平道の対策を上書した人がいました。

楊賜(ヨウシ)という人です。

この人は司徒という当時の朝廷で最高ランクの職の一つについてました。

「張角は百姓をたぶらかしてけしからぬ者ではあるが、州郡に命じて捕討すればかえってよけいまずい事になるおそれがある。そこで州の刺史に命じて信者を取り調べ、その戸籍に護送し、その党を孤立、弱体化させた後に渠帥(キョスイ/頭目)を誅殺すれば労せずして平定できる。」

と言いましたが、勿論暗愚な霊帝。

不愉快な報告を聞くのがいやで、そういう報告をした者はしばしば解任されてます。

ご多分にもれず楊賜も解任されました。

この暗愚な皇帝は黄巾党が決起するまで、正確な情報を持ってなかったんです。
(まあ、決起した後まで、正確な情報を持ってませんでしたが…。)

いわば、黄巾の乱というのは漢の霊帝が招いてしまったものなんですね。

ちなみに楊賜という人は後に曹操(ソウソウ)の配下で不遇な死を遂げる楊修(ヨウシュウ)のおじいさんですね。

トップがダメなら下が不幸になるという一例ですね。



『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】


ラベル:三国志 黄巾の乱
posted by たか at 03:07| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

龍馬伝34話を見て

あれれ!!

いつからずれていたんだろう…。

8月22日の龍馬伝のブログを記載したのですが…。

すみません。1話ずれてました。

タイトルを33話から34話に変更させていただきました。
すみません。

確認したら31話が2回ありました…。

面目ない!!

それでは、以下本文…。


とうとう、長次郎が切腹しましたね。

長次郎は大泉さんの雰囲気など、なかなか好感を持てる演出でしたね。

なるほどね…。

亀山社中は利益をあげてはいけないという所から他のメンバーと衝突させましたか…。

まあ、演出としてはありですね。

ただ、今の社会に生きる人達の通念や幕末好きの人達からすると少し「?」がでるもめ方だったような…。

「商社が利益をあげてはいけない理由とは何なんだろう?」

とか、

「武士は食わねど高楊枝!」って、収入なかったら餓死するだけやんけ!!

とか、

「武士は食わねど高楊枝」って言葉もあるけど、江戸末期と言えば結局食べて行かないといけないので、武士といえども浪人は、傘張り浪人等の内職、人足として働いて食いぶちを稼いでいたんでしょ?

なんて、かなりのツッコミどころも満載ですよね。

亀山社中って本当に「利益をあげない」という事を前提としていたのでしょうか?

確かに、亀山社中解散の際には多額の負債があったのも事実ですが…。

ちょっと、突飛過ぎる演出に感じました。
(まあ、先週のブログでも記載しましたが…)

しかしながら、近藤長次郎。

運がなかったのは確かですよね。

あの晩に海が荒れず、密航していたら…。

おそらくイギリスに渡り、彼の夢は実現されていたでしょうね。

また、元々商人の長次郎は、イギリスで商売を起こし、成功していたかもしれませんね。

日本も、翌年には大政奉還ですよね。

イギリスで数年商売して、日本に帰国したら…。

その頃の日本は全く違うものになってますので、恐らく、罪に問われる事もなかったんじゃないでしょうか?
(陸奥宗光や岩崎弥太郎なんかに取り成してもらえる事も考えられますしね。)

彼の切腹は龍馬不在の折に行われました。

龍馬は後に彼の死に対してこう言っています。

「己が居ったら殺しはせぬのぢゃった」

「術数有り余って至誠足らず。上杉氏(長次郎の変名上杉宋次郎のこと)身を亡ぼす所以なり」
(以上龍馬の言葉はWikipediaより伐採。)

この人も、惜しい人物ですね。




龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2010/11/10 02:29時点)



【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

新品価格
¥18,717から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)

新品価格
¥18,133から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:25時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:26時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

新品価格
¥19,500から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―2(season2)

新品価格
¥19,942から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―3(season3)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



posted by たか at 00:01| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】