ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年12月15日

三国志 蜀の功績ランキング

三国志って多くの人が活躍しますが…。

じゃあ実際にその査定はどうなんだろうと思う時があります。

その功績は正史の三国志と三国志演義ではまた違うのかも知れませんが…。

雑多に多くの三国志関連の本を読んできて感じるその功績を私なりに記載したいと考えております。

第一回は蜀の武将について。

第一位 諸葛亮孔明(ショカツリョウコウメイ)

これについては恐らく誰もが納得する所と考えております。

評価のポイントとしては、やはり流浪の劉備(リュウビ)に明確なビジョンを与えた事ですね。

また、三国志の最大の山場ではありますが、赤壁の戦い(レッドクリフで有名ですね)において呉との連合を果たした事ですね。

風を呼んだり、10万本の矢を用意したりというのはフィクションなので、評価対象から外します。

また、劉備亡きあとも蜀を一身に背負い内政から外交、戦争までを一手に引き受け、過労死に至った経緯を考えても、この人が1位でしょう。


第二位 趙雲子龍(チョウウンシリュウ)

この人の功績で一番なのはやはり長坂の一騎駆けでしょう。

曹操(ソウソウ)の大軍の中を駆けまわり劉禅(リュウゼン)と甘夫人(カンフジン)を保護したくだりは三国志の中の名シーンの一つですね。

漢中攻めの際に黄忠(コウチュウ)の救出及び見事な撤退戦はこの人ならでは。

夷陵の戦い(イリョウノタタカイ)では関羽を殺されて見境が効かない劉備に対して諌めた辺りもこの人の功績ですね。

何より、活躍が長かったのもこの人の功績と言えます。


第三位 関羽雲長(カンウウンチョウ)

劉備挙兵依頼の股肱の臣の一人で、蜀攻略以前は劉備の戦の殆どに参加した猛将ですね。

劉備の戦は負けが殆どですが、この人がいなければさらに酷い負けを喫していたでしょうね。

ただ、残念なのは…。

華雄(カユウ)を斬ったのは三国志演義のフィクションで実は孫堅(ソンケン)が斬っていたり、顔良(ガンリョウ)、文醜(ブンシュウ)を斬った(正史では顔良のみ)のは曹操幕下の折で蜀における功績では無い所ですね。


第四位 張飛益徳(チョウヒエキトク)

この人も劉備挙兵依頼の股肱の臣。

関羽と共に多くの戦に加わりましたが…この人の場合失敗も多かった。

三国志の中ではその豪勇は屈指の物ですが、いかんせん、おつむが弱かった為、失敗も数々あります。

一番の功績は長坂での仁王立ちですね。

一喝で曹操軍を退けた辺りは流石と言わざるを得ません。

ちなみに三国志演義では張飛翼徳(チョウヒヨクトク)となっています。

何故著者が名前をかえたのかはわかりませんが…。


第五位 馬超孟起(バチョウモウキ)

ちょっと意外に思われる方もおられるでしょうが…。

それもそのはずで、この人、君主として君臨していたころは数々の武勇がありますが、劉備配下になってからは殆ど功績がありません。

彼の蜀における唯一といってもいい功績は劉章(リュウショウ)を降伏させた事ですね。

これは大きいですよ。

劉章は馬超が劉備に帰順した事を知って、降伏に踏み切った訳ですね。

これが長引いていれば、蜀は無かったかもしれませんしね。


以上がざっとした所です。

勿論、夏候淵(カコウエン)を斬った黄忠や、かなり長い活躍をした廖化(リョウカ)、外交官での功績や蜀科の作成にも尽力した伊籍(イセキ)等も候補として考えたんですが、やっぱり上記の辺りが妥当と思います。

でも、我ながら…。

結構普通な人選ですね。

posted by たか at 18:25| Comment(16) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

2011年大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」

12月も半ばになって、いよいよ2010年も終わりですね。

2011年の大河ドラマは「江〜姫たちの戦国」です。

この所、幕末だった大河ドラマが一気にまた戦国時代に戻りました。

ドラマのネタとしては良い所に目をつけていますよね。

市とその3人の娘は確かに数奇な運命に翻弄されますもんね。

来年の大河ドラマに向けて、キャストを見て予習をしてます。

ちょっとお気に入りのキャストは黒田官兵衛を演じられます芝俊夫さん。

芝俊夫ファンではないですが(でも結構すきな俳優ですよ)、黒田官兵衛に合いそうですね。

また、豊臣秀長も出てくるんですね。

これはちょっと興味があります。

豊臣秀吉を語る上で欠かすことのできない存在であるはずの秀長って、あんまり出てこないですもんね、ドラマなんかだと…。

豊臣政権は秀長の死を境に下り坂になりますもんね。

そんな秀長はドラマや映画に出てくると、本当に田舎のあんちゃんという感じに描かれるか、品行方正な弟として描かれますが…。

今回はどんな秀長を見せてくれるのでしょうか。

浅井長政を時任三郎氏が演じるのもいいのですが、浅井長政の享年は29歳。

ちょっと年齢が…。

でも、渋いからいいか。

それよりも気になるのは、竹中半兵衛が出てくるのかどうかという所。

浅井家が関わっているので、出てくるはずなんですけどね。

また、竹中半兵衛は誰が演じるのかですね。

まあ、原作を読んでないので、竹中半兵衛が出てくるかどうかは知りませんが…。

posted by たか at 16:13| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

龍馬伝 岩崎弥太郎

龍馬伝が終わって2週間が経とうとしていますが…まだ龍馬伝ネタです。

ドラマとして見て、岩崎弥太郎は良い味を出してました。

この岩崎弥太郎の描き方については放送当初から色々とクレームがありましたもんね。

あの三菱財閥からのクレームでしたね。

汚すぎると…。

しかしながら、龍馬伝は全くその汚さや自己中さ、傲慢さを変えずに放送し続けましたね。

それはそれで凄いですが…。

しかも、あの最終回の弥太郎の死にざま…。

私も「ちょっとひどいよな」とは思っていたんですが、ネットで検索したら批判があったようですね。

週刊ポスト2010年12月17日の号に載るそうですが

 『龍馬伝』岩崎弥太郎死亡シーンに弥太郎の子孫唖然とする

という記事です。

問題のシーンはテロップが流れている所で目を見開いて横たわる弥太郎のアップが流れるシーンですが…。

その記事によると…。

弥太郎の玄孫(やしゃご=孫の孫)に当たる民主党の衆議院議員・木内孝胤氏は…

「確かに最後の岩崎の死に方はエーッと思いましたね。ドラマは個人的には楽しませてもらったけれど、最後はあのような死に方じゃなくて、もう少し偉業を成し遂げたシーンを盛り込んでもらいたかった」

曾孫の熊本大学名誉教授で、地質学・古生物学の権威である岩崎泰頴氏は…

「(弥太郎は)病院に入院して死んだと私は聞いていたのですが……。3代も前のことで『龍馬伝』の岩崎像が事実かどうかもわかりません」

とコメントされているそうです。

じゃあ、実際の弥太郎はどうだったのかというと…すみません。

私は明治以降はあまり興味が無く、細かい所まで詳しくないのでその記事から抜粋させていただきます。


史実はというと、弥太郎は胃がんのため50歳でこの世を去った。

 晩年は六義園(岩崎家別邸)で療養していたが、明治18年(1885年)2月7日の夕刻、家族と主だった部下を病床に集めて激痛に耐えながら遺言を告げ、息を引き取った。最期を看取った医師によると、「多くの人の臨終に立ち会ったが、かくの如く森厳な力のある遺言を述べ、従容自若、死に対した人を見たのは初めて」(『岩崎彌太郎傳』)だったという。


『岩崎弥太郎と三菱四代』(幻冬舎新書)の著者、河合敦氏はこういう。

「弥太郎の最期は状況がはっきりしているので、ドラマは完全に作り話です。フィクションとはいえ、見た人の中にはドラマの内容が史実だと思ってしまう人も多いでしょうね」


との事ですね。


確かに、この龍馬伝では岩崎弥太郎は本当に色のついた描き方をしていました。

恐らく一代で三菱財閥を築いた岩崎弥太郎という男は、勝手に想像するに、バイタリティーの塊だったであろうと思われます。

そこを表現したかったという事でしょうか。

別に、最後の弥太郎が死ぬシーンは史実通りでも十分に格好良く、十分にバイタリティーあふれた男の最後を描くことができたんじゃないかと思いますが…。


posted by たか at 00:02| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】