ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年12月15日

三国志 蜀の功績ランキング

三国志って多くの人が活躍しますが…。

じゃあ実際にその査定はどうなんだろうと思う時があります。

その功績は正史の三国志と三国志演義ではまた違うのかも知れませんが…。

雑多に多くの三国志関連の本を読んできて感じるその功績を私なりに記載したいと考えております。

第一回は蜀の武将について。

第一位 諸葛亮孔明(ショカツリョウコウメイ)

これについては恐らく誰もが納得する所と考えております。

評価のポイントとしては、やはり流浪の劉備(リュウビ)に明確なビジョンを与えた事ですね。

また、三国志の最大の山場ではありますが、赤壁の戦い(レッドクリフで有名ですね)において呉との連合を果たした事ですね。

風を呼んだり、10万本の矢を用意したりというのはフィクションなので、評価対象から外します。

また、劉備亡きあとも蜀を一身に背負い内政から外交、戦争までを一手に引き受け、過労死に至った経緯を考えても、この人が1位でしょう。


第二位 趙雲子龍(チョウウンシリュウ)

この人の功績で一番なのはやはり長坂の一騎駆けでしょう。

曹操(ソウソウ)の大軍の中を駆けまわり劉禅(リュウゼン)と甘夫人(カンフジン)を保護したくだりは三国志の中の名シーンの一つですね。

漢中攻めの際に黄忠(コウチュウ)の救出及び見事な撤退戦はこの人ならでは。

夷陵の戦い(イリョウノタタカイ)では関羽を殺されて見境が効かない劉備に対して諌めた辺りもこの人の功績ですね。

何より、活躍が長かったのもこの人の功績と言えます。


第三位 関羽雲長(カンウウンチョウ)

劉備挙兵依頼の股肱の臣の一人で、蜀攻略以前は劉備の戦の殆どに参加した猛将ですね。

劉備の戦は負けが殆どですが、この人がいなければさらに酷い負けを喫していたでしょうね。

ただ、残念なのは…。

華雄(カユウ)を斬ったのは三国志演義のフィクションで実は孫堅(ソンケン)が斬っていたり、顔良(ガンリョウ)、文醜(ブンシュウ)を斬った(正史では顔良のみ)のは曹操幕下の折で蜀における功績では無い所ですね。


第四位 張飛益徳(チョウヒエキトク)

この人も劉備挙兵依頼の股肱の臣。

関羽と共に多くの戦に加わりましたが…この人の場合失敗も多かった。

三国志の中ではその豪勇は屈指の物ですが、いかんせん、おつむが弱かった為、失敗も数々あります。

一番の功績は長坂での仁王立ちですね。

一喝で曹操軍を退けた辺りは流石と言わざるを得ません。

ちなみに三国志演義では張飛翼徳(チョウヒヨクトク)となっています。

何故著者が名前をかえたのかはわかりませんが…。


第五位 馬超孟起(バチョウモウキ)

ちょっと意外に思われる方もおられるでしょうが…。

それもそのはずで、この人、君主として君臨していたころは数々の武勇がありますが、劉備配下になってからは殆ど功績がありません。

彼の蜀における唯一といってもいい功績は劉章(リュウショウ)を降伏させた事ですね。

これは大きいですよ。

劉章は馬超が劉備に帰順した事を知って、降伏に踏み切った訳ですね。

これが長引いていれば、蜀は無かったかもしれませんしね。


以上がざっとした所です。

勿論、夏候淵(カコウエン)を斬った黄忠や、かなり長い活躍をした廖化(リョウカ)、外交官での功績や蜀科の作成にも尽力した伊籍(イセキ)等も候補として考えたんですが、やっぱり上記の辺りが妥当と思います。

でも、我ながら…。

結構普通な人選ですね。

posted by たか at 18:25| Comment(16) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】