ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月10日

本能寺の変、光秀の勝算

本能寺の変については色々と説がありますが、明智光秀が勝ち残る可能性があったのかという事を考えてみたいと思います。

まず、信長の人生の中でここを襲われたら本当にまずいというタイミングは恐らく、金ヶ崎退き口と本能寺でしょう。

確実に息の根を止めるという意味ではやはり本能寺の方でしょうか。

まず、よく言われている通り柴田勝家は北陸、丹羽長秀は四国への渡航準備に追われている状況、滝川一益は関東、羽柴秀吉は中国と本能寺が真空状態になっていました。

この事件における光秀の動機はともかく、このタイミングで仕掛けて、信長を討つことはできますが、その後に自分も討たれるという事に気づかない男ではないと思うのですが、結果そうなってしまいました。

この時点において、光秀が勝つとすれば畿内の武将を味方につける事が必須ですね。

しかしながら、畿内の武将が全て従った場合、彼に勝つことはできたのでしょうか?

まず、徳川家康を味方につける事は可能でしょうから、東海方面は安全となります。

次に、一益はどうか…。

歴史でもそうでしたがすぐに帰ってくるのは難しいですよね。
(実際は北条に大敗しましたからね。)

という事で東は安泰ですね。

すぐに帰ってこれるのは秀吉、勝家でしょうか。

織田の各部隊に連携は考えられないですが、秀吉、勝家はタイミング的には数日の違いで畿内に帰ってくるでしょう。
(結果、連携したような形で畿内に攻め込む事が出来ます。)

そうなれば光秀としては本隊をどちらに向けるかというのが重要になってきますが、西から秀吉、北から勝家となると恐らく秀吉に向かうでしょう。
(勝家の部隊は天王山の天嶮で時間稼ぎできますからね。)

しかしながら、腹に長秀を抱えてますよね。

こう考えるとキャスティングボードを握るのはやはり長秀。

この軍団がどちらにつくかというところ。

神戸信孝のいるこの軍団が光秀につくとは考えられないので、やはり光秀は死ぬ運命にありましたね。

ただ、長秀が仮に光秀についたならば…。
光秀の独立はかなりの確率で成功したのではないでしょうか。
(でも99%成功しないですね。)

結局、長秀を味方につけない限り成功はない訳です。

本能寺の変の動機として色々と説がありますが、野望説は長秀の軍団を手に入れたらという本当に成功率の低い賭けとなりますので、どうも野望説はないのではないでしょうか?
(本当に野望で信長を討つのであれば、もっと緻密な策謀を考えれる男だと思います。)


本能寺の変―時代が一変した戦国最大の事変 (新・歴史群像シリーズ 9)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/10 00:22時点)




織田信長と本能寺の変―戦国最大の謎光秀諜反の真相に迫る! (双葉社スーパームック CG日本史シリーズ 18)

新品価格
¥980から
(2010/11/10 00:23時点)



posted by たか at 15:25| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】