ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月14日

君主の資質

私の好きな日本の戦国時代、幕末、古代の中国において、君主と言われる人は数えきれないほどいました。

名君、凡君、暴君、暗君…。

この4タイプの君主の中で、どうしても君主自身に能力がなければできないタイプがあります。

それは暴君です。

普通、名君になるには能力が必要では?なんて事も言われるかと思われますが、能力がなくてもなれるのです。

例えば、三国志の劉備玄徳。

この男、諸葛亮を配下に迎えるまでは戦をすれば負け、政治においても何ら実績を残していません。
(徐州で領民に慕われたのは領民が曹操の恐怖から逃れたいだけの心理ですね。)

しかしながらこの人は名君と位置づけされますよね。

要は、配下の人材がそろっていて、尚かつ配下の運営に任せていれば君主に能力が無くても名君になれるのです。

凡君は可もなく不可もなくですよね。

このタイプは別に能力があってもなくてもできます。

暗君は能力があればできないタイプですね。

ただ、能力があっても側近が悪知恵の働く人ばかりだった場合、できますか…。

しかしながら、暴君は絶対に君主に能力が無ければなれません。

暴君というのは国の事や他人の事を考えず、自分のしたいことをするわけです。

普通、どんな時代にも善意や見識のある考えを持った家臣というのがいるものですが、そういった人達を抑え込むだけの力や弁舌を持っている訳です。

また、暴君というのは自分にすり寄ってきて自身の利益を図ろうとする人を嫌ったりすることもあります。
(夏の桀王や殷の紂王もそういう所がありますね。)

案外冷静な目を持っているものです。

こうしてみると、どうしても自身に能力が必要なのは暴君ですね。
posted by たか at 15:13| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】