ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月30日

JINに見る江戸時代の身分格差

今回のJINは歌舞伎役者が出てきました。

江戸時代というのはご存じのとおり士農工商という身分格差がある社会でした。

しかしながら、実力(潤沢な資金)を持っていて陰ながら実権を握っていたのは一番身分の低い商人だったそうですね。

金を持っている人は強いというのは、今も昔も変わらないようですね。

ただ、そんな中で歌舞伎役者ってどういう位置づけなのかと考えるとぱっと思い浮かびませんでした。
(というか考えた事もありませんでした。)

そこで、JINのHP(http://www.tbs.co.jp/jin2009/)の中のお江戸マメ知識を見た所、以下のような記載がありました。

時の幕府は、庶民のスター的存在であった歌舞伎役者たちを「畑を耕したりすることなく、見せ物をして金を稼ぐけしからんやつら」と認識して危険視し、彼らに憧れてそのマネをする人々が増えないようにと警戒を強めていました。その対応策として、幕府は彼らを蔑視。歌舞伎役者たちに対して「出かけるときには頭に笠をかぶれ」「絹を着用するな(着物の布地の制限)」「吉原等の歓楽街へ立ち入ってはならない」「芝居小屋の近くの定められた場所にしか住んではいけない(住む場所の指定)」などといった厳しい規制を設けて、庶民たちが憧れを抱かないようにしたってわけ。

成程。

だから澤村田之助は変装して吉原に来ていたのですね。

また、ドラマの中で橘恭太郎が歌舞伎役者、澤村田之助を侮蔑するような言動がありましたよね。

そういう位置づけだったからですね。
(納得)

JIN第8話は新しいペニシリンを精製する為に400両の金がいるという事で、金策に四苦八苦する話でした。

以前、このブログで龍馬暗殺について記載した際にも触れましたが、1両を今の価格にすると、(物の価値が今の価値とかなりばらつきがあるので一概には言えないが)米を基準に考えると約四万円、賃金で考えると三十〜四十万円、そば代金で考えると十二万〜十三万円となるそうです。

平均、10万円としましょうか。

10万としたら400両は4000万となりますよね。
(1番安い米の換算でいっても1200万。)

なんとも大金ですね。

これを用立てる訳ですから、大変ですよね。

歌舞伎役者、澤村田之助が楽屋(と思われる)に置いていたのはそんな大金だったのです。
(凄いねぇ。持ち歩いてるんだから…。)

この400両を貸すのと引き換えに澤村田之助は橘恭太郎に江戸の庶民達の前で土下座して自分にお金を貸してくださいと言わせます。
(結局、澤村田之助は貸すのではなく、与えてますが…。)

現代人である我々からすれば「多くの人の前で土下座して4000万円もらえるならするよ」なんて考える人も多いと思いますが…。

あの時代では武士の土下座の値段が4000万という事ですよね。

凄いですね。

橘恭太郎はかなり落ち込んでいましたし、こんなことしかできない自分を恥じてましたが…。

あの後の事はドラマでも語られないのでしょうが、恐らく、江戸の瓦版などで取り上げられるのでしょう。

しかしながら、以前「ペニシリンを作った南方仁」とか「南方大明神!」なんて言っていた人達ですから、瓦版も「ペニシリンを守るために土下座をした武士!」なんて、案外好意的にとらえてくれるのでは?なんて思ってます。

話を戻しますが…。

緒方洪庵が死んだ時も洪庵は「未来の世の中はまっ平らな世の中ですか?」なんて言ってます。

現代人からは身分格差を想像するのは難しいですが、それほど大変で、人々に重くのしかかる物だったようですね。

ちなみに「澤村田之助」というのは歴史上本当に存在する人物で、1年に千両稼ぐと言われた伝説の役者だそうです。
(って人件費で考えたら30億〜40億!!すげぇ〜)

JIN-仁- DVD-BOX

新品価格
¥17,856から
(2010/11/10 00:43時点)



ラベル:ドラマ 幕末 Jin
posted by たか at 03:29| Comment(0) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】