ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月10日

私の好きな軍師ランキング(三国志)

12月8日のブログで、日本の戦国時代における私の好きな軍師ランキングを記載しましたが、今回は三国志バージョンで記載したいと考えております。

あくまで独断と偏見で記載します。

1位 徐庶
2位 荀ケ
3位 郭嘉
4位 周瑜
5位 諸葛亮

といった所でしょうか。

1位の徐庶というのは、単に私が三国志の登場人物の中で一番好きなだけです。

まあ、正史の徐庶はあまりエピソードが無いですが…。

というのも、単独の伝が立てられてないんですよね。
(魏略にはあったらしいですが…。)

一般的には諸葛亮を劉備に推薦した人。

この人の場合、演義のエピソードで好きなんですが…。

若い頃は撃剣の使い手で友人の敵討を引き受け、役人に捕らわれます。

友人に助け出されるのですが、心に強く感ずる所があって剣を捨て、学問に励むようになり、荊州で諸葛亮等と親交を結んだ人です。

演義では、劉備に自分を売り込み、軍師になります。

直後に責めてきた曹仁・李典の軍を破り、再度、曹仁、李典が二万五千の兵で南下するが、曹仁の八門金鎖の陣を二千の兵で破り、一躍有名になります。

曹操は曹仁の敗戦を聞き、程cから徐庶の名を聞きます。

人材コレクターの曹操はどうしても徐庶が欲しくなり、徐庶の母を手厚く保護し、その筆跡を真似て「帰ってきてほしい」と書いた偽手紙を徐庶宛てに出します。

それにだまされた徐庶が泣く泣く劉備と別れ、「曹操の為に献策はしない」と劉備に誓い、自分の後釜として諸葛亮を推挙し、曹操の元にやってきます。

その徐庶を見た母親が「私がそんな事を書くと思っているのか?劉備に仕えて、やっと息子も良い活躍の場ができたと喜んでいたのに曹操の姦計にはまって帰ってくるとは!」と言って自殺します。

徐庶は自分の行動によって母親を自殺に追いやり、後悔の淵の中で余生を送る事になる訳ですが…。

この人の好きな所は、できる男が姦計にはまり、自らその才を封じて
しまった所に、どうしても「惜しい」という感情が湧くからなんでしょうね。

ちなみに、正史では、曹操軍の追撃から逃げる劉備軍は長坂で捕まります。

民衆十万人を引き連れての行軍だったので追いつかれたのですが、この乱戦の中で、徐庶の母親が曹操軍にとらえられます。

徐庶は劉備の元に行き、「元々将軍と共にあろうとしたのは(胸を指して)方三寸の所にてです。今母を捕らえられ方三寸は乱れております。これにて失礼いたします。」と言って去って行った訳ですね。
(ちなみに、諸葛亮はすでに劉備陣営にいます。)

これはこれでかっこいいとは思うのですが…。

やはり演義でのエピソードがぴか一ですね。

2位の荀ケは私が考える三国志ナンバーワンの軍師です。

この男がいなければ曹操は天下の三分の二を取ることはできなかったと思ってます。

清廉潔白な人柄に冴えわたる頭脳。さらに人を見る目が確かで、彼の推挙した人材は次々に曹操陣営においてかけがえのない人材となりました。

凄いですよね。
(ちなみに、このブログの2009年10月14日の記事に、略歴と死因について私の考えを記載してます。)

3位の郭嘉。

この男は人物の器量を確かな目を持って正確に見抜く能力に秀でているのと、先見性もある。

官渡の戦いの前、袁紹と曹操の人と器量を比べ、十の内、十とも曹操が勝るとして戦いを押した所や、孫策の死を予見した辺り、なかなかの先見性と思えます。

赤壁の戦いで曹操が負けた時、「郭嘉さえいてくれたらこんなことにはならなかった」と言ったとか…。
(彼は病で早死にしますが…。享年38歳)

4位の周瑜は三国志演義では赤壁の戦い(映画レッドクリフの舞台ですね。)における功労者は諸葛亮という記載をしてますが、それはフィクションであって、本当の功労者はこの人。

弱小勢力の孫策に江東で地盤を築かせたのもこの人。

本当は温和で冷静沈着な男との事ですが…三国志演義はひどすぎる。

5位の諸葛亮はまあ無難な人選。

三国志演義の中の諸葛亮は私としては、どうも「できすぎ」で白けてしまうのと、ペテン師に見えてしまう所があります。

どちらかというと正史の諸葛亮の方が人間味があって親近感が湧くのですが…。

正史でみると、恐らくこの人は戦が下手です。

また、戦における人材配置も首を傾げる所が…。
(馬謖の失敗といい李厳の失敗といい…。)

しかしながら、政治においては群を抜いた手腕を発揮。

強大な魏を相手に五度(正確には四度?)の北伐を起こしながら、国を疲弊させなかった手腕は絶品。
(同じく北伐を行った姜維が国を疲弊させて蜀滅亡のきっかけを作ったのとは雲泥の差。)

まあ、軍師というより宰相なんですが…。
(ここに挙げるのは不適切か。)

OKでしょう。

以上が、私の思いつくままざっと挙げた軍師達です。

勿論、ここに出てきてない軍師でも好きな軍師はいっぱいいますよ。
(田豊とか沮授、士元/ホウトウは字が出ない や法正、陳宮や賈ク/これまた字が出ない 等々。)

本当に軍師ってすごいと思います。
(あこがれますね。)


「三国志」軍師34選 (PHP文庫 わ 12-2)

新品価格
¥680から
(2010/11/10 01:35時点)




三国志 諸葛孔明?大軍師起つ? (レンタル専用版) [DVD]

新品価格
¥1,980から
(2010/11/10 01:37時点)





『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】

posted by たか at 03:14| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】