ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年12月23日

ヒットラーの亡骸

2009年12月20日 ギズモード・ジャパンの記事で

 ヒットラーの亡骸を盗んだのは誰? 真実が明かされる
 http://digitallife.jp.msn.com/article/article.aspx/genreid=120/articleid=487074/

というものがありました。

ヒットラーという言葉よりも、私はヒトラーの方になじんでいるのでこの記事ではヒトラーとします。

正直言って私はこのあたりの歴史に詳しい訳ではありません。
(ちょっと生々しすぎて勉強する気になれないのです。)

ただ、ヒトラーは勿論知ってます。
(詳しくはないですが…。)

ドイツの国家元首になり、ファシズムを推進。
ユダヤ人の迫害等々、悪名高き人ですね。

ヒトラーのユダヤ人迫害の理由は、実は自分がユダヤ人なので、第二のヒトラーが出てきて自分の地位を脅かす事を恐れた為と昔聞いた事があります。
(真偽の程は判りません。)

そんな悪名高いヒトラーですが、彼が国家元首になった頃等はかなり人気があったようです。

日本でも、ヒトラーが国家元首になった際の新聞の見出しは「情熱の政治家、ヒトラーが国家元首に」と記載されたそうで、好感をもたれていた事がうかがわれます。

その最後は、側近が戦況について本当の事をヒトラーに伝えていなかったようで、戦争に負け、自分の後任等政治的な遺言の残し、ベルリンの地下壕で愛人だったエヴァ・ブラウンと結婚式を挙げ、その翌日に愛犬ブロンディを自ら毒殺し、妻エヴァ・ブラウンと共に自殺したそうです。

自殺の際にはヒトラーは拳銃を用い、エヴァ・ブラウンは毒を用いたそうです。

遺体が連合軍にわたるのを恐れてガソリンがかけられて焼却され、死亡は損壊がひどかった為、側近らの証言によって確認されただけとの事。

その遺体はソ連(今のロシア)軍が回収、検死(ソ連軍の軍医が担当)され、数年後にすりつぶされて空中散布されたそうです。

その為、ヒトラー生存説が語られるようになるんですが…。
(南米のブラジルにナチス党の生き残りが多く渡ったなんて話もありますしね。)

前置きが長くなりましたが、ギズモード・ジャパンの記事によると、この度、ロシアから正式発表があったそうです。

彼等は、1945年5月に亡骸を入手し、Magdeburglにあるソ連の駐屯地に埋めたのですが、1970年にソ連軍は駐屯地を東ドイツに引き渡す事になったので、亡骸の処理の判断をどうするか判断しなければいけなくなりました。

その頃、KGBはヒトラーの埋葬地がファシズム支持者の精緻になる事を懸念していたので、亡骸を掘り起こし、Shoenebeck郊外に持って行かれ、たき火で焼かれ、すりつぶされて灰になり、Biederitz川にまかれて完全に葬り去られたそうです。

ただ、ロシアはヒトラーの頭蓋骨と顎だけは保管しているそうです。
(何故?頭蓋骨と顎で何かできるんでしょうか…。)

本当かどうかは知りませんが、悪趣味ですね。

しかし、彼が死んでからもう64年もたつのに、今なお話題になるヒトラーってやはり大物なんですね。

詳しくは冒頭のURLから記事をお読みください。


ヒトラー伝説 (COSMIC MOOK)

新品価格
¥1,260から
(2010/11/11 21:17時点)


posted by たか at 03:10| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】