ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月05日

恐怖!車懸りの陣!

車懸りの陣を御存じでしょうか?

元々、陣形というのは中国から伝わった八つの陣形がメインでした。
(鶴翼/カクヨク、魚鱗/ギョリン、雁行/ガンコウ、鉾矢/ホウシ、方円/ホウエン、堰月/エンゲツ、長蛇/チョウダ、衡軛/コウヤク)

その他、書物でのみ見れる陣形として、八卦の陣、八門金鎖の陣等がありますが…。

そんな中で上杉謙信が得意としたと伝わる陣形が車懸りの陣ですね。

陣というか戦法でもある訳ですが…。
(でもこの戦法を使うにはそれなりの陣形が必要ですよね。)

戦い方とすれば、自軍は円形の陣を取り、相手の先陣部隊に自軍の先陣があたりますが、しばらくすると陣を回転させて次の部隊が相手の先陣にあたる。

また、しばらくしたら陣を回転させて次の部隊があたる…。

という事を繰り返し、常に相手の先陣に対して新しい部隊をあてていき、相手は戦い続けて疲れが出てくるのに対し、こちらは常にフレッシュな部隊をあてる事により、圧倒的優位な戦いを展開するという陣形なんですが…。

理屈は解りますし、有効かもしれませんが、この陣って相当疲れないでしょうか?

各部隊の移動距離が半端じゃないような…。

ちなみに、相手が鶴翼の陣を取った場合、相手の用兵次第ではすぐに囲まれますよね。

勿論、鶴翼の陣というのは鶴が羽を広げた形をとり、その首に当たる部分(要は中心)に厚みを持たせる事が出来ないので、ここを突破されたら両翼は各々何の変哲もない横陣となってしまい、壊滅してしまう陣形です。

そこを車懸りで攻めてしまえばいいのですが…。

微妙な勝負になりそうですよね。

当然、鶴翼の中心を攻めに来る車懸りの陣形に対し、鶴翼は両翼を閉じて包囲する形を取ろうとしますよね。

包囲されれば車懸りの効果は全く無くなり、下手すれば方円の陣になってしまいますね。

そこが勝負の分かれ目になるんでしょうが…。

この陣形、本当に有効なんでしょうか?


天と地と 上 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:26時点)




天と地と 中 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:27時点)




天と地と 下 (文春文庫)

新品価格
¥710から
(2010/11/12 20:27時点)




posted by たか at 02:09| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】