ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年03月12日

孫策は劉備の恩人?

三国志を読んでいて一番惜しい男の死は孫策(ソンサク)ではないかと私は思います。

父親の孫堅(ソンケン)の死も惜しいですが、彼がもし生き残ったとしても歴史はどうにでも流れたと思えますが、孫策の場合はかなり違った趣になります。

孫策の死は200年となります。

このタイミングは曹操(ソウソウ)と袁紹(エンショウ)がいわゆる三国志版関ヶ原とも言える官渡の戦いを行っている最中に曹操の背後を突こうとした孫策が死んだ訳ですね。

歴史にもしもはタブーと言いますが、あえて、「もし孫策が死ななければ」という所を考えると…。

100%曹操は袁紹に負けてますね。

ただでさえかなり苦しい状況だった曹操ですから背後を孫策に突かれたら間違いなく負けます。

すると、河北に袁紹が居座った状態で本拠の許昌(キョショウ)を孫策に奪われるという状況になります。

その時点で曹操の切り札である漢王室皇帝は孫策の手に渡ります。

最悪、袁紹と孫策に挟撃されて曹操は滅亡します。

すると、袁紹陣営にいた劉備(リュウビ)は独立の機会が失われる訳です。

彼の事ですから、上手い事言ってどこかの太守にしてもらうでしょうが、そこで反乱をおこして成功するには、敵が大きすぎる勢力になっている訳です。

勿論、諸葛亮(ショカツリョウ)と出会う事もありません。

すると、参謀不在の劉備は袁紹勢力で生きていくか、独立して討伐されるかという運命をたどったと予想されます。

そういう意味では孫策の死は間接的に劉備の独立をアシストしたと言っても過言ではないと思うのですが…。




『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】



もっとアクセスUP
【もっとアクセスUP】- もっとアクセスアップ(トラフィックエクスチェンジ型アクセスアップツール)









お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱
posted by たか at 00:00| Comment(0) | 三国志 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】