ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年05月24日

龍馬伝21話を見て

とうとう、武市半平太がしょっぴかれました。

しょっぴかれるシーンは、かなり魅せてくれましたね。

とうとう土佐勤皇党は壊滅です。

それにしても、岩崎弥太郎、良い人になってきましたね。

やはり、三菱グループからクレームが来たからでしょうか…。

香川さんの演技は魅せてくれます。

また、勝海舟もちょっと魅せてくれましたね。

坂本龍馬が暇を欲しいというのに対し、「おめぇは俺の見込んだ男だ!」なんて言って止めています。

土佐に帰ったら土佐勤皇党の粛清に紛れて、一緒に投獄、殺害されかねないとの判断からでしょうね。

ただ、気になるのは…。

今回の放送の最後の方で、以蔵が捕り方に追い詰められてましたが…。

あれって新撰組ですよね。

???

岡田以蔵と新撰組って絡んでましたっけ?

私の記憶ではそんなシーンはないのですが…。

しかも、次回予告を見ていると龍馬とも絡んでますよね。

???

新撰組と龍馬って絡んでましたっけ?

こちらも、私の記憶ではないのですが…。

まあ、物語を盛り上げるためとは思いますが…。

冷静に考えたら、新撰組と坂本龍馬が絡んだシーンって無いですもんね。

でも、この時代をドラマにするにあたり、人気の新撰組を登場させない手はない。

そういった所から、こういうシーンが生まれたんですよね。

恐らく…。

新撰組好きの私としては、新撰組が出てくる事になんら文句はないですが…。
(むしろ、出てこない方が不満だったりしますが…。)

いよいよ、時代が沸騰してきました。

だんだん、龍馬伝にはまってきましたよ!!



龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



龍馬伝 完結編 (NHK 大河ドラマ・ストーリー)

新品価格
¥1,050から
(2010/11/10 02:33時点)



福山雅治 坂本龍馬写真集

新品価格
¥4,095から
(2010/11/10 02:29時点)



【外付け特典付き】NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―1(season1)[DVD]

新品価格
¥18,717から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX2 (season2)

新品価格
¥18,133から
(2010/11/10 02:24時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―3(season3) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:25時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 DVD BOX―4(season4) [DVD]

新品価格
¥13,860から
(2010/11/10 02:26時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―1(season1) [Blu-ray]

新品価格
¥19,500から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―2(season2)

新品価格
¥19,942から
(2010/11/10 02:27時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―3(season3)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX―4(season4)

新品価格
¥14,968から
(2010/11/10 02:28時点)



posted by たか at 01:04| Comment(2) | 幕末 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新撰組と岡田以蔵との関係ですね。新撰組は京の街で狼藉をはたしまくった岡田以蔵は特にマークして追い詰めたようです。武智半平太が率いる土佐勤皇党での所属で武智の命により幕府要人を殺害しまくったのですから捕り方に追いかけられるのは当然でしょうね。

また坂本龍馬と新撰組ですが、関係があったのは確かなようです。(これについてははっきりとは照明されていないようです)

Posted by rinrin at 2010年05月24日 08:47
rinrinさん!!
コメント、ありがとうございます。
そうなんですよ。
新撰組は恐らく、岡田以蔵をマークしていたと思うのですが、私の知る限りでは実際に剣を合わせていないと思います。
確か、以蔵は幕吏に捕えられたはずです。

当時は今のようにメディアが発達していなかったので、新撰組は追ってはいましたが、以蔵を見つけることはできず、実際に新撰組は以蔵とは会っていなかったと記憶しております。

龍馬と新撰組は、おっしゃる通り、実際に顔を合わせたかどうかとか…。
新撰組が追っていたとか、逆に大政奉還辺りの時期では新撰組には「龍馬に手を出すな」という指示が下っていたとか、様々な話がありますね。
Posted by たか at 2010年05月24日 18:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】