ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年01月23日

桶狭間の合戦の謎

以前、このブログで、2009年10月27日の記事「桶狭間という名の招く誤解」(fanblogをご覧の方は申し訳ございませんが、ブログの中のリンク集から「私的歴史道seesaa版」で飛んで頂くと、以前の記事を見ていただけます)で少し述べましたが、本日もまた桶狭間について記載したいと思います。

ご存じの通り、織田信長のメジャーデビュー戦で一般的には京を目指して進軍してくる今川軍を信長は約10分の1の兵力で勝利した戦いです。

ちなみに、前の記事でも述べてますが、今川は駿府(今の静岡県)にいて京を目指すという事は途中に織田、斉藤、浅井、六角と言った面々を撃破しなければ京に辿りつかないので、普通に尾張を攻めただけと思われます。

以前述べたのは
1.桶狭間の史跡は2つある。
2.桶狭間は谷ではなく山である。
3.信長の奇襲ではなかったかも?
4.手柄を立てた武将は地味。

といった事を書きました。

一部内容がかぶるかもしれませんが、また記載します。

一番基本的な謎は今川軍の正式な兵力が分かってないのです。

私も多くの本で桶狭間を読みましたが、2万4千とか3万5千とか、4万とか…「どれが本当なん?」って言いたくなるような記載でした。

ちなみにWikipediaで桶狭間の戦いを調べると下の方にまとめてあったので引用します。
(まあ、Wikipediaだけに絶対正しいデータかは保証できませんが…。)

当時の資料で桶狭間の記載がある物を列挙すると…。

甲陽軍鑑     2万余
武功夜話     3万余
徳川実紀     4万余
武徳編年集成   4万余
総見記      4万余
信長公記     4万5千
改正三河後風土記 4万5千
信長記      数万騎
絵本太閤記    5万余

ほんとばらばらですね。

当時は写真もTVもラジオも無く、当然情報に混乱はあるでしょうが、一番少ない兵力と一番多い兵力が倍の誤差って…。

恐らく、「信長が何か凄い事をした!」っていう感覚でいろんな尾ひれがついて各地に伝わったんでしょうね。

それよりも、前にも述べたこの戦で手柄を立てた方々が不思議です。

今川義元に初太刀を浴びせた服部小兵太、討ち取った毛利新助、義元の位置をつかんだ簗田政綱(ヤナダマサツナ)。

ちなみにこの戦の勲功第一は簗田政綱ですが、この人たち、この後の信長軍で重要な役割を果たしません。

簗田政綱は沓掛城主となったらしいですが、服部小兵太は秀吉の時代に松坂城主(時間流れすぎ!)、毛利新助にいたっては本能寺の変で信長の長男、信忠と一緒に戦って戦死という、信長の生死をかけた戦いで活躍した彼らのその後が地味なのも謎な所です。

勿論、この戦いがどういう経緯で決着がついたのかも謎。

奇襲説、正攻法説、偶然説など、色々と入り乱れてます。

私が思うに、結果として信長が今川を討ち取った際、日本中は恐らく仰天したでしょうが、他の大名達により以上の凄味を感じてもらう為にあえて神秘的に脚色したイメージを流し、この戦の全体像がつかめないようにしたのでは?と一人考えています。



【信長の戦い1】桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった (新書y)

新品価格
¥798から
(2010/11/11 23:04時点)




桶狭間 神軍・信長の戦略と実像

新品価格
¥1,680から
(2010/11/9 02:07時点)




図説・戦国合戦地図集 決定版 (歴史群像シリーズ)

新品価格
¥2,100から
(2010/11/9 02:08時点)




posted by たか at 02:29| Comment(1) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

忍者ってどんな人?

この所三国志ネタが多く、今日も三国志ネタにしようかと思っていたのですが、ちょっと気分を変えて違う時代にしたいと思います。

先日、TV大阪で放送された「昔の人はすごかった!!歴史おかげですグランプリ」という番組で「原宿は忍者が創った!!」という事を初めて知り、「へぇ〜」なんて思ってました。

そもそも忍者ってどういう人達か?っていう所を今日は記載したいと思います。

多くの人がイメージする忍者ってどんな人でしょうか?

私のイメージでは小さい頃見た「仮面の忍者赤影」、「忍者ハットリくん」、「服部半蔵影の軍団」といったあたりでしょうか…。

しかしながら、年を重ねていき、色んな本を読んでいくと、忍者ってあんなスーパーマンではない事を徐々に知って行きました。

特に、1番衝撃を受けたのは手裏剣でしょうか…。

私が小さいころに見た忍者達は手裏剣を「お前何個持っとんねん!!」ってツッコミたくなるほど持っているんですが本当は1枚とか2枚らしいですね。
(大体、いっぱい持ってたら重いですもんね。)

また、その刃にはトリカブトの毒が塗ってあり、手裏剣が相手の体のどこかに触れたら毒がまわって死んでしまうという代物だったそうです。

その為、手裏剣というのは切り札として使われたようですね。

どちらかというと先頭で使うのは忍者刀であったり苦無(クナイ 手に収まる程度のサイズのある意味手裏剣)、かぎ爪(爪につけて手の振りで投げるもの)といった物であったらしいです。

また、忍者ってみんな伊賀とか甲賀の里にいて、仕事があったら出ていくというイメージがありますが、忍者にも様々な人達がいたようです。

もちろん、戦えない(弱い)忍者も多くいたそうです。

忍者というのは色々な分類があるようですね。

例えば、戦う忍者は「戦忍び(イクサシノビ)」なんて言われたようですね。

また、絵師や医師、料理人等、専門職を身につけ、普通にそれで生活している人もいたようです。

絵師や医師、料理人として生活し、大名お抱えとかになったり、城下町に住み込んだりしてその国の情報を流していたりしたようです。

また、料理人は大名おかかえの料理人になるとその大名を毒殺する事もできますよね。

「奥の細道」で有名な松尾芭蕉等はよく忍者と言われますよね。

出身が伊賀であったり、奥の細道の旅程を芭蕉が歩いた日数で行くととても常人ではまねができないスピードだったとか言われます。

忍者の役割って様々で、どちらかというと戦闘より情報収集、暗殺、撹乱といった事が主な任務だったんですよね。

例えばある家に出入りする人を見張るとすれば、その家の門が見える所で例えば林とかに穴を掘り、目から上だけ出して(勿論、頭の上等もカモフラージュして)一日中ずっとその穴にじっとしながら見張るとか…。

どちらかというとそういう能力の方が常時必要だったようです。

ちなみに、私が読んだ中では池波正太郎氏の書かれた「真田太平記」の忍者がすごく良く描けていると思います。

ちなみに、服部半蔵は伊賀出身というだけで、忍者では無かったそうです。


忍者烈伝

新品価格
¥1,995から
(2010/11/11 22:48時点)




真田太平記(一)天魔の夏 (新潮文庫)

新品価格
¥740から
(2010/11/11 22:50時点)




posted by たか at 18:26| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

織田軍団の強さの秘訣

日本の戦国時代は、織田信長の登場により劇的な変化をし、その家臣や同盟者が完全に日本をまとめるという形で終息します。

織田の部隊と言うと、当初は尾張の兵ですね。

この尾張の兵というのは一般的には弱いのです。

当時の最強部隊は恐らく武田信玄軍と思われます。

まず、兵だけを見て考えると恐らく、東北諸国、関東諸国、甲斐、信濃等は強かったと考えられます。

というのは、今挙げた国々は産業があまり発達していないのです。

基本的に多くの農民の生き方としては農業か兵隊になる訳です。

しかしながら、尾張や関西(京都周辺)等は商業が発達し、農業と兵隊以外にも生きていくすべがあるわけです。

人は、「これしかない」という状況と、「これがだめならほかに道がある」という状況では当然、「これしかない」という状況の人が強いですよね。

その中で、先ほど最強は武田軍と言いましたが、甲斐の国は正直、食材も少なく、雪も降る。

人々は他の地方では食べないものを食材にしたりし、我慢と質素という事に自然と慣れています。

それだけならば他にも国はありますが、何といっても大将の器が違います。
(そこに従う将も。)

その為、武田軍が一番強いと考えております。

そんな状況で織田軍が勝ち残れたのは…。

まず、強い相手と戦わなかったという事がありますね。

織田信長は武田信玄、上杉謙信が生きていた頃は徹底的に貢物や縁談などをして、極力戦わないようにしてました。
(実際、武田信玄が京を目指して徳川領に攻め込んだ際も建前上の援軍しか出さず、本気で戦ってませんしね。まあ、上杉との手取り川の戦いはこっぴどくやられましたが…。)

次に、経済に目をつけた事。

国が豊であれば武器も兵も揃う事を知ってましたね。

信長オリジナルではないですが、関所の撤廃と楽市楽座。

当時の日本にはいたる所に関所があり、その土地を治める豪族達が通行料を取り、収益にしてましたが、信長は自領ではそれを撤廃しました。

また、楽市楽座は当時の日本では物を売るにも色々と許可を申請して、許可が下りた商人に対し商売を認めてましたが、信長は利益の一部(定率)を納めれば自由に市を開けるようにしました。

さらに道路を約倍のサイズに変更しました。
(当時は攻め込まれないように、狭い道ばかりでした。東海道でもそう。)

これにより、通行がスムーズに行えるようになり商人が多く織田領に集まって来て、その結果利益を得ていました。
(こういった利益が後の鉄砲隊につながるわけですね。)

他にも、信長は自分の居城を転々と変えてます。
(那古屋−清州−小牧−岐阜−安土等)

これも信長らしい合理的な発想なんですが、他の大名を見ているとみんな自分の本拠があり、戦が終わると本拠に帰っていきますよね。

例えば武田信玄で言うと本拠は甲斐の躑躅ヶ崎館。

戦が終わる度に甲斐に戻っていてはいつまでたっても京には辿りつかないですよね。

信長はどんどん自分の本拠を京に近付けて行った訳ですね。
(また、信長は城にこもって戦をするという発想がなかったようですね。殆どが平野に建てた平城です。これも、経済重視の方策ですね。)

さらに、彼の一番の方策は兵農分離。

当時の兵士は農民が一般的です。

その為、刈入れ時になると自分の土地に帰らないといけませんよね。
(でなければ年貢も納められず、国自体が危うくなります。)

だから上杉謙信と武田信玄も川中島で何度も戦いながらサドンデスを行わないで兵を引いてる訳です。

織田軍は専業兵士の為、いつまでも戦場にしがみついている事が出来る訳です。

これが一番の強さの原因と思われます。

「他の大名も真似すれば良いじゃないか」なんてツッコミも聞こえてきそうですが、これをするには本当に潤沢な資金が要ります。

農業労働をすることのない人を多く抱える訳ですから…。

早くから経済に目を付けて資金を獲得してきた織田信長だからこその方策ですね。


信長と織田軍団―戦国を席捲した天下布武の陣容 (歴史群像シリーズ―新・歴史群像シリーズ)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/9 23:52時点)


posted by たか at 03:37| Comment(3) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】