ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月10日

本能寺の変、光秀の勝算

本能寺の変については色々と説がありますが、明智光秀が勝ち残る可能性があったのかという事を考えてみたいと思います。

まず、信長の人生の中でここを襲われたら本当にまずいというタイミングは恐らく、金ヶ崎退き口と本能寺でしょう。

確実に息の根を止めるという意味ではやはり本能寺の方でしょうか。

まず、よく言われている通り柴田勝家は北陸、丹羽長秀は四国への渡航準備に追われている状況、滝川一益は関東、羽柴秀吉は中国と本能寺が真空状態になっていました。

この事件における光秀の動機はともかく、このタイミングで仕掛けて、信長を討つことはできますが、その後に自分も討たれるという事に気づかない男ではないと思うのですが、結果そうなってしまいました。

この時点において、光秀が勝つとすれば畿内の武将を味方につける事が必須ですね。

しかしながら、畿内の武将が全て従った場合、彼に勝つことはできたのでしょうか?

まず、徳川家康を味方につける事は可能でしょうから、東海方面は安全となります。

次に、一益はどうか…。

歴史でもそうでしたがすぐに帰ってくるのは難しいですよね。
(実際は北条に大敗しましたからね。)

という事で東は安泰ですね。

すぐに帰ってこれるのは秀吉、勝家でしょうか。

織田の各部隊に連携は考えられないですが、秀吉、勝家はタイミング的には数日の違いで畿内に帰ってくるでしょう。
(結果、連携したような形で畿内に攻め込む事が出来ます。)

そうなれば光秀としては本隊をどちらに向けるかというのが重要になってきますが、西から秀吉、北から勝家となると恐らく秀吉に向かうでしょう。
(勝家の部隊は天王山の天嶮で時間稼ぎできますからね。)

しかしながら、腹に長秀を抱えてますよね。

こう考えるとキャスティングボードを握るのはやはり長秀。

この軍団がどちらにつくかというところ。

神戸信孝のいるこの軍団が光秀につくとは考えられないので、やはり光秀は死ぬ運命にありましたね。

ただ、長秀が仮に光秀についたならば…。
光秀の独立はかなりの確率で成功したのではないでしょうか。
(でも99%成功しないですね。)

結局、長秀を味方につけない限り成功はない訳です。

本能寺の変の動機として色々と説がありますが、野望説は長秀の軍団を手に入れたらという本当に成功率の低い賭けとなりますので、どうも野望説はないのではないでしょうか?
(本当に野望で信長を討つのであれば、もっと緻密な策謀を考えれる男だと思います。)


本能寺の変―時代が一変した戦国最大の事変 (新・歴史群像シリーズ 9)

新品価格
¥1,575から
(2010/11/10 00:22時点)




織田信長と本能寺の変―戦国最大の謎光秀諜反の真相に迫る! (双葉社スーパームック CG日本史シリーズ 18)

新品価格
¥980から
(2010/11/10 00:23時点)



posted by たか at 15:25| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

洞ヶ峠の日和見

とうとう例の本(株式会社一水社 青山誠氏著)「本当は恐い戦国武将たち」を読み終わりました。
(いやあ、時間がかかった。)
戦国時代の記事はしばらく休もうと思っていたのですが、まだまだ突っ込み所満載の為、書いてしまいました。

明智光秀は本能寺の変の後、以前から親交のある筒井順慶(大和郡山城主)に味方になるよう勧誘しました。
(まあ、自分の与力でもありますからね。)

筒井順慶は密かに援軍を出したようですが、すぐに秀吉に味方すると決め秀吉に連絡し、大和郡山城に籠城。

その為、合戦後秀吉から本領を安堵されました。

この行動は後に、どちらに味方をするのかを明確にしないことを「洞ヶ峠を決め込む」という故事を生みます。

例の本にはこの行動を下記のよう(概略)に説明してます。


光秀から書状を受け取った順慶は直ちに援軍を出し、山崎の合戦場に近い洞ヶ峠まで進軍したところでぴたりと行軍を止めます。

ここで形成が有利な方に味方しようと冷徹に計算し、秀吉軍の勝利が確定するとすぐに秀吉陣営に身を投じ、本領を安堵されました。

いかに親友であっても生き残りをかけた重要な局面ではそれを見殺すのも平気。

という事で、「ひどい男」と記載してます。


恐らくこのネタは、確か「絵本太閤記」がこう記載していたと思いますが、そういった物を見て適当に書いたのでしょうね。

しかしながら、実際は筒井順慶は洞ヶ峠まで行っていません。

洞ヶ峠に行ったのは明智光秀の方です。

筒井の援軍が来ないので洞ヶ峠まで見に行った訳ですね。

筒井は当初少数の援軍を出しますが、すぐに秀吉につくと決め、援軍も引き、大和郡山城に籠城したのが真相です。

この作者、あまりに薄っぺらい知識ですね。
(こんなこと、ちょっと調べればすぐにわかるほど有名な話なのに…。)

知らないのであれば援軍を出さなかった事に対してひどい男とすれば良かったのに…。

しかしながら、光秀と交友があったのに援軍を出さないのがひどい男っていうのもどうでしょうか。

大体、明智光秀が謀反を起こした訳ですからここは筒井にとって悪名を被るか、正義(歴史的、風評的な)を通すかの瀬戸際で、正義を選んだ訳ですよね。

また、筒井順慶にとっては自分の決める決断によって家臣達のその後を左右する訳ですから慎重に戦の帰趨を見守るのは正しいと思います。

別に責められる事ではないですよね。
(屁理屈で強引に恐ろしくしてはいけませんよ。)

本を出すんだからもう少し勉強してください。
posted by たか at 16:22| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秀吉は女好き?

豊臣秀吉は一般的には女好きとされています。

これは本当にそうなのかどうか判断が難しいところです。

実際、於寧(秀吉の妻。寧々というのは間違いの可能性があります。)が織田信長に対し秀吉の浮気について訴えたりしています。

まあ、男である以上、女が嫌いということはあり得ないと思いますが、巷で言われるほど、秀吉は女好きだったのでしょうか?

フロイスによると秀吉は300人位妾がいたとの事。

また、秀吉は虎を好んで食べたらしく、強壮剤として好んでいたという話もあります。

しかしながら、どうでしょう。

彼は子供が欲しかったのではないでしょうか?

一応、長浜時代に彼は南殿という女性との間に‘秀勝'が産れています。

その為、自分には子だねがあるが相手との相性の問題と考えていたのでは?と思います。
作家の加藤広氏も著書「秀吉の枷」(日本経済新聞社より出版)でこの説を取られておられました。

天下を統一し、豊臣政権を築いた訳ですが、彼の出自(一応、農民となってます。)の為、本来ならば居るはずの譜代の家臣がいないわけですよね。

この家臣団が欲しい為、色々と他家の武将を引き抜いたり、地元から縁者や同郷の人を集めて必死になっていたのでしょう。

賤ヶ岳の合戦では七本槍なんて大げさな名前を付けた(実質、戦が決してから彼等は突撃したらしい。)のも自分の子飼いの武将に箔をつけるためと考えられます。

そう考えると、涙ぐましいですね。

そんな彼はてっぺんまで上り詰めた訳ですからどうしても後継ぎが欲しかったのでは?その為、多くの女性を妾にして子作りに励むという事も理解できます。

また、虎の肉を好んだのも、老齢になって来るとどうしても強壮剤が必要になり、そういった物に手を出さざるを得なかった事と、小柄で病弱な決して武将向きではない自分に対し、獰猛で体格も大きい虎を食べることである種の自己満足となっていたのでは?と思えてなりません。

そう考えると、本当に涙ぐましい限りです。



新書太閤記(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新品価格
¥777から
(2010/11/9 01:56時点)




新史太閤記 (上巻) (新潮文庫)

新品価格
¥780から
(2010/11/9 02:02時点)




秀吉の枷〈上〉 (文春文庫)

新品価格
¥630から
(2010/11/9 01:59時点)




posted by たか at 03:27| Comment(0) | 戦国時代(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】