ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年09月30日

背水の陣について

昨日は兵法について少し述べましたが、本日はもう少し述べたいと思います。
よく失敗をしたり悪い成績に陥った部隊を率いるお偉いさんが「背水の陣で頑張っていきます。」なんてしゃあしゃあと言っている場面を聞きます。

現在、背水の陣とは「追い詰められた状態」とか「絶体絶命の立場」といった意味で用いられますが、そもそも背水の陣とはそういう物ではないのです。

古来背水の陣を使った武将としてぱっと思いつくだけでも白起、項籍、韓信・・・。

一番有名なのは韓信ですね。

後に井ケイ(単漢字にはありますが表記されません)の戦いと呼ばれる漢軍と趙軍の戦いにおいて背水の陣は使われました。

趙軍20万(30万とも)言われる軍に対し、漢軍2万(3万とも)の軍が戦を挑み勝利をしたのですが、その漢軍を率いたのが韓信です。

韓信は事前に自軍の内2000の兵を裂き漢軍の旗を多く持たせます。
その部隊に間道を通って趙軍が籠る城の背後へ回らせておき、趙軍が出陣した後に城を取るように指示をします。

韓信は本体を率い趙軍が籠る城の前面に流れる川を背に布陣します。

兵法の常識としては「山を前に布陣してはいけない、川を背にして布陣してはいけない。」となるわけですが、理由としては山を前に布陣すると山上に布陣した敵軍が攻めかかってくる際に逆落としに攻めてくることになるので勢いづいた敵軍に押されてしまう。また、川を背に布陣すると自軍が劣勢になった際に退却しようにも川が邪魔で速やかな退却ができない為、川を背にして布陣してはいけない訳です。

そんな漢軍の布陣をみて趙軍は「韓信は兵法を知らぬ」として一気に城から出て漢軍に襲いかかったのですが、漢軍は引くことはできない状況の為、必死に戦い、趙軍を押し気味に戦闘を展開します。

そうこうしている内に趙軍の背後で、漢軍の別動隊が城を落とし、漢軍の多くの旗を城に掲げられているのを見た趙軍が「漢軍には別動隊の援軍があった」と思い大混乱に陥り、敗走することになります。
これが一番有名な背水の陣ですね。

この背水の陣のポイントは、
 1.川を背布陣をして自軍を侮らせ、敵を城からおびき出す。
 2.川を背にした自軍は追い詰められた状態になり必死に奮戦する。
 3.別動隊が城を取ることにより敵軍を混乱させる。

上記3点になります。

どんな大軍でも大混乱に陥った場合(いわゆる烏合の衆ですね)、体系だって動く軍にはかないません。

この戦いは約10倍の相手に対して勝利した訳ですが別に全ての敵兵を殺したわけではありません。
要は敗走させたのです。
これが兵法なのですが、最後の最後まで戦い抜くサドンデスマッチであれば、どんな戦法を使おうと少ない方が負けるのです。
少ない兵力で大軍に勝利するにはいかに自軍が勝ったという状態を作り出すかという事になります。

話を元に戻しますが、要は背水の陣とは必勝の陣形なのです。
と言いますか、必勝の策を併せ持った陣形というべきでしょうか・・・。

こういうことを知っているとしゃあしゃあと「背水の陣で事にいどみたいと思います。」なんて言えないと思うのですが・・・。

ちなみに、背水の陣を兵法書の言葉で説明すると孫子の兵法九地篇にある「これを死地に陥れて然る後に生く」という兵法の応用です。

要は追い詰めていつも以上の力を出させる訳ですが、日本のことわざに当てはめると「追い詰められた鼠は猫をも咬む」ということになります。

世界的不況の昨今、企業では上層部の方々からガンガン攻められて追い詰められている方々が多いと思いますが、あまり効果がないのでやめた方がいいと思います。

確かにガンガン言われて追い詰められればいつも以上の力を発揮するかもしれませんが、それが慢性的になると力を発揮するどころか普段の力も発揮しなくなります。

追い詰め続けられた鼠は猫を咬まないのです。
逆に委縮します。

結局名将達が戦争に勝つ為に一番気を使ってきたことは部隊の士気を高めることと、高めた士気を維持することなんです。

ついついガンガン言ってしまうのは理解しますが、もう一歩引いて考えて、士気を高めるように努力する方が得策だと思われます。

人を使うのは難しいですね。


背水の陣

新品価格
¥1,575から
(2010/11/9 01:15時点)




背水の陣―悲将韓信の生涯

中古価格
¥432から
(2010/11/9 01:16時点)




ラベル:兵法
posted by たか at 15:55| Comment(0) | 兵法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月29日

孫子の兵法

私が今まで購入した本の中で一番うれしかったのは孫子の兵法を入手した時です。

初めて孫子を入手したのは約20年前(当時私は大学生でした)でした。
当時から私は歴史物の本が好きで、孫子の兵法はその中でよく出てくるキーワードでした。

ある本によると、当時の中国(紀元200年ごろ)で1億銭で販売されている等々の話があったりしたものですから、現代日本で入手するには数千円すると漠然と考えていたものです。

それが、近所の本屋で600円(確かこの金額)で販売されてました。

昔は1億銭したものが600円で買えるとはなんていい時代になったものだと思い、購入しました。
読んでみるとなかなか面白いもので、その後様々な兵法書を購入して読むことになってしまいました。(相変わらずはまると深堀してしまう)

簡単に孫子を述べると、武教七書(孫子、呉子、尉繚子、六韜、三略、司馬法、李衛公問対)の1つで、その筆頭格。

紀元前500年頃呉に仕え、その勢力拡大に貢献した孫武が記したとされる。(異説としては孫子の弟子が書いたもしくは後世の人が孫氏の活躍や言行を調べて書物としたという説あり。)

漢書(紀元100年頃)芸文志・兵権謀家類において、「呉孫子兵法」82巻・図9巻とあるが現存する物は13編です。
82編あると書かれたのが間違いなのか、長い歴史の中で失われて13編になったのか、13編にまとめられたのか・・・。
現状、明確な答えは出ていません。

また、現存する孫子は三国志の時代に活躍した魏の武帝(曹操)が注釈を書き加えた物しか残っていません。

実際読んでみるとそんなに「目から鱗や」と思う事が書いているわけではないし、どちらかといえば当たり前の事が多く書いてます。

でも、この本は奥が深いですよ。

武田信玄の座右の銘(風林火山は孫子の「その疾きこと風の如し、静かなること林の如し、侵略すること日の如し、動かざること山の如し」は孫子の一説)はあまりにも有名ですが、その他ナポレオンが常に持っていたり、ドイツのヴィルヘルムU世は「この本を知っていれば第一次世界大戦を起こすことはなかった」と語っています。

また、20年近く前ですが、湾岸戦争が勃発しましたが、これも両軍共に孫子の兵法をもちいていたことがスクープされていました。

孫子の兵法というのは戦いに勝つために研究されて書かれた物の為、戦争以外に役立たないと思われがちですが、それは誤りです。

孫子が一番訴えているのは「戦わずして勝つ」ということになります。
(もちろん、一三編 用間編 要はスパイについて書かれたもの等は役に立たない部分もありますが・・・。)

孫子の記述の中で私の好きなエピソードは「常山の蛇」です。

「常山の蛇は頭を攻められたら尻尾が襲い、尻尾を攻められたら頭が襲う。体を攻められたら頭と尻尾が襲ってくるというように常に柔軟でなければならない。」と書かれています。また、同じような表現に「兵は水にかたどる。水はどんなものにあたってもその場その場で形を変える。水に常形なし、兵に常形なし。」というのもあります。

要は柔軟に対応しないといけないということで、はっきり言ってそれを実現するのはかなり難しいのですが・・・。

現在、世界的に大不況となっております。
企業のトップは色々と対応策を考えたりビジネスノウハウ本のような物を読んだりされているでしょうが、基本に立ち返り「孫子の兵法」を読まれてはいかがと思われます。

恐らく現状を打破する為の答えがあるのではないでしょうか・・・。


孫子の兵法

新品価格
¥1,575から
(2010/11/9 01:12時点)




「孫子の兵法」がわかる本―世界最高の「人生戦略の書」をどう読むか!

新品価格
¥1,365から
(2010/11/9 01:13時点)




小さな会社こそが勝ち続ける 孫子の兵法経営戦略

新品価格
¥1,575から
(2010/11/9 01:13時点)




徹底図解 孫子の兵法―信玄のみならず現代人も使える戦術書の決定版

新品価格
¥1,470から
(2010/11/9 01:11時点)




posted by たか at 20:24| Comment(0) | 兵法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】