ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年10月21日

死海文書がネットで全編公開!!

2010年10月20日のYAHOOのニュースで死海文書について記載されているのを発見しました。

「死海文書」をデジタル化、ネット上で全編公開へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101020-00000012-cnn-int

死海文書というのは約2000年以上前に羊皮紙などに書かれた文書で、1947年以降に死海のほとりで発見された物です。

内容はユダヤ教の聖書らしいですが…。

以前、このブログでそのあたりを調べて記載した記事がありますので、ご興味のある方は下をクリックしてください。

「死海文書!?」

IAA(イスラエル考古学庁)は劣化への懸念から、死海文書の展示や撮影を厳しく制限してきたようですが、この度米検索大手Googleと共同プロジェクトを起こし、デジタル撮影してインターネット上に公開する計画を発表したそうです。

プロジェクトでは、赤外線撮影などの最新技術を駆使して文書の画像をひとつのデータベースにまとめ、ネット上に公開するようです。

しかも、そうすれば現物を外部にさらす必要も無くなり、劣化を懸念する事もないという事ですね。

これはすごいプロジェクトですよね。

しかも、現代の科学によって内容を保存し、半永久的に残す事が出来るんですよね。

しかも一般人までその文書を見る事が出来るという…。

本当に科学って進歩してますよね。

ネット検索、翻訳の技術を持つグーグルが文書の分類などに協力しますが、非営利、非独占の立場から、他社や研究者らの参加も歓迎するそうです。

私がもし、この死海文書を研究する考古学者ならば、間違いなく手を挙げてますね。

だって、こんなにわくわくするプロジェクトって他に無いですもんね。

歴史プラス科学力でどんどん過去の事が判っていく…。

本当に人類の進歩ってすごいですね。

死海文書は残り15%が解読されていないそうです。

ネットで公開されれば、世界中の人の目に触れる事ができますので、もしかしたらすぐに全てが判明するかもしれませんね。



私のネットショップです!

イチローモデル専門店 レーザービーム

歴史グッズの販売 「時代屋本舗」

激安ムートンブーツとUGGブーツの店









タグ:死海文書
posted by たか at 01:54| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

ナスカの地上絵が危機!!

先週、YAHOOで見た記事の影響で「死海文書」と「アトランティス」という、このブログにはちょっとふさわしくないかもしれない話題を記載しましたが、今回も、ちょっとふさわしくないかもしれませんが、その折に見た記事の一つから記載します。

ナスカの地上絵はご存知ですよね?

174410003793.jpg

一応、概略を述べると…。

1939年に、アメリカの考古学者のポール・コソック博士によって存在が明らかにされたもので、ナスカおよびフマナ平原にあり、首都リマの南400km、太平洋岸から50kmの不毛の約450平方kmにわたる広範囲に書かれた大きな絵です。

海抜500mの乾燥した大平原に、ハチドリ、コンドル、オウム、ペリカン、猿、犬、トカゲ、クモなどの生物、魚、花などの植物、或は、数kmの長さの幾何学様式の人物のみならず架空の人物の地上絵を描写しています。

ちなみに、インカ期のナスカ文明によって作られたものだそうです。

年代で言うと、紀元前500年から期限後500年に描かれたものとされています。

これらの巨大線画は、連続性、数、性情、サイズの点から言っても考古学的に不可解な謎とされています。

今の所、星座等の天体と結び付いた暦の役割をしていたものと信じられているそうです。

しまった。殆どその記事のままだ…。

ちなみにその記事は、

「ナスカ及びフマナ平原の地上絵」

http://worldheritage.travel.yahoo.co.jp/detail.html?wc=1744

です。

ドイツの女性数学者マリア・ライヒェが現地に移り住んで、私財を投じて巨大絵の解読作業と保護活動に取り組んでこられたそうですが、1998年6月に亡くなられたそうです。

現在は、心ない旅行者の線画へのいたずら、送電線の施設や違法道路による線画の寸断、小型飛行機の墜落、エルニーニョ現象による異常気象などによって地上絵の消滅が危惧されているそうです。

正直「えっ!!」

って感じでした。

あれだけの遺跡が無くなるかも知れないとは…。

エルニーニョ現象による異常気象は仕方ないとしても、旅行者のいたずらってどういう神経してるんでしょうね。

また、小型飛行機の墜落も、地上絵を見に来た飛行機だったりする訳ですしね…。

何より、送電線の施設や違法道路による線画の寸断って…。

「なんで??」って感じですね。

その線画を横切らないといけないんでしょうか…。

異常気象のようなある意味天災で遺跡が無くなってしまうのであればまだしも、人災によって無くなるのはちょっと納得できないですね。

人がちょっと気をつければ、この遺跡をつぶすような行動にはならないと思うんですが…。

何とも悲しい話ですね。

ナスカの地上絵、なんとか守れないものですかね…。



以下、私のネットショップです!!

イチローモデル専門店 レーザービーム

歴史グッズの店時代屋本舗

美と健康を考える素敵生活館

よければ1度お立ち寄りください!!


以下PR


『三国志に学ぶビジネス戦略 ピンチをチャンスに変えた成功法』【インフォトップ出版3月新刊】






posted by たか at 03:43| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

アトランティス発見!?

本日は一昨日(ちょっと龍馬ネタを挟んでしまいましたが…)に引き続き、YAHOOを見ていた際に発見した記事から。

アトランティス大陸は、海底に沈んだとされる大陸の中でムー大陸と並んで超有名な大陸ですね。

私も昔、よく読みました。

他の大陸に比べアトランティスが一番信憑性がある理由は、古代ギリシャの哲学者、プラトンがアトランティスについて書き残しているんですね。

その伝説のあらましは…

今から約1万2000年前現在のジブラルタル海峡の西に巨大な島があり、この島には高度な文明をもった王国が存在したそうです。

この王国は高度な文明だけでなく、豊富な穀物、果物、香料の収穫ができ、金や銀、金に次ぐ希少な金属「オリハルコン」をも産出し、国民は豊かな生活を送っていたそうです。

それらを背景にしてアトランティス王国は多数の戦車や軍船を抱え、100万を超える兵士を持つ巨大な軍事国家を築き上げたんですが、この国はあまりにも栄えたため、国王も人々も堕落。

それが神の怒りに触れ、大地震・大洪水を起こされ一昼夜にして島ごと沈没し、高度な文明と豊かな暮らしを誇った国家も、海に消えてしまった。

といったものです。

ちなみに、19世紀頃から歴史家達がその所在について諸説が唱えられました。

代表的な所は地中海説、黒海説、北海説、南米説、約1万2000年前に太平洋に存在したという伝説の大陸「ムー大陸」と同一説等です。

YAHOOにあった記事は

『1万2000年前に海底に沈んだアトランティス大陸の謎』
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/rxr_detail/?id=20090409-90006654-r25

でして、その記事の中になかなか興味深い事が書いてありました。

その内容というのは、今年の2月、英国の航空技師が「Google Earth 5.0」でアフリカ沖に街路跡らしきものを発見したそうです。

それが世界中で伝説の島『アトランティス』の発見なのでは?と話題になったそうです。

事の大きさにグーグルは渦中の跡を「海底調査の跡」と否定したそうですが…。

なかなか面白い話ですね。

というか、かなり夢のある話です。

今の技術は家に居ながらにして世界中の色々な物を見る事ができます。

グーグルアースはかなり面白いツールですね。

立ち上げた当初は全てが見える状態だったようですが、例えばペンタゴンとか、秘密性の高い建物やエリアは見えないようになっているそうですね。

残念と言えば残念ですが…。

ただ、アトランティスに関しては…。

やはり圧倒的に大西洋にあったと考えるのが正しい事だと考えています。

英語で大西洋を『The Atlantic Ocean』と言いますよね。

アトランティック・オーシャンです。

そうです。アトランティスの海と言っているんです。

これは本当に大きな事と私は考えています。

大西洋にあるバミューダトライアングルは多くの方も聞いた事があると思われます。

フロリダ半島の先端と、大西洋にあるプエルトリコ、バミューダ諸島を結んだ三角形の海域で、昔から船や飛行機、もしくはその乗組員のみが消えてしまうという伝説があります。
(実際の所は、かなり誇張されているそうですが…)

私も小さい頃はこの海域に何かがあると考えていました。

例えば、アトランティスの動力源なんかが沈んでいるんでは?なんて思ってました。

今の世界の動力は電気で成り立っていますが、アトランティスの動力が磁気だったとすれば…。

この海域に巨大な磁場が発生して、船や飛行機の計器を狂わせているんじゃないか…といった事を考えていました。

今はバミューダ海域が他の海域よりもそういう事故が多いという訳ではないと立証されているそうですが、それでも遭難や沈没、墜落といった事故は0ではない訳です。

元々あった伝説と合わせると、なにかあるんじゃないかな?といまだに思ってます。
(火のない所に煙は立たない…)

例えば、太平洋の島々には決まって「大津波伝説」と「沖から白人が船に乗ってやってきた」という伝説が残ってます。

白人は神となっている場合もありますが、共通するのはその人たちに文明を教えてもらったという事です。

かなりムー大陸の匂いがしますね。

ムーが沈んだ際に起こった大津波と、ムー大陸から逃げ出す事が出来た一部の人達が島に辿りついて文明を教えたという事を伝承として残しているのでは…なんて思ってしまいます。

イースター島のモアイ像や、沖縄の海底神殿なんかを見ても、なんとなく「ムー大陸はあったんじゃないか」と思わせます。

ムーとアトランティスは交易があったそうですので、ムーの観点から説きすすめてもアトランティスに行きつくのでは?という想いもあります。

イースター島に残っているロンゴロンゴが完全に解読されれば、アトランティスやムーの謎も少しは解明されるかも?

これだけ科学が発達した世界でもまだまだ謎な事が多く存在します。

そういった所に想いを馳せるだけで、かなり夢があると思いませんか?



ネットショップ始めました!

歴史グッズの販売 「時代屋本舗」

さらに、ブログ形式のショップも始めました!

美と健康を考える素敵生活館

よければ1度お立ち寄りください!!







posted by たか at 03:27| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】