ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2010年01月11日

合戦の不思議

私の比較的詳しい歴史というのは日本で言ったら戦国時代、幕末、中国でいえば三国時代以前となります。
(一番詳しいのは三国時代ですが…。)

それらの戦の中で寡兵が大軍を破る戦がけっこう出てきます。

日本で有名な所で言うと厳島の戦いや桶狭間といった辺りでしょうか。

また、三国時代で言うと官渡の戦い、赤壁の戦い等があります。

普通に考えたら戦争は兵隊が多い方が有利ですよね。
(日本の日露戦争における二百三高地なんかは物量作戦ですしね。)

当然、サドンデスで戦えば間違いなく寡兵は負けます。

しかしながら、何故度々大軍が寡兵に負けるかという所が戦の不思議であり、兵法となる訳です。

大軍が寡兵に負けるパターンは色々とあり、またその理由もさまざまです。

例えば、桶狭間などは(正確に細かい戦況というのは伝わっていないですが)恐らく、織田信長の運と今川義元の油断ですよね。

この戦いだけを取って今川義元を愚将というのは可哀そうですが、あの時点における将の器が織田信長の方が勝っていたという事ですよね。
(運も実力の内ということで。)

同じように将の器の違いが原因となった戦いは官渡の戦い。

袁紹(エンショウ)軍の規律の緩さと袁紹自身の人を見る目の無さが招いた敗戦ですね。

勿論、決定的な敗因としては許攸(キョユウ)の寝返りですが、この寝返り、曹操(ソウソウ)だからこそ用いた事ですよね。

逆に、曹操側から袁紹へ寝返り、許攸が曹操にしたように袁紹に重大情報を流したとして、恐らく袁紹は曹操の策と思い用いないでしょう。

そこが将の器の決定的違いなんですが、曹操としては許攸の寝返りは袁紹の策と全く考えなかったかと言えばうそでしょう。

事前に情報を得ていたか、状況判断から許攸の寝返りが真実であると判断したと考えれられます。

まあ、そこにすがらなければいけない程窮してたとも言えなくもないですが…。

しかしながら、桶狭間は大将首が取られるというあり得ない戦であった為、総崩れになるのは当然ですが、官渡の戦いの場合、袁紹の首を取られた訳ではないので兵糧を焼かれても決戦をすれば勝てる可能性が大きかったですよね。

しかしながら負けた袁紹…。

要は寡兵が大軍に勝つには

1.敵の総大将首を取る。
2.部隊の部隊長の首を取る。
3.火で焼く。(もしくは奇襲する)

等々になる訳です。

結局、大軍に勝つ状況とは

1.士気を下げる。
2.命令系統を討つ。(混乱させる)
3.軍以外の力(火、水等)を使ってせん滅。

等々になる訳です。

大軍が負けるのは混乱したり、司令官が討たれる事によって軍が烏合の衆となり(規則だって動けない状態)等により、軍が解体する事ですね。

赤壁の戦いと言っても曹操軍百万(自称。実質27万〜28万位では?と言われてます。)の全ての兵を討った訳ではなく、兵を解体させたという事ですね。

兵法は如何にして兵を解体させるかを述べる書物となり、そこに合戦の妙がある訳ですね。


孫子の兵法 (知的生きかた文庫)

新品価格
¥520から
(2010/11/11 22:46時点)


ラベル:兵法
posted by たか at 03:01| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

中国の春秋時代と戦国時代の境

中国の王朝(時代)の名前は多くの人が昔、世界史などの試験の為に覚えたのではないでしょうか?

夏、殷(商)、周、春秋、戦国、秦、前漢、新、後漢、晋、五胡十六国…。

まあざっと並べると上記のような物です。
(ちなみに三国志というのは後漢〜晋の間に起こった時代です。)

この中で春秋時代と戦国時代というのは、周王朝の時代に含まれる時代です。

周という国は周の文王、武王、周公旦(シュウコウタン)、太公望(呂尚/姜子牙)等が活躍して殷の受王を滅ぼし、樹立した王朝です。
(ちなみに、この王朝は帝として周王室の人が立つのですが、豪族と皇族の連合国家です。)

しかしながら、周王も代を経ていくと求心力がなくなります。

そうなってくると、豪族たちを束ねる豪族が出てきます。
(その豪族の長を覇者と呼びます。)

具体的には、この頃の中国は定期的に諸侯会合を開き、中国の今後をどうしていくかを決めていたのですが、その主催者が覇者となります。
(勿論、その会合に参加しなかった豪族を連合軍で討伐したりもします。)

この記事ではずっと豪族で通していますが、彼らは国を成しています。
(例えば、晋、斉、燕、魯、秦等々…。)

そういった覇者が中国をまとめた時代を春秋と言います。

その覇者の中で2番目に現れた覇者が重耳(チョウジ 晋の文公)なのですが、この人が晋という国を大勢力にし、領土を広げたのですが、やがて代を経ると周と同じように、晋の内部で、晋公よりも力を持つ者が現れてきます。
(強大な国だけに起こりうる事ですね。)

やがて、晋という国は韓・魏・趙という三つの国に分かれてしまい、あっけなく滅んでしまいます。

この晋が韓・魏・趙に分かれた年(紀元前378年)を一般的には春秋と戦国の境目とします。

春秋時代は先に記載した通り、覇者と公、侯の時代だったのですが、戦国時代は各豪族(国)の長(公、侯)の力が弱まり、宰相等、ナンバーツー、ナンバースリー等々の力が増し、そういった各豪族(国)の宰相同士が横のつながりを持つ時代になります。

それに伴い、志ある者や、己の力に自信のある者は、いろんな国を行き来して仕官を求めるようになりました。

例えば、春秋時代で行くと、大体仕官するのは生まれた国であったり、他国に仕官する場合は勢力争いで敗れた皇子等が他国に亡命するような形でなされる事が多かったのですが、戦国時代は自ら仕官先を求めて各国を流浪する人が増えます。

その為、複数の国で宰相になった人物が出てきたりします。

また、学問等で身を立てようという人が多く現れ、この頃の考え方や思想という物の一部は現代にも残ってます。

そういう意味では、春秋時代から戦国時代への移り変わりは、人の可能性が広まった結果、発生した流れなんでしょうね。


史記 全8巻セット (ちくま学芸文庫)

新品価格
¥10,605から
(2010/11/11 22:39時点)



posted by たか at 03:00| Comment(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月24日

ユダヤ人の迫害と救世主

先日はヒトラーの記事を書きましたが、今回は彼が行った最大の愚行、ユダヤ人の迫害に対し、それを救った人の話しを記載します。

こちらも、私はあまり詳しい訳ではないのですが、ドラマで見たり、人から話を聞いたりして、詳細ではないですが知ってる事を記載します。

真偽の程は確かではないですがという事でヒトラーがユダヤ人だったという説を記載しましたが、本当にこの人がユダヤ人に加えた迫害を見ていると、ユダヤ人を恐れてる?なんて勝手に想像したりしてしまいます。

当然、ユダヤ人を匿った人達も罪になるわけですが、そんな時代に多くのユダヤ人を迫害から救ったシンドラーや日本の杉原千畝は凄いと思いますね。

杉原千畝が救ったユダヤ人達の多くは一旦神戸に入り、そこから亡命していったり、そこで終戦を迎えたらしく、神戸の人達はそんなユダヤ人達を温かく迎えたそうです。

もう15年近く前になりますが、阪神大震災で神戸の方々が大変な被害にあいました。

ご存じのとおり、ユダヤ人というのは優秀な人物が多く、世界で多くの成功者を出してます。

そんな方々が神戸の人達の情を忘れず、多大な寄付金をよせられたそうですね。

助けた側も、助けられた側も本当に素晴らしい話です。

そんな彼は終戦後、ソ連に身柄を拘束され、1年間の収容所生活を送った後、日本に帰ってきます。

日本の外務省に帰ってきた際はユダヤ人から賄賂を受け取っていたとか行った誹謗中傷にさらされ、免官された(但し、退職金は受け取ってます。)との事。

日本政府はあくまで自ら辞めたのであって、彼の不名誉な記録はないと言ってますが…。

彼は1969年にイスラエル政府から勲章を授与され、さらに1985年にはイスラエルより日本人として初めてヤド・バシェム賞を受賞して「諸国民の中の正義の人」に列せられてます。
(現在でもエルサレムの丘にその時の顕彰碑が建っているそうです。)

1991年9月にはリトアニア政府が杉原の功績をたたえる為、首都ヴィリニュスの通りの一つを「スギハラ通り」と命名し、2001年には彼の母校早稲田大学寄贈の記念碑が建立されているそうです。

それに対し、日本政府は1991年10月に鈴木宗男外務政務次官(当時)が杉原千畝の勇気ある判断を高く評価した事と、2000年(杉原の生誕百周年)に外交史料館に杉原の業績をたたえる憲章プレートを設置したのみ。

十分その功績を称えてるとは思いますが、あまりにも遅いですよね。

この遅さを考えると、やはり日本政府は彼を免官に追いやられたんでしょうね。

情けないというか、恥ずかしい事です。

ちなみに杉原千畝が救ったユダヤ人は約6000人にも上り、シンドラーの何倍もいる訳ですが知名度は低く、シンドラーが「シンドラーのリスト」で映画になったのに対し、杉原千畝は終戦60周年記念ドラマとして読売テレビで「日本のシンドラー杉原千畝物語 六千人の命のビザ」という国内ドラマが放映されたのみ。

こんなに素晴らしい二人はやはり同等の栄誉を受けるべきと思います。

誰か杉原千畝の映画を作らないでしょうか…。


終戦60年ドラマスペシャル 日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ [DVD]

新品価格
¥3,504から
(2010/11/11 21:22時点)




新版 六千人の命のビザ

新品価格
¥1,575から
(2010/11/11 21:22時点)




杉原千畝と日本の外務省―杉原千畝はなぜ外務省を追われたか

新品価格
¥1,890から
(2010/11/11 21:22時点)




posted by たか at 00:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】