ブログランキング【くつろぐ】
スポンサードリンク

2009年11月26日

卑弥呼は殺されていた? その2

昨日に引き続き、11月21日放送の「世界・不思議発見!」で語られていた「卑弥呼の死」について記載します。

気候変動、2年連続の日食、アマテラスの神話を結びつけたら以下の推論が出てきました。

太陽の巫女である卑弥呼の館は朝日を背景に建っていました。

240年から再び寒冷期がはじまり天候が悪化。

247年には卑弥呼の象徴だった太陽が欠けながら沈んだ。

これにより、卑弥呼の権威は完全に失墜しました。

古代社会では衰弱して力が衰えた王は魂を若い後継者に移す為に殺された例が多いそうです。

それと同じように卑弥呼も殺されたのではないだろうか?

そして翌年(248年)、欠けた太陽が満ちながら昇った時、そこに人々は太陽の巫女卑弥呼の復活を見た。

その為、卑弥呼の力を受け継いだと考えられる親族の台与(とよ)が女王になりました。

つまり天岩戸神話におきかえると天岩戸に隠れたのが卑弥呼で、次に現れたのが台与(とよ)であるという訳です。

以上が卑弥呼は殺されたのでは?という説の概略です。

まあ、筋は合っているような気がしますが…。

卑弥呼の死はたまたまタイミングが太陽が欠けながら沈んでいく年とかぶっただけかもしれません。

ただ、古代の日本人がその状況を見て、「卑弥呼の時代は終わった。新しい王が立たなければ…」なんて思ったかも知れませんね。

それが過激になると卑弥呼を殺すという事につながるかも知れませんが…どうでしょう。
(この時代にあまり詳しくないので、コメントは控えます。)



卑弥呼の死後、人々は卑弥呼に畏敬の念をこめて箸墓古墳に葬りました。
(勿論、奈良に邪馬台国があったとしてですが…。)

箸墓古墳は発掘により二重の濠で囲まれていた事が発見されているそうです。

二重の濠が一般化するのは4世紀と言われ、これにより、箸墓古墳は最初の前方後円墳といわれるにふさわしい特別な古墳だった事が分かるそうです。

前方後円墳は新しい信仰の始まりだったとの事。

前方後円墳は丸い部分の頂上に王を埋葬し、四角い部分でお祭りを行っていたそうです。

前方後円墳のお祭りというのはそこに葬られる者に対する祭りとなります。

古来より、一般的に祭りは神様を祭ります。

前方後円墳の祭りは、そこに埋葬されている王そのものがある意味神になり、神格化されていったと考える事が出来、今までの土地を祀った信仰から天を祀った信仰に変化し、次に王を祀ったという事から、新しい信仰ともいえる訳です。

無くなった王を神とする新しい信仰が前方後円墳から始まったとするならば卑弥呼が埋葬されたと考えられる箸墓古墳から始まったとしてもおかしくないですよね。
(逆に、日本の最初の王から始まる方が自然ですね。)

ちなみに、神格化された王はどのように埋葬されたのか。

茶臼山古墳(奈良)にその形を見る事が出来るそうです。

この古墳は前方後円墳で、当然丸い部分の頂上に王を埋葬した石室があります。

その石室内部は真っ赤に染められていたそうです。

赤というのは聖なる王を守るための魔よけを意味するそうです。

その聖なる石室を俗界から切り離すために丸太の柱で結界が作られていたそうです。

なる程ですね。

「世界・不思議発見!」、為になりますね。
posted by たか at 00:20| Comment(0) | 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

卑弥呼は殺されていた? その1

またまた、先日に引き続き11月21日放送の「世界・不思議発見!」から記載します。

この番組によると、「卑弥呼の謎を解く鍵は皆既日食だった」との事です。

皆既日食からある神話が浮かんでくるというのです。

それは有名な神話で、宮崎県高千穂に古くから伝えられている天岩戸神話です。

天照大神(アマテラスオオミカミ)が弟スサノオノミコトの乱暴さに嫌気がさして洞窟に隠れてしまい、世の中が暗闇におおわれるというもの。

神話ではなんとかして天岩戸を開けてアマテラスに出てきてもらおうと芸達者なアメノウズメノミコトが踊って大騒ぎ。

それが気になったアマテラスは何事かと聞いた所「あなたより立派な神様が表れたのでお祝いをしている」と答えた。

興味を抱いたアマテラスが少し岩戸を開けた所、力の強いタヂカラオノミコトが岩戸を全部開けてアマテラスを連れ出したという。

天岩戸を開いて中から現れたのは鏡だったそうです。

鏡は天照大神(アマテラスオオミカミ)を表しているとの事。

鏡を表しているアマテラスと鏡がシンボルだった卑弥呼は同一人物では?

この神話にはさらに重要な所があるそうです。

新しい神様が表れた。という所で鏡がさしだされそれに映った自分を新しい神様だと思い外に出てくるという事らしいです。

これはいったい何を意味しているのか?

卑弥呼は日の巫女、日巫女(ヒミコ)と言われ、明らかに太陽信仰を表しています。

この古代の女王卑弥呼こそ、天照大神(アマテラスオオミカミ)と考えられるという事です。

太陽神天照大神(アマテラスオオミカミ)が隠れ、再び現れるという事はまさに日食ではないのかといわれてきた訳です。

日食と天照大神(アマテラスオオミカミ)の神話と卑弥呼の死を結びつけると、卑弥呼は殺されたのではないのか?という仮説に行きつくそうです。

現在では、日食の起こる時期は計算で求める事ができ、その計算の結果、卑弥呼が死んだとされる年に皆既日食があったそうです。

卑弥呼の突然の死は大きな謎でしたが、皆既日食によって解明できるらしい。
(突然って言っても日本と中国の間を行き来した記録が中国に残っていて247年、卑弥呼が死に墓が作られたって書いているだけでしょうが…。)

番組では、横浜こども科学館にある天文シュミレータで卑弥呼が死んだといわれる247年、248年の日食をシュミレートすると2年連続で日本で皆既日食が起こっている事が判りました。

2年連続して起こる皆既日食ってどんなだろうと思って見ていると、天文シュミレータの画面に世界地図があり、その上に皆既日食が見えるゾーンがチューブ状に表示されてました。

その両端に日本がかかっています。

どういう事かというと247年はチューブの右端、248年はチューブの左端に日本がかかっています。

要は247年は日本で日が沈む際に皆既日食になるという現象で、太陽が欠けながら沈んでいく状況となり、翌年の248年は太陽が満ちながら昇ってくるという状況だったそうです。

当時の日本人からしたら太陽が欠けて行く状況が「太陽が無くなってしまった」と理解し、太陽の時代の終わりと考え、翌年の欠けた太陽が満ちながら昇っていく状況を「太陽の復活」ととらえたのでは?と言っています。

長くなりましたので続きは明日にします。
posted by たか at 02:08| Comment(1) | 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

卑弥呼の台頭

先日に引き続き、11月 20 21日放送の「世界・不思議発見!」から。

卑弥呼が台頭した経緯について記載したいと思います。

中国の歴史書によると倭国大乱は半世紀以上続き、これを治めたのが卑弥呼だったのですが、この大乱がどんなものだったかのカギを握るのは花粉だったそうです。

その花粉を調べると卑弥呼が女王になる直前は過去7600年で最も厳しい寒冷期だったそうです。

この寒冷期は倭国大乱の原因になったという説があるそうです。

地層の中の薄い縞を年縞(ねんこう)というそうですが、それを調べると倭国大乱が起こったとされる西暦180年前後に大きな気候の悪化があった事が分かったそうです。
(ちなみに、この年縞を調べると1年毎の気候の変化等が分かるそうです。)

たくさん雨が降ったり冬はたくさん雪が降って、お米が作れなくなったり、雨による大洪水が起こるといった時代で、稲作漁労社会に大きな影響を与えたそうです。
(西暦180年頃という事は中国では三国志の幕開けの時代で、確かに異常気象や不思議な事柄が歴史書に記載されてますね。)

ちょうど、卑弥呼が治めた200年〜240年頃というのはそこだけ温暖な時代だったようです。

そんな時代だった為、卑弥呼の時代は安定して豊かな生産量があったらしい。

しかしながら、240年から再び寒冷期に突入し、247年に卑弥呼が死ぬ訳ですね。

天候不良により、農作物や魚介類が劇的にダメージを受けたであろう事は想像できます。

恐らくそれが原因で大乱になったのでは?という説を国際日本文化センターの安田喜憲教授が唱えておられました。

要は、食料の取りあいという事でしょうか…。

この倭国の大乱を卑弥呼は鬼道を使って治めたらしい。
(ちなみに、鬼道が何だったのかはわかっていません。)

この鬼道に用いられたと考えられているのが銅鏡で、丸い太陽を表すような銅鏡をシンボルとして用い、その為「太陽の巫女」として君臨したそうです。

卑弥呼が出てきた時代だけ温暖な気候になるというのは鬼道の力なんでしょうか。

卑弥呼は天候を操れたのでしょうか?

恐らく、偶然でしょうね。

この時期だけ温暖になったので「太陽の巫女」と呼ばれたのかもしれませんね。
(このくだりは番組内容ではなく、私の勝手な想像です。)

また、卑弥呼の台頭は一種の宗教革命でもあったようです。

その証拠として、卑弥呼の登場までは重要な儀式の道具であった銅鐸が、卑弥呼の登場と共に消えているらしい。

銅鐸というのは弥生時代数百年の間の神様を祀る為の大事な道具ですが、弥生時代の後期、大きな前方後円墳が出てくるかどうかの境目位の時期(要は卑弥呼が登場してきた時期)に、壊れた銅鐸が発見されるそうです。

また、(壊れた銅鐸は多く発見されていますが)その破片はたまたま壊れたものではなく、人為的にたたき壊されていると考えられるそうです。

人為的に壊されたとされるのは、1m位の銅鐸の1/3くらいの欠片が小さい穴の中にまとめて置かれていて、その欠片の形を見ると5センチ〜10センチくらいの大きさのものばかりで、自然に割れたとは思えず意識してたたき割っていると考えられるという訳です。

神様のシンボルである銅鐸を割るという事は神様を否定するという事で、新しい神様に変えると考えられるますよね。

新しい神様のシンボルが金色に磨かれている鏡であるという事は、土地の神様を祀るという銅鐸の祭りから天の神様を祀る鏡の祭りに変わったのでは?という事ですね。

こう考えると宗教革命というのもうなずけます。

宗教改革であり、政権交代、古い勢力から新しい勢力に大きく切り替わったといえる状況は、卑弥呼の登場と全くマッチする現象ですね。

ちなみに、番組では銅鐸を壊す実験をしてました。

古代の銅鐸にできるだけ近い銅鐸を用意し、当時あった物を用いて壊してました。

具体的には銅鐸を火の中に入れ7分。
それを取り出して木でできたハンマーでたたき割っていました。

成程…。

彼女は天候を味方にして台頭したんですね。
posted by たか at 01:40| Comment(0) | 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

お小遣い稼ぎ総合支援サービス 豚の貯金箱 ブログランキング【くつろぐ】